痛風で食べてはいけないもの【プリン体の多いものTOP5】

このサイトをはてなブックマークに追加

 

痛風の時に食べてはいけないものと言ったら「プリン体」ですよね。ここではプリン体の多く含まれる食品を中心に痛風の時に食べてはいけないものランキングをまとめてみました。

スポンサーリンク

痛風で食べてはいけないもの

痛風の時に食べてはいけない食品を種類別にランキングにしてみました。
※食品中プリン体含量(mg/100g)

 

レバーはほぼほぼプリン体! 

レバー

  • 鶏レバー 312.2
  • 豚レバー 284.8
  • 牛レバー 219.8

 

レバーはほぼプリン体と思っていいでしょう。鶏のレバーが一番プリン体が高くなっていますが、牛も豚もそれぞれ高いので痛風の時には食べてはいけません。

 

 

干物にはプリン体がたくさん!

干物

  • マイワシ 干物 305.7
  • 干物じゃないマイワシ 210
.4

 

魚はもともとプリン体高めのものが多いのですが、干物にするとさらにその数値が増してきます。さらに魚の干物は1匹食べることが多いので、可食部のグラムでいったらプリン体を摂る率が高くなってしまいますので、注意が必要です。

 

 

出汁系のものにもプリン体が多い

出汁

  • ニボシ 746.1
  • カツオブシ 493.3
  • 干しシイタケ 379.5

 

ただし、こちらはそんなに量を食べるものではないので、気を付けるということでしょうか。でも、ラーメンやうどんのだし汁などを全部飲んでしまうという人は要注意です。

 

 

魚類も痛風で食べてはいけないものが

魚

  • マアジ 245.8
  • サンマ 208.8
  • マイワシ 210.4
  • カツオ 211.4
  • 大正エビ 273.2
  • オキアミ 225.7

 

意外とNGなのが魚類。プリン体の多いものが多いのと、よく食べること、酒のつまみにもなるということで注意が必要。痛風の時には食べてはいけないものになります。

 

 

肝系のおつまみは食べてはいけない

白子

  • あんこう 肝(酒蒸し) 399.2
  • イサキ白子 305.5

 

こちらはあまり普段の食卓でお目にかかるものではないが、食事をしに行った時などはピンポインtので注意が必要。白子や肝類は痛風の時には食べてはいけないものです。

 

 

番外編!健康食品も意外と多いプリン体

ちなみに健康食品の一部でも非常に高い数値になっているものがあります。こちらもあまり量を摂るものではないのでそこまで心配はいりませんが、気を付けるようにしましょう。

  • DNA/RNA 21493.6
  • ビール酵母 2995.7
  • ローヤルゼリー 403.4
  • クロレラ 3182.7

 

参考資料:帝京大学薬学部物理化学講座 薬品分析学教室 金子希代子教授提供

 

 

ビールのプリン体が悪いといわれるが

プリン体というと「ビールが悪い」と言われていますが、実はビールに含まれるプリン体はさほど多いものではありません。

 

メーカーにもよりますが、100ml中5r程度のもの。ではなんでビールが良くないといわれるかというと、アルコールはエネルギーになる時プリン体を生成するのです。だからアルコールは控えるようにと言われるんですね。
また、ビールを飲むと食欲が増し、そのおかげでプリン体のおおいおつまみも増えてしまうというのもそういわれる一つの原因です。

 

 

痛風の時に食べていいもの

逆にプリン体が少なく食べてもいいものは

 

穀物類

  • うどん
  • そば
  • パン

 

卵・乳製品

  • 鶏卵 0.0
  • うずら卵 0.0
  • 牛乳 0.0
  • チーズ 5.7

 

野菜類

野菜やキノコ類、豆類については軒並み低め
乾物とボロッコリースプラウトのような「芽」は注意が必要です。

  • その他
  • 牛乳 0.0
  • 豆腐
  • チーズ 5.7
  • 板かまぼこ 26.4
  • 魚肉ソーセージ 22.6

 

プリン体は美味しいものに多く含まれるといわれています。その意味でも痛風は贅沢病なんて呼ばれてしまうんですね。でも決して高級なものだけに含まれているわけではありません。痛風の時に食べてはいけないもの、痛風の予防に食べてもいいものをしっかりと見極めていきましょう。

 

 

痛風予防は「水」を飲む!

痛風と尿酸は深く関係しています。尿酸を排出するためには、お水を飲むこと。よく言われますが、毎日2リットル程度の水を飲むことが大切です。水分を摂ることで尿酸が結晶化する前に排出するということが出来ます。

 

 

他にも尿酸値を下げるもの

にんにくはアホエンという成分が含まれていて、尿酸値を減少させる効果があります。
海藻類は、しょうさんを生成する際に作られる酵素を抑える働きがある「葉酸」を多く含んでいます。海藻にはプリン体も少ないので、多く食べるようにしましょう。

 

 

30代にも痛風が多くなっている

痛風というと中年男性のかかる病気だと思いがちですが、最近では若年化の傾向があって、30代や早ければ20代のうちから痛風になる人が増えてきているようです。

 

これは、高カロリーの食事が増えてきたことにも関連があります。コンビニ食やファストフードなどいわゆるジャンクフードと呼ばれる食事は、単にお腹を満たすだけで栄養が偏っている場合があります。高カロリーで栄養が十分でない「エンプティカロリー」食品ともいわれていて、これが痛風が若年化している一つの原因と言われています。
また、ストレスや運動不足も大きくかかわってくるので、痛風が気にあるようであれば、食事も生活習慣も規則正しいものにしていかなければいけません。これは健康全般に言えることですが、とても十四なことなのです。

 

 


 
HOME ”生える”ランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬