毛生え薬を処方してもらえる病院を知りたい!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

毛生え薬と言われる、プロペシアやザガーロは、以前は輸入薬に頼るしかなかったが、最近では病院で処方してもらえるようになっている。

 

意外と知られていないが、自分のかかりつけの内科がAGA診療をしていたりする。

 

薄毛で悩んだら、自分の近くで毛生え薬を処方してもらえる病院を調べておくべし。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

毛生え薬を処方してくれる病院

毛生え薬のプロペシアやザガーロを処方してもらえるのは、基本的に内科か皮膚科

 

AGAの診療なので、専門の病院じゃないと処方してもらえないように思っている人も多いが、意外と近くの内科で薬を処方してもらうことができる。

 

 

AGAは、以前は病気として扱われていなくて、薄毛を治すのは美容のためといった認識だったが、近年その考えかたがた改まって、AGA薄毛は男性ホルモンが影響している病気なんだという認識になっている。

 

だから、内科や皮膚科でプロペシアが処方されるようになってきた。

 

全国のAGA診療をしてくれる病院を探すには、こちらから検索すると便利。

 

 

毛生え薬を処方してもらえる病院を知りたい!

 

AGA-news

 

 

病院(内科・皮膚科)ではどんな治療が期待できるか

 

AGAはいくら病気だといっても、それを専門にやっている内科や皮膚科の病院はまだまだ少ないというのが実態である。

 

AGAの診察をしても、ほとんどの場合はプロペシア処方だけ。それ以上の薄毛改善のアドバイスはあまり期待できない。

 

しかし、日本ではプロペシア(フィナステリド製剤)は市販薬としては認可されていないので、必ず医師の診察と処方が必要になるから、プロペシアを入手したい場合は病院に行かなければならない。

 

 

プロペシアにはジェネリックのフィナロイドやフィンペシアという薬がある。
こちらも希望すれば処方してもらえるのであるが、いかんせん取り扱いがまだ少なくて、プロペシアしか処方してもらえないケースが多い。

 

 

まれに、内科の病院でもミノキシジルタブレット、皮膚科でミノキシジル塗り薬を処方されるところもあるようである。
また、2015年に認可されたデュタステリド製剤の「ザガーロ」を処方してくれるところもある。

 

こういった内科の病院は、わりとAGAに詳しい診療をしてくれているということが期待できる。

 

 

毛生え薬を病院で処方してもらうメリットとしては、副作用があった時などはすぐに医師に相談できるので安心なこと。
しかし、基本的には毛生え薬プロペシアの処方のみなのでそれ以上の治療は期待できないと思っていたほうがいい。

 

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

AGA専門クリニックで薬の処方を受ける方法

AGAの病院としては内科、皮膚科のほかにAGA専門クリニックというのがある。

 

こちらは、名前の通りAGAを専門に扱っているので、薄毛の治療に関するアドバイス、プロペシアの処方以上の治療方法を持っている。

 

ほとんどのAGAクリニックでは、プロペシアの他にも、ミノキシジルやオリジナルの毛生え薬を処方してくれるし、薬ではあまり効果なないという場合には、その後のアドバイス、治療も期待できる。

 

 

例えば、「育毛メソセラピー」は、カクテルと呼ばれる成長剤や薬の成分、栄養などを頭皮に直接注射する方法。

 

また、自毛植毛という選択肢もある。
これら一連のカウンセリング、トータルの治療などが含まれるので、料金的には高くなってしまうがその分安心して治療を行うことができる。

 

 

以下に記載するのは、内容・評判ともに高いAGAクリニックである。

 

 

AGAスキンクリニック

 

AGAスキンクリニック

 

  • 発毛実感率99.4%
  • 独自配合の高品質・高濃度発毛薬
  • 全国にネットワークがある
  • 完全予約制でプライバシーを確保

 

 

 

 

所在地(AGAスキンクリニックと同じ治療が受けられるクリニック)

 

近畿梅田・難波・神戸
中国・四国岡山・広島・福山・下関・松山・高知
九州・沖縄福岡・小倉・佐賀・諫早・那覇

 

 

治療内容
治療内容 オリジナル内服薬+外用薬処方、AGAメソセラピー、AGA幹細胞再生治療、プロペシア・ザガーロ処方、オリジナルヘアケア商品、植毛

 

 

費用
カウンセリング 無料
初診費用 5,400円(税込)
血液検査費用 21,600円(税込)
プロペシア費用 初回 4,536円/2回目以降 7,560円(税込)

 

 

 

銀座総合美容クリニック

 

銀座総合美容クリニック

 

  • 全て個室対応で薄毛治療を行える
  • 針を使わない育毛メソセラピーなので痛みがない
  • AGA遺伝子検査を実施。効果を予測できる
  • 分かりやすい料金体系で低価格

 

 

 

 

 

クリニック詳細

 

所在地 東京(港区新橋)
治療内容 AGA治療、ノーニードル育毛メソセラピー、AGA遺伝子診断、

内服薬(プロペシア)・外用薬(ミノキシジル)処方等

 

 

費用

 

カウンセリング 無料
初診費用 3,240円(税込)無料
血液検査費用 5,400円(税込)
AGA治療内服薬費用 1ヶ月あたり7,020円~18,900円(税込)

 

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

毛生え薬の1ヶ月のコスト

プロペシアの1ヶ月のコストは診察を受けている病院によって多少のばらつきがあるが、一般的には6000円~10000円程度

 

恐らく7500円くらいが相場である。

 

もしその病院が、ジェネリックのフィナロイドやフィンペシアを扱っているのならもっと安く購入することも可能である。

 

 

プロペシアの値段に関しては、AGAクリニックでもさほど変わらない。
AGAクリニックによっては、プロペシアをもらいに行くだけなら1ヶ月のコストが内科より安い場合もある。

 

 

毛生え薬に保険は効かない

 

ただし、毛生え薬には保険は効かない
自由診療なので、かかるコストはすべて個人負担となるので、その点は注意が必要だ。

 

また、プロペシアなどのAGA治療薬は、飲んでいるときにはAGAに効くが、やめてしまうとまた薄毛の進行が始まってしまう

 

そういった意味では1ヶ月2ヶ月の問題ではなく、少なくとも数年間これだけのコストがかかるということを頭に入れておいた方がいい。

 

毛生え薬のランニングコストを下げる方法

そのランニングコストを下げる方法としては、「海外個人輸入」というものがある。

 

 

海外の薬を通販のように購入することができるのでとても便利。
値段的にも日本で購入するよりもかなり安く購入できるし、ジェネリックを使いこともできる。

 

最初は内科でプロペシアを処方してもらって、自分に副作用がない、体に合っていると判断したのちに、今後のランニングコストを抑えるために海外個人輸入を利用する人も多い。

 

 

しかし、簡単に買える反面、副作用があった場合の対処や、万が一購入時にトラブルがあった場合にも完全自己責任で対処しなければいけない。

 

したがって、安易に利用するのはおすすめできない。少なくとも副作用に関する最低限の知識を得てから使うようにしたい。

 

 

海外個人輸入で購入できる毛生え薬

 

海外でも日本でも人気が高い「毛生え薬」。髪の毛が生える飲み薬は現在3種類ある。

 

その中で日本で購入できるものは以下のとおりである。

 

フィナステリド 萬有製薬のプロペシア 医師の処方が必要
デュタステリド グラクソスミスクラインのザガーロ 医師の処方が必要
ミノキシジル 大正製薬のリアップ(塗り薬) 飲み薬は市販されていない

 

プロペシアとザガーロについては、医師の処方箋がないと購入できない。

 

しかし、海外ではたくさんの種類があって、ジェネリックも販売しれいるので、自分の状況に合わせて選ぶことも可能。
コストも安く抑えられるので便利なのだが、購入・使用するときには完全個人責任だということを覚えておきたい。

 

 

フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

プロペシアのジェネリック医薬品である「フィナロイド」とミノキシジルタブレットのセット商品。

 

2つの違う薬効を持つ医薬品を副作用することで、さらなる発毛効果が期待できる。

 

価格的にも安価であり、コスパも高く1日50円ほど。

 

このコラボが、育毛上級者には一番利用されているケースである。

 

 

アボダート(アボルブ)

 

 

アボダート(Avodart)0.5mg

 

デュタステリドのもとになっている医薬品
ザガーロと同じデュタステリドを主成分としている。

 

フィナステリドが5αリダクターゼ2型を抑制するのに対し、デュタステリドは1型・2型ともに抑制。フィナステリドの1.6倍の効果があるともいわれている。

 

 

他にも毛生え薬は様々ある。詳細を知るにはこちらの記事から。

 

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ