抜け毛の本数は季節で変わる。一番多いシーズンは秋

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

抜け毛の本数は季節によって変わる。
一番抜け毛の多い季節は秋。

 

夏に抜け毛予防ができなかった人は、秋にはしっかりケアしていかないといけない
これから冬になると肌が乾燥し抜け毛に追い打ちをかけるからである。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

抜け毛の本数が多い季節。どのくらい違うのか

だいたい普通の季節では1日に50本から100本の抜け毛が発生する。
これはヘアサイクルによるもので、古い髪の毛は抜けて新しい髪の毛が生えてくるから正常なこと。

 

ところが、多いシーズンではその倍くらいの抜け毛が出ても不思議ではないのだ。

 

多い人だと200本から300本の抜け毛があってもおかしくない。

 

急に抜け毛が増えてしまってびっくりすることだろう。

 

そこで気になって病院に駆け込む人もいるが、実は抜け毛の原因は今ではなくだいたい2か月前の頭皮のダメージが原因なのだ。

 

抜け毛の季節は秋と冬

抜け毛のシーズンは秋。そこで抜け毛の本数が一番増える。

 

原因としては、頭皮のダメージが最も大きい。

 

 

髪の毛や頭皮にダメージがあるのは、「夏」であると認識されていると思う。

 

夏は頭皮に強烈な紫外線を受け、髪の毛は相当なダメージを追っている

 

 

その影響があらわれてくるのが2ヶ月くらいたった秋の季節になる。

 

したがって、抜け毛の季節は実は「秋から冬」

 

頭皮がダメージを追ってから、抜け毛がひどくなるまでには数ヶ月のタイムラグがあるので、秋から冬にかけてが一番抜け毛が多くなる季節となるのである。

 

 

夏から秋の時期に時期にきちんとしたケアや育毛対処をして、頭皮のダメージを引きずらないようにしよう。

 

 

髪の毛のダメージがでるのは「秋」!

 

秋冬抜け毛注意報

秋の抜け毛にご注意・・・

夏は強烈な紫外線を受けて、髪の毛と頭皮はかなりのダメージを負っている。

 

夏に紫外線対策をしていなかった場合、そのダメージが目に見えて現れるのが、「秋」である。

 

紫外線の影響はジワリジワリとあらわれて、頭皮にさまざまなトラブルを引き起こしてくる。

 

 

  • 夏の強い紫外線のダメージの蓄積
  • 大量にかいた汗、たまった皮脂で頭皮環境が悪化
  • クーラーによる乾燥で皮膚が弱っている

 

こういったことが秋に「結果」として押し寄せてくるのだ。

 

また、秋は急激に気温が低下する日があって、頭皮の活動が悪くなるということも抜け毛の引き金となる。

 

そして、秋は空気が乾燥する。
乾燥肌は、肌トラブルのもとであり、それは頭皮も変わらないものなのだ。

 

 

季節の変わり目で寒くなって体調の変化が著しい、食べ物がおいしくなってついつい食べ過ぎてしまう、こういったことも細かく効いてくる。

 

 

つまり、秋は抜け毛の条件がすべて整ったような季節
全部頭皮によくないので気をつけなければならない。

 

 

育毛の時期は秋と心得よう

 

育毛剤や育毛シャンプーが売れるのも実はこの時期が一番多い。

 

シャワーのときに抜け毛が目立つようになったとか、枕に抜け毛がいっぱいなんて声がでるのもこの時期である。

 

 

本来は夏にダメージを受けない、残さないということが大切なのであるが、意外と夏には気づかないもの。

 

ダメージが蓄積して目に見えて抜け毛が増えてくる秋・冬にしっかりとした育毛をして頭皮をもとの状態に戻しておかないとおかないといけないのだ。

 

 

秋は夏のダメージが具現化する。抜け毛に要注意!

 

 

冬の抜け毛には別の原因がある!

 

冬こそ「頭皮ケア」
冬こそ「頭皮ケア」
一般的に、頭皮が紫外線をもろに受けてダメージを蓄積する夏。

 

その後「秋」に抜け毛が深刻になるということを述べてきた。

 

しかし、「冬」にはまた違った意味の理由で抜け毛の季節である。冬には冬の対策が必要である。

 

 

冬の抜け毛は「乾燥」が原因

 

冬には徹底した「頭皮ケア」が必要。

 

なぜなら冬は1年で一番空気が乾燥するからだ。
室内では暖房でことさら乾燥する。

 

肌の乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こす。

 

肌荒れで表面が剥がれたり、細菌が入りやすくなり、繰り返していると敏感肌となり刺激に弱い肌になってしまう。

 

フケやかゆみがあるなと思ったときは、肌トラブルかもしれない。抜け毛につながる可能性があるので注意が必要だ。

 

 

冬の抜け毛は「気温」が原因

 

冬は気温が寒くなる

 

寒いことが直接抜け毛に影響するわけではないのだが、寒くなると体の代謝機能が弱まってしまうというところが抜け毛の原因になる。

 

 

運動不足も関連があるう。

 

普段から運動が足りてない人が多いのに寒くなればできるだけ動きたくないと思ってしまうからさらに頭皮には良くない。

 

また、冬は本能的に栄養を溜め込もうとするので、脂肪が増えてくるという側面も。
これも行き過ぎると皮脂分泌が多くなって頭皮のトラブルにつながることもある。

 

 

冬の抜け毛は「糖類」が原因

 

冬は甘いものが欲しくなる。上記でも触れたように、本能的に栄養を確保しようとするということとともに、糖類には体温を上げる作用があるからだ。

 

しかし、体温が上がるのも速いが、その効果が無くなって体温が下がるのも速いし、甘いもののとり過ぎが習慣化すると、内臓が疲れてしまい逆に「低血糖」になったりする。

 

 

また、血液が薄くなってくるので、ミネラルやたんぱく質などの毛髪の生育に欠かせない成分が欠乏してしまう。

 

 

冬の頭皮ケアを怠ってはいけない

 

冬に頭皮ケアをおこたると、春の細胞の生まれ変わりの時期に抜け毛が増えてしまう。

 

食生活をバランスよくし、睡眠を十分にとり、ストレスを溜めすぎず、適度な運動をする。こういった当たり前のことを「冬こそ」やっていくべきである。

 

 

冬は乾燥や気温で抜け毛が増える危険性がある!

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

抜け毛の季節に取りたい対策

抜け毛は頭皮の状態によってだいぶ違いが出てくる

 

肌の調子が良い状態かどうかがポイントになるのだ。

 

 

大事なのはダメージを受けた肌が補修できているかどうか。
そして肌の健康は保湿できまる。

 

 

育毛剤は髪の毛を増やすためのものであるが、頭皮の保湿やダメージの補修にも有効な成分が入っていて、抜け毛の予防や対策には最適のアイテム。

 

秋の抜け毛対策は育毛剤~始めていこう。

 

抜け毛の本数だけじゃない。形状もチェック

 

抜け毛が多くなると「ハゲるのではないか」と焦ってしまうが、抜け毛は本数だけがチェックポイントではない

 

それよりも重要なのが、抜け毛の形状である。

 

毛根が丸まるしているのが正常な状態である。
それが細くなっていたり、変な形をしているのはかなり頭皮の状態が悪い可能性がある。

 

関連記事【抜け毛予防に必見】抜け毛の本数 【100本からが危険信号?】

 

 

さらに、抜け毛に細い髪の毛や産毛が混じっている場合はAGAが進行している可能性が高い。

 

これらの場合、頭皮のケアが急務になる。

 

髪の毛を増やすというよりは、まず頭皮を良くすることに注力して元の状態に戻していかないと、抜け毛が止まらなくなってしまう。

 

 

抜け毛を防ぐには育毛剤がベストな選択

 

育毛剤は頭皮の状態を良くして、健康な頭皮を作り、発毛できる状態にしていく効果がある。

 

抜け毛が多くなっているときは、かなりの確率で頭皮の状態が悪い。
だから育毛剤を使うのがベストな選択になる。

 

抜け毛対策におすすめの育毛剤

 

チャップアップ

 

頭皮ダメージを補修、保湿する成分頭皮の血行を良くするための成分を配合した、抜け毛対策にはぴったりの育毛剤。

 

さらに男性ホルモン抑制のためのオウゴンエキス、センブリエキスなど、業界トップクラスの成分数を配合している。
万能型の育毛剤なのでどのような症状にも作用するので、抜け毛対策・頭皮ケアにはとてもおすすめな育毛剤である。

 

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

抜け毛の本数は季節で変わる。一番多いシーズンは秋関連ページ

薄毛・はげの原因は遺伝なのか?母方の祖父に注意。その確率に迫る!
薄毛の原因は悪玉男性ホルモン!ジヒドロテストステロン抑制する対策
ハゲでも恋愛を諦めない!【事実】女性はそれほど気にしてない?
薄毛が急激に進行!【わからない?】薄くなったその原因は?
薄毛の治し方12の育毛対策【シャンプー・食べ物・マッサージ】
発毛育毛にいい食べ物・悪い食べ物。薄毛に効くのはコレだ!
納豆で育毛。大豆の【4倍】薄毛改善!キムチで発毛相乗効果!
卵のビオチンは髪にいい。でも「卵かけご飯」は抜け毛の原因に?
アリナミンEXで発毛!抜け毛を防げるのか。
ダイエットをすると薄毛になる?ホントは怖い【4つのリスク】
薄毛対策はシャンプーを変えることから【必見】そのあなどれない理由
シャンプーの抜け毛50本?100本!正常な本数は普通どのくらい?
湯シャンはハゲが治る?薄毛を改善するシャンプー【3ステップ】
頭皮にかさぶたができる7つの原因と育毛シャンプーが役立つわけ
シャンプーが泡立たない!【薄毛対策】ハゲないシャンプーの仕方
頭皮マッサージで育毛・発毛【やりすぎ逆効果!】毎日5分ちょうどいいやり方
薄毛を治す生活習慣(睡眠・運動・禁煙)
育毛頭皮ケアで薄毛を改善する【3つの要因】
薄毛を改善する育毛剤【Best3】頭頂部に一番効くのである!
薄毛・はげ治療に有効。ガイドラインに基づく【3つの選択】
薄毛を自分で治す!自力で確実に発毛育毛する方法
AGAを自力で治す。育毛・発毛を確実にする方法
自宅で簡単にできる育毛発毛方法ランキング【TOP6】
生え際・M字の発毛を自力でやる!おでこの産毛を濃く太くする方法
育毛成功ブログまとめ【厳選9選】育毛剤からAGA治療まで体験談掲載
髪の毛スカスカからの復活。治った人の体験談
生え際復活できるか?【画像で検証】このパターンは要注意
生え際発毛成功ブログランキング【超まとめ】7選
若ハゲは治る!『チェック』診断チャート 20代のはげ対策
若ハゲ・薄毛は何歳から始まるのか。ハゲが気になる気にしすぎ?
【抜け毛が目立つ!】抜け毛の本数は何本から注意が必要?
【若ハゲ】辛い辛すぎる!どうしようもないから受け入れるのか?
20代後半でハゲてきた!薄毛は治るのか!治す方法・対策
36歳ハゲまとめ【2ch掲示板・知恵袋】どうすればいい30代の薄毛対策
つむじはげ対策【基準画像あり】復活!薄毛解消5つのポイント
若ハゲつむじはげの基準と見分け方【画像10選】
つむじが日焼けではげになる!治すには?

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ