アメリカで買える育毛剤日本でも使いたい!おすすめ発毛剤とどうやって買えるのか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アメリカは育毛剤の先進国。
いろいろな最新育毛剤・発毛剤が発売されている。

 

しかし、日本では認可されていないものも多いし、そもそも医師の処方箋がないと買えないものばかり。

 

日本でアメリカ製の育毛剤を購入するにはどうすればいいのか。
おすすめの最新育毛剤とともに紹介する。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

アメリカで買える育毛剤を日本でも使いたい!

アメリカで買える育毛剤。つまり、アメリカでは認可されている医薬品ということ。
日本よりもアメリカの方が育毛先進国なので、いろいろな育毛剤が販売されている。

 

一方で、日本で認可されているのは、処方箋が必要なプロペシアと、リアップで市販されているミノキシジルのみ

 

できることならアメリカで買える育毛剤を使いたい!

 

 

そんな人には「海外個人輸入」という方法もある。

 

海外個人輸入は、日本では認可されていない薬でも、広く海外で安全性が認められているものに関しては、個人輸入代行業者を通じて取り寄せることができるもの。

 

薬事法特例で認められている正規の手段である。

 

 

アメリカから個人輸入するときの注意点

 

ただし、薬の海外輸入なので、心配な点もある。

 

  • 本物の薬が送られてくるのか
  • 副作用などで困ったときはどうするのか

 

ということである。

 

まず第一に信頼できる業者を利用することが求められる。
海外輸入業者は本当にたくさんあって、安いからとか適当に選んでいるととんでもないことになりかねない。
特に医薬品なので、偽物の薬を飲んでしまって問題があるとそれこそ大変。

 

ここで掲載しているのは、20年以上の実績のあるオオサカ堂なので、その点は安心ができる。

 

 

次に、副作用について。薬事法特例でも、万が一健康被害があった時などは、自己責任であると明記されている。

 

もちろん、副作用があった時には、病院に駆け込むのであるが、使用前に最低限の副作用の知識を得ておくことが求められるのだ。

 

その点をしっかりクリアすれば、

 

  • アメリカなどの最新版の育毛剤を利用できる
  • 日本で購入するよりも価格が安い

 

などのメリットの多いのも事実である。

 

 

海外個人輸入の詳しい情報はこちらから確認。

 

関連記事AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

アメリカで買えるおすすめ発毛剤

ここではアメリカで人気の発毛剤・育毛剤を掲載する。

 

 

アメリカ発毛剤定番「プロペシア」

 

 

プロペシア(オーストラリア版)1mg

 

言わずと知れたAGA治療薬の代名詞。アメリカなどの育毛先進国では、育毛治療薬としてごく普通に使われている。

 

日本では医師の処方箋が必要であるが、海外個人輸入であれば簡単に手に入れることができる

 

女性は絶対に使ってはならない男性専用の薬

 

 

フィンペシア(プロペシアジェネリック)

 

 

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg

 

フィナステリドを主成分とするプロペシアのジェネリック医薬品的な存在。

 

日本ではプロぺシアは医師の処方が必要であるが、その値段よりも5分の1から8分の1という安価で購入することができる。

 

プロペシアを使っている人がフィンペシアに乗り換えるケースも多い。

 

 

アメリカ版リアップ「ロゲイン」

 

 

ロゲイン(Rogaine)5%

 

日本でも発毛効果が認められているミノキシジル製剤の塗り薬。

 

日本では市販されているリアップシリーズが有名だが、もともとリアップはロゲインの販売権利を得て日本で発売しているものなので、大元はロゲイン。

 

アメリカなどの外国で「ミノキシジル」といえば「ロゲイン」というくらい、世界中で利用されているものである。

 

価格はリアップよりも安く、半額以下の値段で購入できる。

 

 

カークランド(ロゲインジェネリック)

 

 

カークランド(Kirkland)5%

 

ロゲインのジェネリック医薬品であり、ロゲインよりさらに安く購入することができる。
だからアメリカではおそらくこちらの方がポピュラー。

 

ミノキシジルは5%。リアップX5と同じ高配合であり、価格を比べると5分の1程度になるので、リアップを使った後カークランドに乗り換える人も少なくない。

 

 

ポラリス(フォリックス)

 

 

フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]

 

ポラリスは、ロゲインと同様ミノキシジルを主成分とする塗り薬。

 

ポラリスにはバージョンがあって、それぞれミノキシジルの配合が違っていたり、ほかの成分(フィナステリドなど)が配合されていたりする。

 

ところが、2017年より製造メーカーが順次販売中止ており、現在では入手困難な状況。
それに代わる新シリーズとしてフォリックスが人気になっている。

 

こちらにもミノキシジル2%~16%までバージョンがある。

 

他の海外育毛剤・発毛剤を知りたい人はこちらから

関連記事海外育毛剤・毛生え薬【個人輸入】ランキングtop5 | アメリカ製発毛剤まとめ

 

 

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ