中年太りを解消する30代からのダイエット方法【男性版】

中年ダイエット

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

中年の悩みと言えばは薄毛・はげに加えて大きいのがお腹太りである。どうしても 出てきてしまうお腹。どうやったら痩せることができるのか。すぐ痩せる方法、確実にダイエットする方法を記していきたい。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

.

中年のお腹はなんで出るのか

30代男性ダイエット

30代くらいになると、お腹が出てくる。特に気にして運動でも指定な限りほとんどの男性は経験があることだろう。それには原因がある。

 

 

 

加齢による代謝の減少が太る原因

同じカロリーを摂取しても、それだけ代謝で消費できていれば太ることはない。ところが中年世代ともなると代謝は年齢とともに徐々に落ちてくる。しかしながら食べる量はなかなか減らない。これでは太る原因になってしまうとということなのである。

 

 

 

運動不足による筋肉量の減少

同じく代謝を落とす原因が「筋肉量の減少」である。人間の基礎代謝の7割は筋肉によるものと言われている。その筋肉が落ちてくれば、自ずと代謝は減ってくる。中年男性の場合、特に若い時にスポーツをやっていた人などは、運動していなければ筋肉は細くなり代謝が減ってきてしまうのである。

 

 

 

食べる量がもちろん影響する

食べる量、摂取カロリーが消費できるカロリーを超えている場合はもちろん太る。この場合、食べる量を減らさなければ、どんどん体重が増えてくる。自分の消費できる量を知っておかなければ、いけないということだ。アルコールの摂り過ぎももちろんカロリーオーバーになるし、忙しいからと言ってご飯をかきこむのも太る原因になる。

 

 

 

摂り過ぎたカロリーは脂肪に変換される

カロリーを摂り過ぎて消費できない場合、体はそのエネルギーをためこもうとする。もしもの時にそのエネルギーを使うための生命の維持機能が働くからである。そしてそれは脂肪になる。ここまではだれでもご存知のことだろう。

 

 

男性の場合、一番最初に脂肪になってつくのがお腹である。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があるが、男性は内臓脂肪がつきやすい体質となっている。だからお腹が出てくるのである。

 

 

中年男性の場合、お腹がポッコリというイメージがあるが、こういったメカニズムなのである。

 

.

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

中年男性の内臓脂肪は危険!ダイエットのすすめ

内臓脂肪はつきやすいが落としやすいという特徴がある。ここを抑えておいてほしい。内臓脂肪を放っておくと次に皮下脂肪になってしまう。そうなるとなかなか落ちない。

 

 

俗に内臓脂肪は普通預金、皮下脂肪は定期預金とも言われる。つまり内臓脂肪は入金も出金もしやすいということなのだ。一度皮下脂肪になってしまったら、本格的なダイエットをしなければならなくなるので、内臓脂肪のうちにダイエットすることをおすすめする。

 

 

 

内臓脂肪は中年の敵。病気にもつながる

内臓脂肪は、糖尿病や高血圧にもつながり、生活習慣病を引き起こす原因になる。よくメタボと言われるが、男性の場合はほとんどが内臓脂肪。だからこそダイエットは常に心掛けていくべきである。

 

 

先にも述べたが、内臓脂肪は落ちやすい。ちょっとした運動や食事制限をすることで簡単に落ちるのも特徴なのである。自分のお腹をつまんでみてほしい。これでつまめるようなら皮下脂肪。つまめないのにお腹が出ているようならそれは内臓脂肪である。

 

 

.

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

内臓脂肪の落とし方。中年男性のダイエット方法とは

ランニング

 

内臓脂肪は簡単に落ちるといった。これは本当。ちょっとした運動でもいいのだ。でもそのやり方を間違っていればいつまでたっても脂肪は落ちない。脂肪を燃やすためには酸素が必要である。大きく息を吸い込んで酸素を大いに取り入れていこう。そうその最たるものが有酸素運動なのである。

 

 

 

有酸素運動で脂肪を燃焼させる

脂肪は酸素で燃焼する。有酸素運動は酸素を大きく取り入れる運動である。ジョギング、ウォーキング、水泳などがこれにあたる。ここで大事なことを話したい。痩せたいからと言ってハードなトレーニングをする人も多くいる。特に若い時にスポーツの心得のある中年男性はいきなりこれをやる。ところがこれは間違い。いきなりきついのがダメと言っているのではない。ハードなトレーニングは脂肪燃焼に効果がないのである。

 

 

おかしいと思うかもしれないが、脂肪を燃焼させるには酸素を取り込まなければならない。息が上がるほどの運動をすると、呼吸が浅くなり酸素を取り込む量が減少する。これでは本来の目的が達成されないのだ。比較的ゆっくり軽い運動を継続的に行うということが大切である。

 

 

 

有酸素運動は短い時間でもダイエット効果がある

よく有酸素運動は20分以上やらないといけないとか言われている。しかしこれは当たっているようで正しくはない。確かに20分以上行ったときに脂肪の燃焼効率は良くなるのであるが、運動を始めてすぐの状態から脂肪の燃焼は始まっている。簡単な階段の上り下りとか坂を徒歩で上るとかそういったことでも内臓脂肪の減少には十分な効果があるので、最初はあまり構えずに、できることから始めてみよう。

 

 

.

運動とサプリとの併用がダイエットに効果的

運動をしろといってもなかなかすぐにできるものではない。だからサプリでダイエットしようという考えも出てくる。しかし、サプリだけではそう簡単には痩せることはできない。脂肪燃焼系のサプリは、飲んだだけで脂肪を減らすというものではなく、運動で脂肪を燃やすのを助ける役割をする。つまり、運動とセットになった時にその効果は発揮されるというわけである。

 

 

また、カロリーブロック系のサプリは食事の前に飲んでおくと余分な脂肪の蓄積を阻害することができる。こういったサプリメントを併用してとることで効果的にお腹やせが期待できるというわけである。

 

 

 

ダイエットサプリは目的に応じて選ぼう

ダイエットサプリはその商品によって、目的が微妙に異なってくるので、例えば脂肪燃焼系のサプリを飲んでもカロリーはブロックされない。よくサプリでは痩せないといわれるが、サプリを飲んでいるから大丈夫と思っていてもそれは脂肪燃焼系のものだったりする。それで食事の量を減らさないでダイエットに臨んでも痩せるものではないのである。あくまでも食事制限と軽い運動はダイエットの基本なので、それに合わせてサプリを選ぶようにしよう。

 

 

 

中年太りを解消するダイエット方法

 

  • 有酸素運動
  • 食事制限
  •  

  • ここにサプリを併用する
  •  

    この方法で中年太りを解消していこうではないか。

     

     

    .

    中年の薄毛とダイエットについて

    中年太りの世代は、薄毛で悩む世代と重なってくる。育毛大百科では、薄毛にまつわるさまざまな事柄を検証しているが、その中で一つ触れておきたいことがある。ダイエットは基本的に食事制限が伴ってくるもの。必要な栄養素が減少する。もちろん摂り過ぎているエネルギーを抑えるといった具合なら問題はないが、急激なダイエットは栄養素不足になりがちなのだ。

     

     

     

    髪の毛への栄養は最後になる。薄毛とダイエットの関係

    体は栄養が足りなくなると生命維持に必要なところから栄養素を回るようになる。毛髪は生命維持には必要ではないところ。すなわち、栄養が不足すると髪の毛に回る栄養は先にカットされるということになる。もちろん髪の毛にもタンパク質や亜鉛などのミネラルが必要なので、急激なダイエットは髪の成長にダイレクトに影響するということを覚えておいてほしい。

     

    参考記事:ダイエットをすると薄毛になる?ホントは怖い【4つのリスク】

     

     

    .

    まとめ(結論)

    中年男性のお腹が太ってくる現象は、実は内臓脂肪が原因の場合が多い。これを放っておくと生活習慣病を引き起こすことにもなるので気を付けなければならない。

     

    内臓脂肪はつきやすいが落としやすいものでもある。内臓脂肪が皮下脂肪に変わる前がダイエットのチャンス。食事と有酸素運動で中年太りを解消しよう。

     

     

     

     

    育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
    育毛剤の大事なところはここなのだ。

     

    • 抜け毛を減らす
    • AGAの進行を遅らせる
    • これ以上薄くさせない

     

    次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
    だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

     

    現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
    リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

     

    そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

     

    薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

     

    この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

     

    だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

     

    一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

     

     

    Q1.この状態よりも薄毛である

    yesno
    この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
    Yes No

     

     

    ↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

     


     
    HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ