最新育毛剤成分「キャピキシル」ランキング。その効果と最強といわれるわけ

キャピキシル

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

キャピキシルは、カナダのルーカスマイヤー社の開発した育毛成分である。

 

その効果は、ミノキシジルの3倍とも言われていて、注目が集まっている
現在医薬品としての認可はないので、販売する商品は化粧品分類。しかし、この効果が広く実証されてくれば、キャピキシルは育毛の新成分として明らかに期待できる成分なのである。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

.

キャピキシルとは。最強育毛剤と言われる効果があるのか?

キャピキシルは、キャピキシルはカナダのルーカスマイヤー社LUCAS MEYER COSMETICS社で開発された、成長因子と植物エキスを合成した成分である。
イソフラボンの一種ビオカニンAが含まれる「アカツメクサの花」抽出したエキス、4つのアミノ酸で構成される成長因子「アセチルテトラペプチド-3」を合わせている。

 

キャピキシルにはこのような発毛、育毛効果が研究によって確認されている。

 

  • 脱毛の原因である5αリダクターゼを阻害する
  • 頭皮の炎症を抑える
  • 毛母細胞を修復し活性化させる

 

 

キャピキシル

 

こちらは「キャピキシル」のエンブレム。原料メーカーにより認証されるもので、キャピキシル3%以上配合の製品のみがつけることが許されている。

 

 

.

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

キャピキシルの成分「アカツメクサ花エキス」

アカツメクサ

 

アカツメクサは「レッドクローバー」とも呼ばれる植物。ヨーロッパ原産だが、日本でも古くから肌の疾患を治すものとして使われてきているものである。このアカツメクサには「ビオカニンA」という女性ホルモンイソフラボンとよく似た働きをする成分が含まれている。これが、5αリダクターゼを阻害するというのだ。

 

 

5αリダクターゼは、男性ホルモンテストステロンを強力な脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換する際にはたらくもの。つまり、AGAの1番の原因になっているものである。5αリダクターゼを阻害するAGA発毛薬と言えば「プロペシア」である。この治療薬と同じような働きが得られるという。

 

 

.

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

キャピキシルの成分「アセチルテトラペプチド3」

アセルテトラペプチド

 

アセチルテトラペプチド3は非常に強い細胞修復作用を持つ4つのアミノ酸で構成されている。

 

炎症性サイトカインを抑制する

サイトカインには炎症を起こす性質がある。そしてDHTや化学物質などによって分泌が増加する。アセチルテトラペプチド3はこのサイトカインを抑制する働きがある。

 

タンパク質組織を生まれ変わらせる

髪の成長にタンパク質が必須だということは常々述べてきているが、アセチルテトラペプチド3にはタンパク質を活性化する働きがある。3型コラーゲン,7型コラーゲン、ラミニンといったタンパク質の活性化により、毛包の成長を促進する。

 

こちらは、キャピキシルを開発したLUCASMEYER社の研究についての引用である。(原文英語)キャピキシルの効果実績について細かい研究がなされている。

 

ヒトの髪の毛に及ぼすアセチルテトラペプチド-3の影響
実験では毛髪成長の強い刺激を観察した。これはアセチルテトラペプチド-3の方がより活性し、ミノキシジルよりも高い47%の増殖を示した。

 

We observed a strong stimulation of hair growth in these experimental conditions. The activity is better with Acetyl tetrapeptide-3 and has demonstrated a 47% growth which is higher than the growth obtained with Minoxidil

 

 

 

強力な細胞修復能力により傷ついた細胞を修復していく。この作用で、毛母細胞の復元、成長が期待されるということなのである。

 

 

.

ミノキシジルの3倍の効果?

これらのことによって、抜け毛の原因を防ぎ、さらに発毛を促すというのがキャピキシルの効果とされる。その効果はミノキシジルの3倍ともいわれているて、これが「最強育毛剤」といわれるゆえんでもある。だが、はたしてその効果は本当なのか。ここに研究のデータがあるので参照していただきたい。

 

最新育毛剤成分「キャピキシル」ランキング。その効果と最強といわれるわけ

 

CONCLUSION

Acetyl tetrapeptide-3 is able to strongly stimulate the human hair growth. Results obtained with Acetyl tetrapeptide-3 are higher than with Minoxidil, a reference in hair growth treatment.
結論
アセチルテトラペプチド-3は、ヒトの毛の成長を強く刺激することができる。 アセチルテトラペプチド-3で得られた結果は、育毛治療の参考資料であるミノキシジルよりも高い。

 

 

簡単に言うと培養された毛包の組織にキャピキシルとミノキシジルを添加したところ、細胞組織の発毛効果が3倍得られた。ということであった。

 

もちろん、研究には細かな制限がありその条件下で実験した結果、ミノキシジルの3倍の数字結果が得られたというもので、これがそもまま発毛効果3倍という理屈にはならないが、非常に優れた結果が出ていることは間違いない。また、キャピキシルには、ミノキシジル以外にもプロペシアと同じような効果、つまり5αリダクターゼの阻害という働きが確認されているという点、さらに期待度が高くなる。従って現在のところ最強の呼び声が高い育毛剤となっているのだ。

 

 

 

キャピキシルは医薬部外品ではない

このキャピキシルについては、いまだ医薬品として認められていないため、この成分が含まれる商品については日本では「化粧品」分類で販売されることとなる。おそらく、医薬品ではないとその分効果も薄いのではないか?ということになりそうだが、実際はそうとも言い切れない。

 

 

医薬品は認可されるまでに膨大な期間がかかってしまう。また、効能の違う成分同士で配合することができないため、販売するためにはかなりの制約があるのだ。その点化粧品分類であればその障壁がなくなる。天然成分であるため副作用の心配がないこと、様々な育毛に必要な成分を配合できること、さらには販売するまでの期間が短くて済むこと。これらの理由から、あえて医薬部外品で販売しない商品も多数存在しているのである。

 

ちなみに、レッドクローバー(アカツメクサ花エキス)は化粧品としてまつげをボリュームアップする「まつげ育毛剤」などにも使用されていて定着している成分である。

 

 

.

キャピキシル配合の育毛剤ランキング

キャピキシル配合の育毛剤ランキング。配合量やその他の成分分析から順位付けしてある。

 

BOSUTONスカルプエッセンス

BOSTON

 

BOSTONスカルプエッセンス

 

キャピキシル5%配合。さらに、ミノキシジルと似た分子構造を持つ「ピディオキシジル」、抗酸化力、保湿力に優れた「フラーレン」を配合した育毛剤。

 

 

フィンジア(FINJIA)

フィンジア

 

フィンジア

 

キャピキシル5%配合+ピディオキシジル2%配合。カプサイシンを配合し、独自の理論で頭皮の糖化(固くなること)を防ぐ。

 

 

Deeper3D

Deeper3D

 

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D

 

キャピキシル5%+リデンシル3%配合。また、8種類の成長因子(グロースファクター)を独自の技術でキャピキシルに封入している。

 

 

THE SCALP 5.0C

スカルプ5.0

 

THE SCALP 5.0C

 

内容量の90%を占める水にこだわり、頭皮の土台をつくる。発酵熟成プラセンタ配合。

 

 

.

まとめ(結論)

キャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3を併せたもの。この成分にはこのような3つの効果があるといわれている。

 

  • 脱毛の原因である5αリダクターゼを阻害するする
  • 頭皮の炎症を抑える
  • 毛母細胞を修復し活性化させる

 

 

つまりキャピキシルには、ミノキシジルよりも高い効果を謳いさらにはプロペシアと同じような効能もあるといわれている。これが最強育毛剤として人気のわけ。

 

現在では数種類のキャピキシル配合育毛剤が販売されている。

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ