最新ミノキシジル発毛剤「リグロEX5」がロート製薬から新発売!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

リアップの特許が切れた
20年間大正製薬の独壇場であった市販発毛剤市場に新たな風が入ってくる。

 

 

2018年8月に発売されたメディカルミノキ5につづき、今度はロート製薬から2018年11月17日に「リグロEX5」が新発売

 

最新の発毛剤ということになる。

 

リグロEX5よりもっと安いミノキシジルはこちらを参照

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

ロート製薬からリグロEX5が発売。発売日は11月17日

リアップの特許が切れ、ミノキシジル発毛剤のジェネリックが解禁になった。

 

ロート製薬は2018年11月17日に、最新発毛剤「リグロEX5」を発売することを発表した。

 

リグロEX5

 

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役会長兼社長:山田邦雄)は、発毛成分「ミノキシジル」を国内最大濃度配合した第1類医薬品『リグロ®EX5』を2018年11月17日(土)に全国の薬局・薬店等で新発売いたします。

 

 

20代から60代までの男性を対象として調査し、その中で、

 

  • 薄毛に悩んでいる人 26.3%
  • そのうち発毛剤を使っっている人 3.3%

 

ということに言及。

 

いかに薄毛に悩んでいる人が多いか
そして、きちんとした育毛方法、つまり「発毛剤」を使っている人が少ないかに言及している。

 

 

現状では多くの人が発毛剤を使用したことがないのである。

 

それもそのはず、20年の間、市販の発毛剤市場は「リアップ」独占状態だったから。

 

もうその特許が切れたので、これからは発毛効果へのエビデンスがある有効成分「ミノキシジル」を配合した発毛剤がよりひろくつかわれるようになるであろう。

 

 

関連記事リアップ 特許切れはいつ?ついにミノキシジルにジェネリック発売の【朗報】

 

リグロEX5の主成分ミノキシジルの発毛効果

リグロEX5の成分表を見てみると、、、

 

有効成分 ミノキシジル5%
添加物 エタノール、プロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、酒石酸

 

このようになっている。

 

この中で、発毛効果があるのは「ミノキシジル」である。

 

ミノキシジル意外は、防腐剤的な要素だったり、頭皮につけた時に蒸発させる成分だったり、使用上の利点があるもののあまり発毛には関係ない。

 

 

ミノキシジルは発毛効果が認められている医薬品の成分であり、その効果、なんで薄毛に効くのかというと、

 

 

  • 血行を促進させ発毛を促す効果
  • 毛包の細胞分裂を促進しより太い髪の毛を発毛させる効果

 

この2つがあるからだ。

 

リグロ

 

ヘアサイクル 壮年性脱毛症(AGA)の特徴 ミノキシジルの作用
成長期 毛包の数:減少
期間:短縮
後期成長期毛包への移行促進、維持
休止期 毛包の数:増大
毛包の状態:矮小化(ミニチュア化)
休止期から初期成長期への移行促進

引用:リグロ公式サイトより

 

 

こうやって表にまとめられていると何を言っているのかわかりずらい。

 

簡単に言うと、ミノキシジルの効果があるところには2つのポイントがあるということ。

 

 

1毛髪の成長期に作用する

 

 成長期は髪の毛が発毛したあと、太くなって長く伸びるところ。
通常は2年~6年成長期が続く。

 

ところが、AGAではこの成長期が著しく短くなる。
つまり、伸びないで抜ける、細いまま抜けるというのが特徴的な症状なのだ。

 

ミノキシジルは毛髪を強く太く成長させるのを助けるということ。

 

 

2発毛サイクルの休止期に作用する

 

もう一つのAGAの特徴として、休止期が長くなるということがある。
通常3~4ヶ月の休止期が長くなるので、なかなか発毛しない。

 

しかも、ひとつひとつの毛包がミニチュア化するので、生えてきたときから細くて弱い髪の毛になってしまう。

 

 

ミノキシジルは、毛包に刺激して細胞分裂を活発にする働きがあるので、毛包を大きくし休止期を正常に戻す効果がある。

 

 

関連記事ミノキシジルの効果と副作用【超まとめ】ジェネリック通販購入方法

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

リグロEX5の副作用。本当は怖いミノキシジル

リグロEX5の発売によって、さらに発毛剤が身近になることだろう。
そこで懸念されるのが、普通の育毛剤と同じような感覚で使う人が増えてしまうこと

 

育毛剤は医薬部外品だし、天然成分主体なので副作用が極めて少ない。

 

ところが、リグロEX5に使われているミノキシジルは、第一類の医薬品であって「劇薬」指定の薬なのだ。

 

当然副作用のリスクがある。

 

 

リグロEX5ミノキシジルの主な副作用

 

  • 心臓がバクバクなる、動悸などの循環器系
  • 頭皮の炎症、だたれ、かゆみ、赤みなど
  • 多毛症。体中の毛が増える症状
  • 顔や手足のむくみ、体重の増加など
  • 血圧が下がるのにともなうめまいや頭痛など

 

 

こういったものがある。
どれも「やっぱり医薬品」というような内容の副作用。

 

リグロEX5を髪の毛につけただけでも、これだけの副作用の心配をしていかないといけないのだから、ミノキシジルの副作用の知識はしっかりと身に着けておきたい。

 

 

関連記事【意外と危険?】ミノキシジル副作用完全まとめ

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

リアップ、メディカルミノキ5とリグロEX5の違い

リグロEX5はリアップX5のジェネリック医薬品、後発医薬品という位置づけである。

 

つまり、成分、内容についてはリアップX5と同じ
よって、発毛効果、副作用についても同様。

 

 

ジェネリック医薬品の特徴として、発毛効果や副作用についてのエビデンス(証拠)や研究の臨床結果などは、リアップX5のものが使われる。

 

その商品によって、ミノキシジル以外の添加物の配合などは違うが、中身は同じであると言って差し支えないだろう。

 

 

リアップ・メディカルミノキ5・リグロEX5比較表

 

ミノキシジル含有 先発・後発 内容量 価格
リグロEX5 5% ジェネリック 60ml 7000円
メディカルミノキ5 5% ジェネリック 60ml 7222円(まとめ買い割引あり)
リアップX5プラス 5% 先発医薬品 60ml 7048円

 

 

アンファースカルプDメディカルミノキ5

 

メディカルミノキ5

 

メディカルミノキ5

 

メディカルミノキ5は2018年8月にスカルプDで有名な「アンファー」から発売された、ミノキシジルジェネリック第一弾の医薬品である。

 

 

大正製薬リアップX5プラス

 

リアップ

 

こちらは大正製薬のリアップX5プラス。

 

リアップにはリアップX5プラス以外にもシリーズ商品があり、ミノキシジルの含有量も1%のものと、5%のものがある。

 

 

関連記事リアップの効果と副作用まとめ

 

リグロEX5ではAGAに効果がない?

リグロEX5の主成分はミノキシジルである。

 

これは先にも述べたが、発毛効果が認められている医薬品。

 

では、このミノキシジルでなぜ効果がないのか
それはAGAの仕組みを考えればわかる。

 

 

関連記事AGAの原因から治療薬の効果から病院の費用まで

 

 

ヘアサイクル

 

AGAは、男性ホルモンテストステロンがジヒドロテストステロン(GHT)に変換することで発生する。

 

DHTは強力な脱毛ホルモンで、抜け毛を引き起こし、発毛サイクルの休止期を長くするのだ。

 

 

AGAは放っておくとどんどん進行するので、薄毛の症状が改善することはない
要は、AGAを止めないと、いくら育毛をしても薄毛が治らないということ。

 

 

AGAを抑制するのはフィナステリド

 

AGAを抑制するのはフィナステリドという医薬品。有名な薬ではプロペシアというものがある。

 

AGAの原因になるジヒドロテストステロンを阻害する効果があり、これでAGAを止めることが可能になる。

 

 

つまり、ミノキシジルで発毛が思うようにできない場合、ミノキシジルの発毛効果よりもAGAの脱毛のスピードの方が勝っているということが考えられるのだ。

 

 

ミノキシジルとフィナステリドの併用

 

各発毛剤の効果は、

 

  • フィナステリド・・・AGAを抑制する
  • ミノキシジル・・・・発毛を促す

 

同じ発毛剤と言われているものであるが、その効果働きはまるで違う

 

フィナステリドはAGAをブロックしてその後の薄毛の進行を抑制する。
ミノキシジルは、血行を促進し、発毛しやすい環境を作る。

 

 

フィナステリドだけではAGAを抑制るものの、新しい発毛はできないことがある。
一方ミノキシジルはAGAを抑制する効果はない。

 

つまり、フィナステリドとミノキシジルを併用することで、その双方のデメリットを補うことが可能になるのだ。

 

 

フィナロイド+ ミノタブ

 

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

 

フィナロイドはプロペシアのジェネリック。
日本ではプロペシアは医師の処方が必要なので市販はされていないが、海外個人輸入で購入することができる

 

ミノタブは、ミノキシジルの内服薬。
外用薬よりも内服の方が発毛により高い効果がみられる。

 

ただし、副作用の危険性もあるので、しっかりとした知識をもって使用したいものである。

 

 

関連記事最新毛生え薬・発毛剤ランキング【男性版おすすめトップ5】医薬品発毛薬

 

 

 

リグロEX5はジェネリックなのに安くない!もっと安いミノキシジルはコレ!!

大正製薬

 

リグロEX5はリアップのジェネリック。

 

普通ジェネリックと言ったら、元の医薬品の6割くらいになるイメージだが、リグロEX5は決して安くない

 

内容成分はリアップX5と同じ。

 

これならリアップでいいではないか!!

 

そう思った人も多かったに違いない。

 

しかも、少し前に発売された「スカルプDメディカルミノキ5」だって同じような値段。
そうなると、今後続々と発売される予定のリアップジェネリックもまた、同価格帯になることが予想される

 

恐るべしリアップの大正製薬の力。
日本ではリアップよりもすごく安い値段は許されないのか・・・・

 

しかし、海外ではそんなことはない。
日本で買うのよりも圧倒的に安い価格で購入することができるのである。

 

その価格はなんと・・・

 

最大4分の1以下

 

なのである。

 

 

海外のミノキシジルジェネリック

 

アメリカなどの海外の方が、育毛に関しては日本よりもずっと先進国。

 

もちろんミノキシジルジェネリックだってあるし、商品種類も多数そろっているのである。

 

国内のミノキシジル&ジェネリック

医薬品名 容量 ミノキシジル
含有量
価格
リグロEX5 60ml 5% 7,000円
リアップX5 60ml 5% 7,048円
メディカルミノキ5 60ml 5% 7,222円

 

海外のミノキシジル&ジェネリック

フォリックスFR05 60ml 5% 4,000円
ロゲイン 60ml 5% 2,700円
カークランド 60ml 5% 1,600円

 

※海外の医薬品の価格は為替レートの関係で変動アリ

 

 

フォリックスFR

 

 

フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]

 

フォリックスは、リアップやロゲインと同様にミノキシジルを主成分とする塗り薬である。

 

海外の毛生え薬としては、ポラリスNRが有名だったが、2017年で製造メーカーがポラリスを販売中止としており、それに代わる新シリーズとしてフォリックスが人気になっている。

 

フォリックスFRにはバージョンがあって、それぞれミノキシジルの配合が違っていたり、ほかの成分が配合されていたりする。

 

ミノキシジルが15%という高配合のものもあり、効果もその分高くなるので、育毛上級者に人気が高い。
ただし、使用前には副作用の知識をしっかり確認しておく必要がある。

 

 

 

ロゲイン

 

 

ロゲイン(Rogaine)5%

 

内容はリアップと同じ。だが安い!

 

ミノキシジル配合の発毛剤。こちらは内服ではなく、塗り薬。

 

実はリアップはアメリカ製のミノキシジル薬「ロゲイン」の商標を購入して日本で販売しているだけなので、中身の成分についてはほぼ同じである。

 

その上価格はグッとお得になっている。

 

 

ロゲインのジェネリック「カークランド」

 

 

カークランド(Kirkland)5%

 

 

ロゲインのジェネリック。成分はミノキシジルである。
アメリカではこちらのカークランドは超有名。

 

つまり、リアップと同じ内容のロゲインのジェネリックで、さらに安く購入できるというわけなのだ。

 

 

ちなみにロゲインはリアップと比べて3分の1程度、カークランドは4分の1程度

 

レートによっても差が出るが、これだけ違えば毛生え薬リピーターの中で特に人気であるということもうなずける。

 

海外個人輸入は、通販と同じような感覚で日本から購入することが可能。
しかし、必ず押さえておかなければいけない点もある。

 

詳しくはこちらの記事から学んでいただきたい。

 

関連記事最新毛生え薬・発毛剤ランキング【男性版おすすめトップ5】医薬品発毛薬

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

最新ミノキシジル発毛剤「リグロEX」がロート製薬から新発売!関連ページ

毛生え薬を最強にする!「塗り薬」と「錠剤」の併用がおすすめ
髪の毛が生える飲み薬はこの3種類【おすすめ】発毛剤ランキング
毛生え薬の新薬「ザガーロ」が【プロペシアの2倍効く】という噂?
プロペシアやミノキシジルの通販は危険?安全に購入するための方法
デュタステリドとフィナステリドは併用できない!どっちにする?
毛生え薬の飲み薬「プロペシア・ミノタブ」を通販で購入するときの注意点
発毛剤(毛生え薬)塗り薬のおすすめミノキシジル5選
リバイボゲンの効果と口コミ。だがもう通販では買えない!
毛生え薬プロペシアには副作用がある!【使う前の注意点】
アメリカで買える育毛剤日本でも使いたい!おすすめ発毛剤とどうやって買えるのか?
アメリカ育毛シャンプーおすすめ【男性・女性5選】
海外育毛剤を実際に使った人の体験談と口コミ【超まとめ】
毛生え薬を処方してもらえる病院を知りたい!
毛生え薬リアップで本当に毛が生えた!【口コミ体験談7本】
リアップ
スカルプDメディカルミノキ5
ミノアップ(トーワ薬品の)11月22日発売開始!その効果と副作用他のジェネリックとの違い
ミノゲイン「サンドラッグ」で発売!その効果と副作用。アンファーメディカルミノキ5との違いは?

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ