髪の毛が生える飲み薬はこの3種類【おすすめ】発毛剤ランキング

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

髪の毛が生える毛生え薬は、こちらに掲載しているこの3つ。

 

3つといっても細かくは3種類。それぞれに効果は違っていて決して同じではない。

 

3種類の髪の毛が生える飲み薬の特徴とデメリットいろいろある発毛剤のおすすめを紹介していきたい。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

髪の毛が生える飲み薬とは

髪の毛が生える、つまり発毛効果が認められているのは、

 

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザガーロ)
  • ミノキシジル

 

の3種類。

 

その中で、ミノキシジルは日本では塗り薬(外用)のみが認められていて、飲み薬「ミノキシジルタブレット」は認可されていない。

 

 

同じ毛生え薬と言われていても、効果は違っている。

 

 

フィナステリド 5αリダクターゼ2型を抑制する
デュタステリド 5αリダクターゼ1型・2型を抑制する
ミノキシジル 血行を促進して発毛を促す

 

 

効果が違うので用途も変わる。
この記事をご覧になっている人は、まさか同じと思っていないと思うが、育毛初心者はこれらは「飲めば毛が生える薬」としてひとくくりに考えている人も少なくない。

 

 

髪の毛が生える飲み薬はどうやって入手するのか

 

毛生え薬の3種類。その中で、フィナステリド、デュタステリドについては、日本では医師の処方箋が必要な医薬品。

 

内科や皮膚科の病院での診察が必要になる。

 

 

また、先にも述べたがミノキシジルの飲み薬についてはそもそも認可されていないので市販もない。

 

ではどうやって入手するのかというと、海外個人輸入ということになる。

 

海外個人輸入は、日本では認可されていないものでも世界で広く安全性が認められているような医薬品については、個人の責任で輸入し服用することが認められているもの。

 

ただし、副作用のことなど、しっかりとした知識を持ったうえでの使用が必要である。

 

関連記事AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

髪の毛が生える飲み薬【おすすめ】発毛剤ランキング

海外でも日本でも人気が高い「飲み薬」としての発毛剤をランキングにして掲載している。

 

髪の毛が生える飲み薬は3種類。

 

日本では、

 

フィナステリド 萬有製薬のプロペシア 医師の処方が必要
デュタステリド グラクソスミスクラインのザガーロ 医師の処方が必要
ミノキシジル 大正製薬のリアップ(塗り薬) 飲み薬は市販されていない

 

そして、ほとんどこれらすべてが独占状態になっているのが現状である。

 

しかし、海外ではたくさんの種類があって、ジェネリックも販売。いろいろと選択肢がある。

 

 

第1位 フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

プロペシアのジェネリック医薬品である「フィナロイド」とミノキシジルタブレットのセット商品。

 

2つの違う薬効を持つ医薬品を副作用することで、さらなる発毛効果が期待できる。

 

価格的にも安価であり、コスパも高く1日50円ほど。

 

このコラボが、育毛上級者には一番利用されているケースである。

 

 

第2位 ミノキシジルタブレット(ミノタブ)

 

 

ミノキシジルタブレット5mg[Lloyd社製]

 

ミノキシジルを含有する治療薬。発毛剤としては認可されていないが、内服することにより外用よりも効果があると言われている。
日本では市販されていないものなので、入手するには海外個人輸入のみ。

 

しかし、塗り薬と違ってすべての成分をとりこめる分、副作用についてもしっかりと知識を持たないといけない。

 

 

第3位 アボダート(アボルブ)

 

 

アボダート(Avodart)0.5mg

 

デュタステリドのもとになっている医薬品
ザガーロと同じデュタステリドを主成分としている。

 

フィナステリドが5αリダクターゼ2型を抑制するのに対し、デュタステリドは1型・2型ともに抑制。フィナステリドの1.6倍の効果があるともいわれている。

 

デュタステリドとミノキシジルを配合している育毛剤

 

 

爆毛根ローション(Bakumokon)[5%]

 

「高濃度ミノキシジル」と「デュタステリド」が配合されている育毛剤。
日本では医薬品は1製品1種類が基本だが、海外では複数入っているものも多い。
なかでも、ミノキシジルとデュタステリドが配合されている育毛剤には注目が集まっている。

 

 

 

第4位 フィンペシア(プロペシアジェネリック)

 

 

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg

 

フィナステリド製剤でプロペシアのジェネリック医薬品である「フィンペシア」。

 

AGAの原因である男性ホルモンをブロックする。

 

 

プロペシア

 

 

プロペシア1mg

 

こちらはプロペシアの海外版。ジェネリックではないが、やはり日本で購入するよりは若干安くなる。

 

 

第5位 ノキシジル(ミノキシジルタブレット)

 

 

ミノキシジルタブレット(Noxidil)ボトルタイプ5mg

 

ミノキシジルタブレットの中でも一番ポピュラーな飲み薬。
5㎎と10㎎があるが、ミノキシジルの副作用のことも考えると、5㎎が無難である。

 

 

その他の海外発毛薬についてはこちらも参考に。

 

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ