薄毛を改善する育毛剤【Best3】頭頂部に一番効くのである!

薄毛育毛剤

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

育毛剤で薄毛を改善する!
薄毛改善といえばやっぱり頭頂部となるが、なんといっても育毛剤は頭頂部にこそ効果を発揮するのだ。

 

それは育毛剤にどんな効果があるのかを見ていけばわかってくる。

 

ここでは、おすすめの育毛剤とともに、頭頂部の薄毛に効く育毛剤の効果をバッチリ検証していこうではないか!

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

薄毛改善!育毛剤の効果

薄毛を改善するためには、この4つがキーワードとなる。
これらが育毛剤には期待できるということだ。

 

  • 血行を促進する
  • 毛母細胞を活性化させる
  • AGAの影響を抑制して抜け毛を防ぐ
  • 頭皮のダメージを修復する

 

この薄毛を改善する効果を、「天然成分」でやるのが育毛剤。
だから副作用の心配がない。

 

安心に使えるのが育毛剤の最も大きなメリットになるのである。

 

では、細かく見ていこう。

 

 

育毛剤の効果1. 血行を促進する

 

頭皮直下には、細かく毛細血管が走っている。
そのの血流で頭皮や毛根に栄養分を運ぶのだが、血行が悪くなると必要な栄養分が行き届かなくなってしまう

 

それは即、髪の毛の成長を妨げることになるので、薄毛が進んでしまう大きな原因になってしまうのだ。

 

頭皮の血行を良くすることは、育毛剤以外の対策、食べ物や睡眠、生活習慣などでも一番気をつけなければいけないところである。

 

したがって、育毛剤には多くの場合、血行を促進するための成分が配合されている。

 

 

育毛剤の効果2. 毛母細胞を活性化させる

 

髪の毛の元となる毛母細胞。細胞分裂を繰り返し髪の毛として成長する。
この毛母細胞を活性化し、分裂を促すことで髪の毛が生えやすく、成長しやすくなるというわけ。

 

毛母細胞は年齢とともに衰えてきて動きが鈍くなってくる。
早いうちから育毛剤を使っておくと、この効果が役に立ってくる。

 

 

育毛剤の効果3. AGAの影響を抑制して抜け毛を防ぐ

 

薄毛の大きな原因であるAGA。男性ホルモンの影響により薄毛を進行させる。

 

その根源は「ジヒドロテストステロン(DHT)」。悪玉のホルモンで、脱毛ホルモンとも呼ばれている。

 

普通の男性ホルモンが変化するのだが、その時に必要なのが、5αリダクターゼという酵素。
その5αリダクターゼの働きをブロックすることで、抜け毛を防ぐというシステムになる。

 

育毛剤は医薬品とは違い効果はゆるやかであるものの、副作用の心配がない天然成分でDHTを抑えることができるのは非常に大きい。

 

 

育毛剤の効果4. 頭皮のダメージを修復する

 

もう一つ大事なのが、頭皮のダメージを治すこと。
意外とこれに気が付いていない人が多い。

 

いくら頭皮にいい成分を塗ったとしても、頭皮の状態が良くなければ十分に発毛機能が働かないし、ダメージを抱えたままでは肌のバリア機能がなくなり保湿できなくなる、血行が悪くなるなどいいことがない。

 

頭皮のダメージを補修すること。これは育毛剤の中でも最も大切な役割と言っていい。

 

頭皮環境をよくすることで、AGAの進行を遅くすること、加齢による薄毛を防ぐことにもつながってくる。

 

このダメージ補修機能については、医薬品の発毛剤でも入っていない成分で、いy買う部外品、化粧品だから頃配合できるものである。

 

 

頭頂部の薄毛に効果があるわけ

 

さて、何で育毛剤は頭頂部に効果が発揮されるのか。

 

AGAの薄毛には大きく2種類ある。
それは、生え際から薄毛が進行するパターンと、頭頂部から薄毛になっていくパターンである。

 

 

生え際の薄毛は、育毛剤では治しにくいと言われている。それは、M字ハゲの部分には血管がもともと少ないということ、禿げ上がってしばらくたつと、毛穴が塞がってしまうということ。

 

毛穴がふさがってしまってから発毛をさせるのは非常に難しいことと言われているのである。

 

 

その点頭頂部には、毛細血管が無数にあるし、薄毛になってもツルツルになっていない状態であれば、細い毛がかなり残っている

 

この状態が育毛剤の効果が発揮される一つの条件であるといってもいい。

 

 

髪の毛があるうちに頭皮の状態を改善し、血行を良くすることで発毛を促す。これが育毛剤の役割であって、それは頭頂部に一番合っているということがお分かりになると思う。

 

しかし、先にも述べたように、ツルツルになっているところから、育毛剤だけで復活させるのは非常に難しい。
要は、できるだけ早い育毛剤でのケアが大切だということなのだ。

 

 

薄毛を改善するためには、プロペシアやミノキシジルなどの発毛剤を使うのも効果のある一つの手法であるが、使用しているうちな、ずっと副作用に気を付けていかなければならない。

 

その点副作用の心配の極めて少ない育毛剤であれば安心して継続することができる。

 

このような理由から、最初は育毛剤。しかもできるだけ早く使うということを強くおすすめするのである。

 

育毛剤の副作用

育毛剤はそのほとんどが天然成分で作られている。したがって副作用の心配が極めて少ない

 

しかし、副作用が全くないとは言い切れない。
それは、頭皮のトラブルがある場合があるからである。

 

 

育毛剤の副作用「頭皮トラブル」

 

育毛剤は天然成分でできているといっても、人によっては肌に合わない場合がある。

 

元々肌の弱い人、または何らかの原因で自分の肌があれてしまう人は、赤みやかゆみが出る場合があるのだ。

 

 

しかし、これらの副作用的なものは、医薬品の副作用に比べると極めて軽微なものである。

 

例えば、ミノキシジルであれば、使った人の約9%の副作用が報告されている。
その大半は頭皮の炎症。

 

かゆみが出るくらいならいいが、ただれたり炎症がひどくて使えなかったりというような副作用の危険がある。

 

その点では、育毛剤は、「副作用の重篤」さという観点では比にならないのである。

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

薄毛に効く育毛剤通販ランキング

薄毛に効果のある育毛剤を紹介していきたい。

 

ここに記載するのは、基本的にほぼすべての薄毛の症状を改善するのに有効な育毛剤である。

 

頭皮に良い成分を多数配合しているものを中心に掲載していく。

 

 

第1位 プランテルEX

 

プランテル

 

頭頂部の薄毛の改善に加え、M字ハゲ、生え際にも強く作用する育毛剤である。

 

AGAの働きを抑制すると言われている天然成分を多数配合していて、薄毛・抜け毛をストップさせることに注力している育毛剤だ。

 

薄毛に悩んだ時、まず初めに使うべき育毛剤だとおすすめする。

 

 

 

第2位 チャップアップ

 

チャップアップ

 

チャップアップは育毛成分を業界トップクラスで配合している育毛剤である。
つまりオールマイティーの万能型なのだ。

 

成分はすべて天然成分。そしてアルコールや防腐剤なども無添加なので、安全性にも優れている。

 

 

第3位 フィンジア

 

フィンジア

 

フィンジアには、注目の育毛成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」が配合されている。

 

キャピキシルはミノキシジルと同様の発毛効果があると言われていて、しかも天然成分なので副作用がない。
ピディオキシジルはそのミノキシジルの誘導体であり、浸透をサポートする。

 

今までの育毛剤の成分とはカラーの違うアプローチをするフィンジアにも人気が集まっている。

 

 

関連記事決定版!生える育毛剤ランキング【育毛大百科厳選!おすすめ10選】

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

薄毛に効く育毛剤 市販・ドラッグストア

育毛剤は通販で多数販売されているが、ドラッグストアで市販しているものも根強く人気がある。

 

市販の育毛剤の最大メリットは、すぐに手に取って購入することができるということだ。

 

その点では 通販の育毛剤は勝てない。
しかし、市販の育毛剤を購入しようとしている人には勘違いしていることが多くある

 

それは・・・

 

  • 市販の方が安いと思っている
  • 市販の方が効果があると思っている

 

ということである。

 

市販の育毛剤といっても、何でも同じというわけではない。種類があって配合成分も違っている。

 

 

市販の医薬品育毛剤は安くない

 

ドラッグストアで販売しているものの特徴としては、

 

  • 医薬品としてドラッグストアにおいているもの
  • 大手のメーカーが安価で販売しているもの

 

こういったものがほとんど。
育毛剤にはたくさんの種類があるものの、ドラッグストアで販売できる商品数は限られていて、かなり制限される
だから、有名な大手メーカーのものしか置いていないということになる。

 

その中で、医薬品の育毛剤は、ドラッグストアにおいてあるからと言って決して安くはない

 

医薬品の育毛剤といっても、発毛効果が認められているわけではない。
ドラッグストアで市販されているもので、発毛効果が認められているのは「リアップシリーズ」のみで、そのほかは、医薬品ではあるが、「頭皮にいい」とか、「フケやかゆみに効果」があるということで認可されているもの。発毛自体の効果は認められていないのである。

 

 

逆に安価なものは、育毛剤という名前であっても、通販の育毛剤のようにたくさんの成分が入っていない

 

つまり、育毛剤としてはあまりおすすめできるものではない、と言いたいのである。

 

関連記事育毛剤市販ランキング【男性用10選・女性用4選】ドラッグストアで買える安いアイテム

 

 

発毛効果のある医薬品育毛剤

 

医薬品としての効果が欲しいということで、ドラッグストアで市販しているものを選びたいのであれば、発毛効果が認められているリアップしかない。

 

 

そのほかの医薬品の育毛剤は、使ってみるとわかるが、アルコールが多く入っていて非常に使いにくいものや、においがひどくて扱えないものなどが大半。
しかもお値段的にはそこそこ高いというのがわかるだろう。

 

 

日本で市販されている発毛剤と呼べるものはリアップのみであるが、海外個人輸入を利用することで、

 

  • プロペシア(フィナステリド)
  • ミノキシジル

 

といった医薬品を購入することも可能だ。
ただ副作用の心配など、知っておかなければならないことがあるので、そのあたりはこちらの記事を参考にしていただきたい。

 

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

 

安い育毛剤は効果があるのか

 

一方で安い育毛剤というと、育毛トニックとかスカルプローションと呼ばれているものである。

 

2000円くらいの安価で購入することができるが、これらはアルコールやメントールでスースーして、頭皮に効いているような印象を与えるのだが、薄毛に効くような成分はほとんど配合されていないことが多い。

 

アルコールやメントールも刺激物なので、はっきり言ってあまり良くないのである。

 

 

育毛剤の分類の規定として、「ふけやかゆみ」に効くものであっても医薬部外品として認められる。
そういった意味では効果があるかもしれないが、いわゆる毛生え薬として購入者が期待するような効果は見込めないのである。

 

 

そして、ドラッグストアで販売している育毛剤は大手化粧品メーカーのものばかり。
その点では通販の育毛剤の方が超真面目に薄毛の改善に向き合っている。

 

育毛剤の正しい使い方

育毛剤はただ塗ればいいということではなく、正しい使い方をしたほうが効果だってよくなってくる。

 

そのことについて解説していきたい。

 

 

シャンプーの後に塗布する

 

育毛剤を使うときは、シャンプーして頭皮の汚れを取った後の方がいい。
温まって毛穴が開いていることも効果がアップする理由の一つである。

 

朝、夜と2回つける場合も、できれば朝シャンをしてから塗布する方がいい。

 

 

ドライヤーで髪の毛を乾かす

 

シャンプー後、濡れた状態で塗布するよりも多少ドライヤーで乾かしてからの方がいい

 

なぜならば、頭皮の経皮吸収はあまり効率が良くなく、髪が濡れていると育毛剤も薄くなってしまうから。

 

かといって完全に乾かすと、本来は頭皮に吸収させたいのに髪の毛が吸収してしまうので、7分くらい乾かした状態がベストである。

 

少したってから揉み込む

 

頭皮がしっとりするくらい浸透させてから、次は頭皮マッサージをして揉み込む。

 

ことのときの頭皮マッサージはあまり強くやらない方がいい。
あくまでも育毛剤を浸透させる補助として、さらには浸透したときの血行促進のために行うようにしよう。

 

育毛剤の効果がわかるまでの期間

私がおすすめする育毛剤を使って、「全然効かないね」と言われたことがある。
あまりに早かったので「何回使ったのか」聞いたら、なんと3回だけだった

 

そんな簡単に育毛なんてできっこないというのは、このサイトに訪問している人ならお分かりだと思うが、世間の認識なんてそんなものなのである。

 

例えばアンチエイジングの化粧品だって、数回使ったくらいで若返るわけがないのだ。

 

 

育毛剤の効果期間とヘアサイクル

さらに、育毛剤が効くまでの期間にはちょっとした仕組みがある。
それはヘアサイクルの問題

 

 

AGAはヘアサイクルを乱す症状で、髪の毛が抜けてからその次に発毛するまでの期間が長くなる。
そして、生えてきた髪の毛が細く柔らかく、成長しきらずに抜けてしまうのである。

 

 

つまり、現在生えている髪の毛はAGAの影響をしっかり受けているものなので、この髪が太くなったりはしない

 

ポイントは次の髪の毛からが強くなってくる、太くなってくるという点と、発毛サイクルが正常になってきて、ちゃんと発毛するかどうかということなのだ。

 

 

だから、「育毛剤は効果がわかるまで少なくとも3ヶ月かかる」といわれている。
3ヶ月から半年くらいで新しい髪の毛が生えてきて、多少伸びてきたときにその効果が実感できてくるのである。

 

1ヶ月くらい使って、「全然効果が実感できない」なんて、それは当たり前といっていいことなのだ。
育毛は1ヶ月や2ヶ月やってなんとかなるものではない。もっとじっくりと対策していく必要がある。

 

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤は頭頂部の薄毛に特に効果を発揮すると述べたが、では育毛剤と違い、発毛効果が認められている発毛剤はどうなのか。

 

育毛初心者だと、育毛剤と発毛剤のそもそもの違いもおわかりでないケースも考えられるので解説していきたい。

 

 

医薬品と医薬部外品

 

育毛剤と発毛剤、また養毛剤や毛生え薬。呼び方はいろいろあるが、一般的には「みんな同じ」だと思っている人が圧倒的に多い

 

そして、どれを使っても効果はほぼ同じだと思っている人もいる。

 

 

世間の認識を否定することはできないが、育毛剤と発毛剤には一応の分類がある。

 

発毛効果が認められている医薬品を使っているもの、つまりフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルを使っているものが「発毛剤」と分類されている。

 

それ以外の成分を配合しているものは、医薬品を使っていても育毛剤となっている。

 

 

医薬部外品の育毛剤のメリット

 

医薬部外品は医薬品と違って大きなメリットがある。
それは成分をたくさん配合できること。

 

医薬品の場合は、基本的には主要成分は1種類なのに対し、多くの育毛有効成分を配合できるのである。

 

また、新しい育毛成分を配合できるところも大きいメリット。
医薬品だと、認可されるために膨大なデータと研究が必要なので、なかなか時間がかかってしまう。
その点、医薬部外品は海外で育毛に効果があると言われる新成分を配合することができ、非常にフットワークが軽いのだ。

 

そしてなんといっても、副作用がないこと。
医薬品は効果があるけどその分副作用についても危険性があるという点。
安心して使えるというのは非常に大きなメリットになる。

 

 

女性の薄毛を改善する育毛剤

 

女性の薄毛の場合、男性と同じような原因のものもあるが、女性ならではの原因のものもある。

 

 

男性と女性で育毛剤も微妙に配合成分は変わっている。
特に医薬品の場合は、男性には非常に有効であっても、女性は絶対に使ってはいけないというものもあるので、購入する際には十分注意しなければならない。

 

男女兼用の育毛剤もある。
それは、頭皮の健康状態を良くすることが主要目的になっている。
つまり、どんな薄毛にも効果が期待される育毛剤ということでもある。

 

女性の薄毛改善にも、最初は男女兼用のものがいいかもしれない。それが効果があるようならそのまま継続。もし満足いかなければそのほかの原因を探していくというのがおすすめである。

 

関連記事女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

薄毛を改善する育毛剤【Best3】頭頂部に一番効くのである!関連ページ

薄毛・はげの原因は遺伝なのか?母方の祖父に注意。その確率に迫る!
薄毛の原因は悪玉男性ホルモン!ジヒドロテストステロン抑制する対策
ハゲでも恋愛を諦めない!【事実】女性はそれほど気にしてない?
薄毛が急激に進行!【わからない?】薄くなったその原因は?
薄毛の治し方12の育毛対策【シャンプー・食べ物・マッサージ】
発毛育毛にいい食べ物・悪い食べ物。薄毛に効くのはコレだ!
納豆で育毛。大豆の【4倍】薄毛改善!キムチで発毛相乗効果!
卵のビオチンは髪にいい。でも「卵かけご飯」は抜け毛の原因に?
アリナミンEXで発毛!抜け毛を防げるのか。
ダイエットをすると薄毛になる?ホントは怖い【4つのリスク】
薄毛対策はシャンプーを変えることから【必見】そのあなどれない理由
シャンプーの抜け毛50本?100本!正常な本数は普通どのくらい?
湯シャンはハゲが治る?薄毛を改善するシャンプー【3ステップ】
頭皮にかさぶたができる7つの原因と育毛シャンプーが役立つわけ
シャンプーが泡立たない!【薄毛対策】ハゲないシャンプーの仕方
頭皮マッサージで育毛・発毛【やりすぎ逆効果!】毎日5分ちょうどいいやり方
薄毛を治す生活習慣(睡眠・運動・禁煙)
育毛頭皮ケアで薄毛を改善する【3つの要因】
薄毛・はげ治療に有効。ガイドラインに基づく【3つの選択】
薄毛を自分で治す!自力で確実に発毛育毛する方法
AGAを自力で治す。育毛・発毛を確実にする方法
自宅で簡単にできる育毛発毛方法ランキング【TOP6】
生え際・M字の発毛を自力でやる!おでこの産毛を濃く太くする方法
育毛成功ブログまとめ【厳選9選】育毛剤からAGA治療まで体験談掲載
髪の毛スカスカからの復活。治った人の体験談
生え際復活できるか?【画像で検証】このパターンは要注意
生え際発毛成功ブログランキング【超まとめ】7選
若ハゲは治る!『チェック』診断チャート 20代のはげ対策
若ハゲ・薄毛は何歳から始まるのか。ハゲが気になる気にしすぎ?
【抜け毛が目立つ!】抜け毛の本数は何本から注意が必要?
抜け毛の本数は季節で変わる。一番多いシーズンは秋
【若ハゲ】辛い辛すぎる!どうしようもないから受け入れるのか?
20代後半でハゲてきた!薄毛は治るのか!治す方法・対策
36歳ハゲまとめ【2ch掲示板・知恵袋】どうすればいい30代の薄毛対策
つむじはげ対策【基準画像あり】復活!薄毛解消5つのポイント
若ハゲつむじはげの基準と見分け方【画像10選】
つむじが日焼けではげになる!治すには?

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ