毛生え薬を最強にする!「塗り薬」と「錠剤」の併用がおすすめ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

毛生え薬といえば、ご存知プロペシアとミノキシジル。

 

しかしこの2つの最強毛生え薬、効果は全く違うのである。

 

そしてその効果をさらに最強にするのが「併用」すること

 

この2つの最強の意味を解説する

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

最強の毛生え薬「錠剤」プロペシアの効果

最強jの毛生え薬その1番目にあげられるのは「プロペシア」。

 

細かく言うと、フィナステリド製剤の錠剤である。

 

薄毛の一番の原因はAGAである。

 

AGAとは、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが毛根に働きかけ、髪の毛が太く育たなくなり、発毛サイクルを狂わせる。

 

同じく男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのだが、その時に関与するのが5αリダクターゼ。

 

フィナステリドは、その5αリダクターゼを抑制する効果がある。

 

 

AGAの詳しいメカニズムについては、こちらの記事を参照

 

関連記事はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解説

 

 

問題なのは、AGAは放っておくとどんどん進行して、薄毛がひどくなるということ。

 

その進行を抑えるのが「フィナステリド」ということ。だから「防御型の発毛剤飲み薬」ともいわれる。

 

 

毛生え薬の錠剤発毛剤「プロペシア」

 

プロペシア(オーストラリア版)1mg

 

言わずと知れたAGA治療薬の代名詞。毛生え薬といえばまずはプロペシアが思い浮かぶ。
アメリカなどの育毛先進国では、育毛治療薬としてごく普通に使われている。

 

日本では医師の処方箋が必要であるが、海外個人輸入であれば簡単に手に入れることができる

 

さらには、病院で処方される価格よりも「かなり安価」で手に入れることができるので、継続して使いたい人にはぴったり。

 

注意:男性用の発毛剤であって、女性は絶対に使ってはならない

 

 

ここまで説明すると、勘のいい方はお分かりかと思うが、フィナステリドには薄毛のの進行を止める、遅くするという効果はあるが、「発毛効果」はないのである。

 

 

確かに、AGAでなければ普通に発毛するのであるから、AGAを抑えれば、今まで発毛しなかったところに髪の毛が生えるというのはそのとおり。

 

しかし、抑えているだけでは発毛ということにはならない

 

そこで逆に発毛を促すのがミノキシジルということになる。

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

最強の毛生え薬「塗り薬」ミノキシジルの効果

一方でミノキシジルは血行を促進し、発毛を促す効果がある。
いわゆる毛生え薬である。

 

毛生え薬という名のとおり、体中の毛が増殖する多毛症の症状も併せ持つ薬。

 

もともと体毛が多い人は、さらに多くなるのでまさに毛生え薬なのだ。

 

 

ミノキシジルには塗り薬と内服タイプの錠剤飲み薬の2種類が存在するが、日本で認可されているのは「塗り薬」のみ。

 

プロペシアは市販されていなくて医師の処方箋が必要なのに対して、ミノキシジルは、リアップシリーズがドラッグストアで市販されている。

 

最近になって、スカルプDで有名なアンファーから「メディカルミノキ5」が新発売され、元スマップの草彅剛と香取慎吾による「ミノキ兄弟」のCMでも話題になっている。

 

 

ミノキシジルの飲み薬(錠剤)はミノタブと呼ばれ、薄毛の救世主的な扱いを受けているが、先にも述べた通り日本では「安全性が確認できていない」として認可されていない。

 

もし入手したいのであれば、海外個人輸入をする方法となる。

 

 

アメリカでは、ミノキシジルといえば「ロゲイン」が一番有名。

 

日本で発売されているリアップも、もともとロゲインの販売契約を得て売られているものなので、中身の成分はほとんど同じ。
つまり、「本家リアップ」であり、さらにはロゲインの方がかない安い値段で購入できるのだ。

 

 

毛生え薬の塗り薬 ロゲイン

 

ロゲイン(Rogaine)5%

 

内容はリアップと同じ。だが安い!

 

ミノキシジル配合の発毛剤。こちらは内服ではなく、塗り薬。

 

実はリアップはアメリカ製のミノキシジル薬「ロゲイン」の商標を購入して日本で販売しているだけなので、中身の成分についてはほぼ同じである。

 

その上価格はグッとお得になっている。

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

最強の毛生え薬は「錠剤」と「塗り薬」の併用にアリ

  • AGAの原因5αリダクターゼを抑制するのが「プロペシア」
  • 血流を促進し、発毛を促すのが「ミノキシジル」

 

同じ毛生え薬と呼ばれているこの2つは、効果が全く別になる

 

 

だから、「プロペシアとミノキシジルどっちにしようかな?」と考えている人がいたらそれは間違い。

 

リアップを使ったけど、効果がなかったと言っている人も間違い。

 

 

まずは、プロペシアでAGAをブロックしなければ、いくらミノキシジルで発毛しようとしても、そのそばからAGAが進行していく。

 

だから、発毛しているのか、なんとか現状維持しているのか、効果がわかりずらいのである。

 

AGAの進行の方がスピードが速ければ、ミノキシジルを使っているのに、髪の毛が後退しているということにもなりかねないのだ。

 

 

プロペシアを使うとある程度はAGAをブロックできるが、全部ではない。
さらに、そのままでは自然の発毛力に頼るということになる。

 

だから、最強の毛生え薬は「プロペシア」「ミノキシジル」の併用ということ。

 

この2つの薬は併用しても問題ないので、最強の効果を得たいのであれば、2つ併用という選択肢を持つべきである。

 

 

ただし、プロペシアにもミノキシジルにしても、医薬品であるがゆえに「副作用」の危険性があることを忘れてはならない。

 

副作用については、しっかりとした知識を持って臨むことが肝心。詳しくはこちらの記事を参考にしていただきたい。

 

関連記事フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い

関連記事【意外と危険?】ミノキシジル副作用完全まとめ

 

最強の毛生え薬「女性用」

最強の毛生え薬として紹介した「フィナステリド製剤」(プロペシア、フィンペシア、プロスカーなど)は、女性には禁忌である。
つまり、絶対に使ってはいけない

 

特に妊娠中などは、胎児に影響がるとされて、プロペシアの錠剤を触ることさえ禁じられている。

 

したがって、女性はプロペシア錠剤は飲めないのである。

 

 

それに代わるのが「パントガール」。

 

こちらも錠剤の飲み薬であって、男性のAGAに相当する女性のFAGAに効果を発揮する薬。

 

女性の毛生え薬(錠剤飲み薬)パントガール

 

パントガール(Pantogar)オーストリア版

 

 

男性用のプロペシアと同様に、日本では医師の処方箋が必要な毛生え薬である。
しかし、海外個人輸入であれば購入可能。

 

 

女性の薄毛にも男性と同様に、「パントガール」+「ミノキシジル」の併用が最強の毛生え薬コンビになる。

 

 

ミノキシジルは、女性用のリアップ「リアップリジェンヌ」がドラッグストアや薬局で市販されている。

 

ただし、ミノキシジルは皮膚への影響が強いため、男性用のものはミノキシジル5%配合であるが、現在女性用のリアップリジェンヌはミノキシジル1%配合になっている。

 

 

最強毛生え薬を通販で購入する方法

プロペシアやパントガールは、医師の処方箋が必要な錠剤である。

 

つまり、市販で購入することはできない薬

 

 

日本で個人が購入するには、「海外個人輸入」という方法がある。

 

アメリカなどの海外の薬を個人輸入代行業者を通じて購入するもので、薬事法特例として認められている

 

 

ただし、医薬品なので副作用については自己責任。一定の知識を持ったうえで購入すること。

 

そして、安全な代行業者を選ぶこと。これが重要である。

 

 

育毛大百科で紹介しているのは、長年の個人輸入代行の実績を持ち、多くの薄毛者に愛用されている「オオサカ堂」である。

 

 

また、ミノキシジルについてもアメリカなどの海外では、リアップよりもかなり安く購入できるもの、配合量がもっと多いものも販売されているので、「きちんとした知識」を持ったうえで検討していただきたい。

 

 

 

プロペシア

 

プロペシア(オーストラリア版)1mg

 

 

ロゲイン(ミノキシジル)

 

ロゲイン(Rogaine)5%

 

 

パントガール

 

パントガール(Pantogar)オーストリア版

 

 

そのほかの毛生え薬についてはこちらから

関連記事毛生え薬ランキング【トップ5】発毛薬・発毛剤医薬品男性版

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ