毛生え薬の飲み薬「プロペシア・ミノタブ」を通販で購入するときの注意点

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

毛生え薬といえば、錠剤の飲み薬の「プロペシア」、それに塗り薬のミノキシジルが有名。

 

そして、ミノキシジルには、飲み薬の「ミノキシジルタブレット(ミノタブ)」がある。

 

いづれも医師の処方が必要だったり日本では認可されていなかったりするもの。
それを購入するには「海外個人輸入」という方法があるが、いくつか注意点がある。

 

安易に購入すれば、危険性だって存在するもの。安全に使うためにそのあたり見ていきたい。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

毛生え薬(飲み薬)を通販購入する方法

海外個人輸入

 

毛生え薬であるプロペシアは、日本では医師の処方が必要な薬である。

 

内科や皮膚科の病院で診察を受けてから服用するもの。

 

そして、ミノキシジルは、塗り薬としては認可されていて、リアップなど市販されているが、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)のように飲み薬タイプのものは日本では未認可である。

 

 

これらは、「海外個人輸入」という方法を使って、通販と同じような感じで購入することができる

 

しかし、医薬品であるので、安易に購入するのはおすすめできない
きちんと内容を知って、副作用の知識などを持ち合わせた上での購入が必須条件となる。

 

 

海外個人輸入とは

 

海外個人輸入とは、厚生労働省の定める「薬事法特例」の規定で認められている正規の輸入方法である。

 

しかし、副作用のこと、薬の用法・用量などの使用方法、海外サイトで購入したときのトラブルなど、一切の責任は自己責任で行わなければならない。

 

すなわち、気軽に購入できるからと言って、日本の通販と同じような感覚でポチってしまうは危険性が伴うということを認識していただきたい。

 

 

詳しくは厚生労働省のこちらのページを参照していただきたい。

 

 

薬品等の個人輸入について(抜粋・要約)-厚生労働省

 

海外個人輸入

 

一般の個人が個人輸入する場合、以下の場合は税関の確認を受けたうえで必要書類の提出なしに輸入することができます。

 

○医薬品又は医薬部外品
 ・外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く。): 標準サイズで1品目24個以内
 ・上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内

 

 

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ(抜粋)-厚生労働省

 

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。

しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません

 

 

健康食品や医薬品、化粧品、 医療機器等を海外から 購入される方へ(リーフレット)

 

 

 

毛生え薬を海外個人輸入する際の注意点

  • 自分の購入しようとしている医薬品の最低限の知識をもっていること
  • 副作用のリスクなどを理解し自己防御につとめること
  • 信頼できる輸入業者を選択すること

 

 

この点についてはしっかり守ったうえで購入を検討していきたい。

 

このページで掲載している毛生え薬・飲み薬は、オオサカ堂のものである。
医薬品海外輸入代行業者として長年の販売実績があるのでここなら信頼できる。

 

オオサカ堂のホームページに行くと、ほぼ普通の通販購入と同じような形でアメリカ版、海外版のプロペシアやミノタブなどを購入することができる。

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

通販で購入できる毛生え薬・飲み薬5選

海外個人輸入の通販で購入できる「飲み薬」をまとめてみた。

 

 

海外育毛剤「プロペシア」

 

プロペシア(オーストラリア版)1mg

 

言わずと知れたAGA治療薬の代名詞。海外の育毛剤の代表である。

 

日本では医師の処方箋が必要であるが、海外個人輸入であれば比較的簡単に手に入れることができる

 

 

フィンペシア(プロペシアジェネリック)

 

 

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg

 

フィナステリドを主成分とするプロペシアのジェネリック。

 

日本で医師の処方のもと購入するプロペシアよりも5分の1くらいの安価で購入できる。

 

 

 

デュタステリド「アボダート(アボルブ)」

 

アボダート(Avodart)0.5mg

 

5αリダクターゼ1型2型ともに有効なデュタステリド製剤。
「ザガーロ」の大元の薬である。

 

日本では医師の処方箋がないと入手できない。しかし海外個人輸入なら同じ成分が使えるというわけだ。

 

 

ノキシジル(ミノタブ)

 

 

ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg

 

ミノキシジルを主成分としている点では上記の育毛剤と同じであるが、こちらは飲み薬

 

皮膚からは薬効成分が浸透しにくいが、内服薬であればその成分をすべて取り込むことができから、アメリカなどの外国では非常にポピュラーな毛生え薬である。

 

反面、体の他の部分にも影響があるということで、日本ではミノキシジルの飲み薬は認可されていない

 

ミノキシジルが5㎎のもの10㎎のものがある。

 

 

Lloyd社製ミノキシジルタブレット

 

 

ミノキシジルタブレット5mg[Lloyd社製]

 

Lloyd社製のミノキシジルタブレット。
ロニテンのジェネック医薬品であるミノタブは、外用薬と違い成分の全部を摂り込むことができるので、吸収率、即効性がある。

 

その分薄毛回復への効果も高いと言えるが、副作用も考えなければならない。

 

Lloyd社製のミノタブはミノキシジルタブレットの中でも品質の高い製品として利用されている。
ミノキシジルが2.5㎎、5㎎、10㎎の3種類。

 

 

海外の医薬品の商品、個人輸入についてもっと詳しく・・・・

関連記事毛生え薬ランキング【トップ5】発毛薬・発毛剤医薬品男性版

 

 

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ