育毛剤市販ランキング【男性用10選・女性用4選】ドラッグストアで買える安いアイテム

ドラッグストア

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドラッグストアや薬局で市販されている育毛剤をランキングにしてまとめてみた。
ドラッグストアで売っていると、手に取てみることもできるしとっても便利。

 

でも、市販で簡単に購入したいという人が間違っていることがある。
それについは、購入する前に必ずチェックしておこう。

市販の育毛剤を検討している人のよくある間違い

 

もしあなたがこの内容にあてはまっているのなら、ドラッグストアで購入する前にチェックしよう。

 

正しい答えはコチラから

 

メディカルミノキ

発毛剤業界に激震!メディカルミノキ5新発売!!

元SMAPの草彅剛香取慎吾が「ミノキ兄弟」でCM起用!
いままでミノキシジル市場はリアップの牙城だったが、特許が切れたため、これからはジェネリックが解禁になる
その第1弾が「メディカルミノキ5」だ!

 

注意!

 

市販の育毛剤を検討している人のよくある間違い

 

もしあなたがこの内容にあてはまっているのなら、ドラッグストアで購入する前にチェックしなければ間違った育毛をしてしまう

 

 

市販の育毛剤は安いと思っている

 

確かに市販の安い育毛剤は存在する。主なものは「スカルプトニック系」。
ところが、これらのものは男性ホルモンを抑制する成分が入っていないので、AGAには効かない

 

さらには、スーッとする成分は「メントール」や「アルコール」。単に刺激物である。はっきり言って頭皮に良くない。

 

 

もうひとつ。

 

市販の育毛剤でも、医薬品のものは価格が高い
つまり、発毛効果とお値段は単純ではないが比例していて、逆転することはないのである。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

 

今まで育毛剤で効果を感じられなかった人にはこちらがおすすめ

最新育毛成分配合「フィンジア」

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

万能型育毛剤「チャップアップ」

 

 

育毛剤の効果はどれも同じだと思っている

 

育毛剤の効果は成分・内容によって効果も目的も違う。頭にかければどれでも髪の毛が生えると思っているのが、育毛初心者の大きな間違い。

 

自分の薄毛の症状に合った育毛剤を選ぶことがとても重要なのである。

 

自分にあった育毛剤を知りたい人はコチラのページへ
おすすめ育毛剤Yes/No診断チャート

 

 

医薬品でないものは効果がないと思っている

 

日本で発毛効果が認められたものはフィナステリドとミノキシジルのみ。
だから、「他の育毛剤は発毛効果がない」と言っている人もいるがそれも間違い

 

「薬」としての力はないものの、その成分は男性ホルモンを抑制する、頭皮を健康に保つ血行を促進するなどの研究をされてきている成分なのである。

 

確かに認可医薬品の方が効果が高いが、副作用の危険性もある。
一方、医薬部外品のものは効果は緩やかだが、副作用の心配がない。

 

 

医薬品と医薬部外品の育毛剤の違い

  認可医薬品 医薬部外品育毛剤
効果 発毛効果が認められている 男性ホルモン抑制
頭皮の健康状態を良くする
血行促進で発毛環境を整える
副作用 あり
頭皮のただれ
多毛症
心臓への影響など
ほとんど心配なし
成分数 発毛効果のある1種類のみ 育毛に必要なや主成分配合
主な商品

ミノキシジル配合
リアップシリーズ
メディカルミノキ5

プランテル
チャップアップ
フィンジア など

 

 

安いからとか、簡単に手に入るからとか、安易な理由で市販の育毛剤を選択するのはよろしくない

 

女性の化粧品と一緒で、自分にあわないものを使っていれば、育毛効果がないだけではなく、逆効果も考えられる

 

育毛大百科で一番おすすめしている育毛剤はプランテル

 

  • 男性ホルモン抑制
  • 頭皮の補修・保湿
  • 血行促進

 

これらの成分がバランスよく配合されていて、初めて育毛剤を使うという人には特におすすめの万能型アイテムだ。

 

プランテル詳細ページへ

 

ドラッグストアで買える市販男性用育毛剤・医薬品発毛剤

ここでは市販で手に入る有名な男性用育毛剤を紹介する。どれもCMなどで有名なものばかりである。

 

育毛初心者は育毛剤の成分によって効き目に違いがあったり、自分に合っているかどうかという検討をせず、育毛剤なら何でも同じという感覚で購入しているパターンが多い。
そこで辛口の批評も加えてみたので購入するときの参考にしていただきたい

 

 

リアップX5プラス(第1類医薬品)

 

リアップ

 

価格7,611円
内容量60ml

 

大正製薬が発売しているミノキシジル配合の第1類医薬品の発毛剤である。
ミノキシジルが含まれているのは日本ではリアップシリーズだけ

 

ミノキシジルは日本皮膚科学会の推奨度Aの治療薬で発毛効果は厚生労働省にも認められている。

 

その意味では、日本で市販されているもので、正式に医薬品の育毛剤・発毛剤といえるものはリアップだけということになる。

 

2018年に、スカルプDでおなじみの「アンファー」から、ミノキシジル5%配合の「メディカルミノキ5」が発売された。したがって、リアップは日本で唯一の発毛剤ではなくなったのである。

 

メディカルミノキ

 

価格7,800円
内容量60ml

 

 

 

草薙剛と香取慎吾の「ミノキ兄弟」のCMで話題に!
メディカルミノキ5公式ページ

 

ただし、医薬品であるがゆえに副作用の危険性も認識しなければならないということ、お値段もほかの医薬品や医薬部外品の育毛剤に比べると比較的お高いというデメリットがあげられる。

 

 

また、AGAの抑制には血管拡張を促すミノキシジルとともに、フィナステリド(プロペシア)の併用が有効とされている。薄毛治療の病院皮で処方される治療薬もプロペシアが中心で、ミノキシジルはそのサポートという形が多い。

 

関連記事【解明】ミノキシジルが世界中で人気なわけ。その効果と副作用

 

 

リアップシリーズにはさまざまなタイプのものがあるが、ミノキシジルを日本認可の最大量である5%配合しているリアップX5プラスが人気商品

 

テレビCMでも有名である。ただし、60mlで7,000円台とほかの育毛剤に比べてちょっと高い。

 

リアップと同じ成分の医薬品をもっと安い値段で

 

もしミノキシジルが目的であれば、リアップとほぼ同じ成分のロゲインを海外個人輸入すればかなり安い値段で購入できるし、ロゲインのジェネリックのカークランドならさらに安い。

 

こちらのページでは、医薬品の発毛薬の情報が記載しあるので参考に。

 

関連記事発毛剤医薬品男性版ランキング

 

 

ハツモール へアグロアーS(第2類医薬品)

 

ハツモール

 

価格4,104円
内容量170ml

 

田村治照堂が販売している男女兼用の第2類医薬品の発毛促進剤。薬局薬店での取り扱いとなっている。

 

エストラジオール安息香酸エステルという女性ホルモンを配合していて、その効果は多岐にわたり、若はげ、生え際の薄毛、円形脱毛症、びまん性脱毛症などに有用とされている。

 

 

NFカロヤンガッシュ(第3類医薬品)

 

カロヤン

 

価格7,200円
内容量240ml

 

第一三共ヘルスケアが販売する育毛剤。血管を拡張し、血行促進する医薬品成分である塩化カルプロニウムを配合している。

 

第3類医薬品の育毛剤であり、かゆみや発疹などの副作用も報告されている。その他、抗炎症、保湿、抗酸化、肌荒れ防止など、頭皮の健康状態を良くするための成分が多く含まれる。

 

 

日本皮膚科学会の見解では、塩化カロピニウムは推奨度C。用いてもよい判断。
脱毛抑制効果を示したものの、発毛効果は十分に実証されていないということになる。

 

ただし、こちらも比較的頭皮の健康状態を良くするための成分が中心である、DHTを抑制する成分は見当たらない。
もちろん頭皮の健康状態はとても重要だが、AGAの治療としてはお勧めできるポイントがない。

 

 

薬用アデノゲンEX(医薬部外品)

 

アデノゲン

 

価格7,020円
内容量150ml

 

資生堂が独自開発をした発毛成分アデノシンを配合している医薬部外品の育毛トニックだ。アデノシンにはFGF-7を増やす効果が報告されている。

 

FGF-7とは、毛乳頭細胞に働きかけ発毛促進する成長因子である。具体的には、血行を促進する作用、発毛因子を産生する作用、毛根の成長期を伸ばす作用があるということ。

 

しかし、日本皮膚科学会の見解では推奨度C。

 

発毛の有用性を示す根拠が少ないが、副作用が軽微だということで用いてもよいという判断となっている。

 

 

こちらもAGAの原因である男性ホルモンDHTを抑制する成分は一切配合されていないということが気になる点。

 

値段もそこそこするものなので、アデノシンをどうしても試してみたいという人は、アデノゲンスカルプトニックを試してみるといいかもしれない

 

こちらは2,376円。安いというのはメリットだし、ジェット噴射のスプレータイプなので気になるとことに直接かけられるし爽快感もよい。

 

・・・と言ってみたものの、私はあまりおすすめはしない。なぜなら、爽快感のある育毛トニックは、頭皮への刺激がある分良くないという判断。そして、はっきり言ってこの安さでは、気休めにしかならない。

 

 

モウガ 薬用育毛剤(医薬部外品)

 

モウガ

 

価格3,240円
内容量120ml

 

バスクリンの発売する医薬部外品の育毛剤。生薬を配合した育毛成分で、毛細血管を拡張させ血流を増加する作用がある。毛元を太く強く育てて髪にコシを与えるということだ。

 

配合成分はいたってシンプル。有効成分はショウキョウチンキ、センブリエキス、ニンジンエキスの3種類、その他ボタンエキス、エタノール、無水エタノールとこれだけである。

 

  • ショウキョウチンキ※:頭皮血行促進、細胞代謝促進
  • センブリエキス:新陳代謝を促進し細胞を増殖作用
  • ニンジンエキス:血流促進作用と育毛作用
  • 牡丹エキス:頭皮を保湿し、柔軟にする作用

 

※ショウキョウとはショウガのこと。

 

頭皮の状態を良くするということは育毛に最重要と言ってもいい基本的なことであるが、こちらの育毛剤にはAGAに効く効果、つまりDHTを抑制するような成分が一切含まれておらずこの場合の効果は期待できない

 

また、アルコール臭がとても強いし、アルコールは頭皮への刺激が強くあまり使い勝手もよくない。

 

 

値段はオープン価格。通常価格は3,240円だが、実際にはamazonなどで2,000円以下となっていることもあるので、育毛剤としてはかなり安い。

 

 

薬用毛髪力ZZ(ダブルジー)(医薬部外品)

 

発毛力ZZ

 

価格オープン価格
内容量200ml

 

ライオンが販売している医薬部外品育毛剤。

 

  • サイトプリンは髪の毛の成長に必要なタンパク質の生成を促す
  • ペンタデカンがケラチンの合成に必要な栄養を供給する
  • ビタミンE誘導体で血行を促進し髪の毛に栄養を届ける
  • 脱毛の原因になるNT-4タンパク質の生成を抑制する

 

また、保湿作用や皮脂の酸化を抑制する成分を配合している。オープン価格で、2,770円から販売されている。

 

 

.

市販している安い育毛剤 1000円以下のものも!

ドラッグストアでは、通販と違って安い育毛剤が販売されている。

 

先にも述べたように、薄毛の治療に使う育毛剤はできれば人目に触れないところで購入したいもので、ドラッグストアで購入できる商品はいわゆる育毛予備軍からの需要が高い

 

したがってサクセスや、アデノゲンスカルプトニックなどの、ジェット噴射式の安い育毛剤が人気である。単価は1000円台から2000円後半くらいまでのものが主流。

 

しかし、安いものはほとんどが育毛トニックと言われているもので、サクセスなどには、アルコール(エタノール)と頭皮をスーッとさせる成分がほとんどで、育毛トニックには肝心のAGAの進行を食い止める成分が入っていない

 

サクセス薬用育毛トニック

 

サクセス

 

価格オープン価格 1,000円前後
内容量180g

 

花王の販売する育毛トニック。血行促進成分、抗菌効果、かゆみやフケを防止する成分とともに、t-フラバノンを配合し、TGF-β(細胞の正常な成長を阻害するタンパク質)を抑制する。

 

t-フラバノンは日本皮膚科学会のガイドラインで推奨度C「用いてもよい」という評価である。
これは発毛の有効性を示すエビデンスはあるものの数が少ないこと、使っても副作用が軽微で安全だということからなる判断である。

 

 

なんといっても価格が安い!ドラッグストアによっては1000円以下で簡単に手に入れることができるのがメリット。
でも、実際に手に取ってみるとそのアルコール臭の強さに閉口する

 

そしてこの1000円の育毛剤が本当に効果があるのか?
育毛大百科ではサクセス育毛トニックはあまりおすすめしない。その理由はこちらから

 

 

アデノゲン 薬用スカルプトニック

 

アデノゲントニック

 

価格2,376円
内容量130g

 

資生堂開発の「アデノシン」という育毛成分が配合されている。こちらも爽快感がたっぷり。弾力性のある泡でバチバチしる。

 

比較的広く全国のドラッグストアで扱っている育毛剤なので、手に入れることも簡単。お値段も安いのが特徴である。

 

 

スカルプD ジェット

 

スカルプDジェット

 

価格3,240円
内容量180ml

 

スカルプDで有名なアンファーが販売している育毛トニック。炭酸ガスでジェットスプレー式。使い勝手もよい。
しかし、市販と言ってもドラッグストアなどで販売しているところは少なく、東急ハンズなど一部店舗での限定販売となっているようである。もちろん通販では簡単に購入できる。

 

 

育毛有効成分としては、多くの育毛剤に配合されているグリチルリチン酸ジカリウム(甘草抽出エキス)や酢酸DL-α-トコフェロール、タマサキツヅラフジアルカロイドの3種類が配合されている。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症、フケやかゆみを抑える成分で有名。その他頭皮の酸化防止、血行の促進など、細心の育毛剤に多く配合されているような成分が含まれている。

 

 

.

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

ドラッグストアでも市販している女性用の育毛剤

女性用の育毛剤も市販でドラッグストアにおいてあるものが増えてきた。
ここではその代表例を紹介。

 

関連記事女性用育毛剤比較ランキング【20代~50代】市販/安いもの厳選15選

 

 

スカルプDボーテ薬用スカルプエッセンス

 

スカルプDボーテ

 

価格4,320円
内容量120ml

 

スカルプDの女性用育毛エッセンス。血行促進と保湿効果。リデンシル配合で発毛サイクルの正常化に。
香りもいいです。

 

 

セグレタ育毛エッセンス

 

セグレタ

 

価格オープン価格1,900円前後
内容量150ml

 

 

花王からでているヘアケアエッセンス。価格も手ごろ。
頭皮マッサージの時に使ってもよし。

 

 

ちふれ薬用育毛エッセンス

 

ちふれ

 

価格1,944円
内容量200ml

 

ドラッグストアや最近ではスーパーでも見かけるようになった市販品。
安い価格が魅力。詰め替え用は1600円とさらに安い。

 

 

資生堂アデノバイタル

 

アデノバイタル

 

価格7,560円
内容量180ml

 

資生堂が開発した本格女性用育毛剤。基本的にはサロン専用なので、ドラッグストアでは売っていない。
現在のアデノバイタルは2016年にリニューアルしたもの。

 

 

.

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

市販で購入できる育毛剤の特徴は?

ドラッグストア

 

市販で購入できる育毛剤には、大きく分けて2種類ある。

 

医薬品として認可された成分を配合し、薬局や薬剤師のいるドラッグストアで販売しているもの、もう1つは安い育毛剤。安価で比較的簡単に手に取ることができるものである。

 

 

従って、ドラッグストアで購入するときは、本格的な医薬品育毛剤を選ぶのか、爽快感などを求めるいわゆる「育毛トニック」系のものを選ぶのかの判断が求められる。

 

安い育毛剤は、あまり育毛成分的なものは入っていないのでAGAハゲには効くと思えない。その点注意。

 

 

 

市販で医薬品の男性用育毛剤は効果あるのか

では、その効果についてだが、まず知っておきたいのは、日本で厚生労働省にAGAの発毛治療薬として認可されているものは、フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドの3製剤だけであること。

 

その他は医薬品として認可はされているが、AGA治療薬としてではないということである。

 

 

AGA治療薬であるミノキシジルを配合しているのは日本で唯一「リアップシリーズ」のみ
※2018年からスカルプDの「メディカルミノキ」が発売されたので現在では2商品。

 

フィナステリドやデュタステリドは医師の処方箋適用か、海外個人輸入で購入するしかない。
さらに医薬品には相応の副作用の危険性があり、それを最低限認識しなければならない。

 

そのほかの医薬品は、医薬品として認可されているのもの、効果は「発毛効果」ではない

 

頭皮のかゆみを抑えるとか、フケを抑えるとかいうことで認可されているから、医薬品なら発毛効果というのは間違いである。

 

 

医薬部外品の育毛剤は効果がないということではない

医薬部外品はどうかというと、医薬品じゃないので効かないということとはちょっと違う。

 

医薬品の認可を受けるには、莫大な費用と時間、膨大な検証データが必要となる。成分に発毛効果が検証されたとしても医薬品ではなかなか販売できないのである。

 

そこで、医薬部外品や化粧品扱いで販売しているケースもあるということである。

 

 

医薬部外品の育毛剤の成分は、副作用のないレベルにまで薄くしているか、もしくは天然生薬成分を配合し、そもそも副作用の危険性がないものを配合している。

 

 

また、医薬品の育毛剤も市販で販売されているが、これらはやはり大手の医薬品や化粧品メーカーのものが圧倒的に多い。

 

もちろんこういった大手メーカーは販売網を確保しているので店頭には並び安いのである。

 

 

確実に大手としての安心感はあるものの、最新研究の育毛成分であったり、話題の育毛成分などは配合されていないことが多い。その意味では通販の中小メーカーの方が小回りが利いているという点は否めない。

 

関連記事育毛剤の効果を知る!【5つの役割とその成分】

 

 

.

まとめ(結論)

ドラッグストア等で購入できる育毛剤についてまとめてみた。

 

筆者が市販の育毛剤を購入している薄毛者の情報を聞いたりサイトで調べたりしていると、比較的育毛初心者が購入する傾向が強かった

 

確かにドラッグストアや薬局で手軽に手に取れるということはメリットなのだが、育毛剤なら何でもいいと思っている人が圧倒的に多い。これはちょっと危険である。

 

 

育毛剤はその商品によって効果効能が違ってくる。特にAGAの場合にはDHTをブロックする成分が入っていなければ薄毛を防止することはできないのである。

 

その点については、通販のものとよく比較して検討していただきたい

 

 

市販の育毛剤を検討している人のよくある間違い

もしあなたがこの内容にあてはまっているのなら、ドラッグストアで購入する前にチェックしよう。

 

正しい答えはコチラから

 

育毛剤の効果を実感したい人にはコレがおすすめ

M字専用育毛剤「プランテル」

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ