ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!

ザガーロ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ザガーロはデュタステリドを有効成分とし脱毛の原因ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の生成にかかわる5αリダクターゼを阻害する働きの認められた新しいAGA治療薬である。

 

有名なフィナステリド(プロペシア)は、2型の5αリダクターゼを阻害するが、デュタステリドは1型2型ともにブロックすることから、フィナステリドの1.6倍の発毛効果ともいわれている。日本でも2016年より「ザガーロ」が厚生労働省認可となって注目を集めている。

 

ザガーロは医師の処方箋での処方となるが、海外個人輸入を利用して入手できる、デュタステリドジェネリックなどのさまざまな低価格薬も存在している。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

ザガーロが日本でも認可!主成分のデュタステリドとは?

ザガーロ効果

 

ザガーロは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発したAGA治療薬である。
5αリダクターゼの1型2型両方に効果があり、臨床ではフィナステリド(プロペシア)よりもDHT抑制効果があることが確認されている。

 

海外では以前から使用されてきたが、日本でも2015年より正式に認可され、現在ではAGA病院などで医師の診断のもとで処方を受けることができるようになった。

 

 

もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されてきたもので、その歴史は古く、デュタステリド製剤は1996年に特許を得ている。

 

ヨーロッパやアメリカでは「Avodart」(アボダート)というブランド名で広まっている。(日本名は「アボルブ」)

 

日本で認知されるようになったのはザガーロが認可されてからでここ最近という感があるが、実はデュタステリドの特許保護は2015年にすでに終了している。

 

あくまでも前立腺肥大の治療薬としてではあるが、すでにアメリカなどでは様々なジェネリック製剤が発売されていて、低価格で手に入れられるようになってきている。

 

 

面白いことに、このように世界中で前立腺治療薬としてポピュラーなデュタステリドであるが、「AGA治療薬」としての認可は世界で日本が初となる。

 

日本のAGA治療事情もプロペシアからザガーロ主体に変わっていくかもしれない。

 

 

 

ザガーロが薄毛治療で話題になるわけ

ご存知の通り、薄毛治療といえば「プロペシア」(フィナステリド製剤)が有名。脱毛ホルモン"ジヒドロテストステロン(DHT)"を抑制し、薄毛を抑止する。

 

フィナステリドが認知された時には、薄毛者にとっては驚愕であって「発毛の特効薬」として話題をさらった。

 

今でいえばまさに「神薬」。ザガーロ(デュタステリド)も同じくDHT抑制のAGA治療薬なので、いまさら騒ぐ必要もないと思いがちだが、デュタステリドにはフィナステリドにはない大きな効果の違いが存在するのである。

 

.

デュタステリドの効果。フィナステリドとの違い

デュタステリドは強力な脱毛ホルモンであるDHTを抑制する作用がある。

 

これだけだと、フィナステリドと同じ働きであるが、デュタステリドはフィナステリドでは作用しないⅠ型5αリダクターゼに働きかけるという効果が認められている。

 

 

AGAの脱毛メカニズム

かなり専門用語が出てきたのでこれだけだと何を言っているのかわからないかもしれない。

 

そこで「5αリダクターゼ」とAGA脱毛のメカニズムについて簡単に触れておきたい。

 

  • TS=テストステロン  通常の男性ホルモン。男性らしさや元気の源になる重量なホルモンである。
  •  

  • DHT=ジヒドロテストステロン  強力な脱毛ホルモン。これがAGAの最大の敵
  •  

  • AR=アンドロゲン受容体 DHTに結合して活性化させる。ARがDHTに対して感受性が強いかどうかがポイント
  •  

  • Ⅰ型5αリダクターゼ TSをDHTに変換させる酵素 皮脂腺などに存在する
  •  

  • Ⅱ型5αリダクターゼ TSをDHTに変換させる酵素 主に毛乳頭などに存在する

 

 

 

AGAで薄毛が進行する原因は、脱毛ホルモ-ンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」であり、その影響を受けやすいかどうかに関係する「アンドロゲン受容体(AR)」である。

 

DHTがいくらたくさんあっても、ARの感受性が弱ければAGAは進行しにくい。

 

 

ARは遺伝によってその感受性が決まってくるので、変えることができない。
であればDHTを減少させればAGAの進行はとまるというロジックになる。

 

 

ここで出てくるのが、「5αリダクターゼ」である。
正式には5α還元酵素。これが通常の男性ホルモンである「テストステロン(TS)」をDHTに変換する働きを持っている。

 

フィナステリド製剤(プロペシア)であったり、多くの育毛剤は5αリダクターゼを阻害させる働きを持つ成分を配合しているというわけだ。

 

 

デュタステリド(ザガーロ)は1型5αリダクターゼに効果がある

ところが、この5αリダクターゼには3タイプあり、それぞれⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型となっている。

 

中でもⅡ型の5αリダクターゼがDHTに大きく関与していて、フィナステリドはⅡ型を劇的に阻害する。
そのことでAGA治療に大きな効果を上げているのである。

 

フィナステリドが薄毛の改善に大きく役立ったことにより、薄毛にはⅡ型の5αリダクターゼが関与されているとされてきた。

 

ところが、現在ではⅠ型5αリダクターゼについても脱毛の原因となることが分かっている。

 

 

フィナステリド(プロペシア)は、Ⅱ型5α還元リダクターゼのみに作用しⅠ型には効果がない。

 

AGAが発症すると主に皮脂腺に多く存在するⅠ型の5αリダクターゼが活性化し、脱毛を促進させてしまう。
フィナステリドで薄毛の進行が止まらない場合は、Ⅰ型5αリダクターゼの働きであることが大きな原因として考えられる。

 

デュタステリドは、Ⅰ型Ⅱ型ともに作用しともに抑制する効果が認められているのである。

 

 

ザガーロの効果

 

 

デュタステリド(ザガーロ)のAGA治療効果

もともとは前立腺肥大治療薬「アボダート(アボルブ)」として開発されたデュタステリドであるが、2015年に男性型脱毛症治療薬として日本でも承認された。

 

Ⅰ型Ⅱ型ともに抑制する効果が認められたザガーロは、抜け毛の防止、薄毛進行を遅くするということに対し、フィナステリドよりも効果があることが確認されている。

 

 

デュタステリドは、1型および2型の5α-リダクターゼを阻害し、24週間でフィナステリドよりもDHTのより減少させる(94.7%対70.8%)

 

 

 

これは、ザガーロ(デュタステリド製剤)とフィナステリドを24週投与して確認された臨床結果である。

 

ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!

 

 

 

ザガーロ(デュタステリド)はプロペシアと違い、Ⅱ型5αリダクターゼだけでなく5αリダクターゼⅠ型、Ⅱ型の両方をブロックし、DHTを抑制する。

 

この表でも明らかなように、ザガーロはプロペシアよりも強力にDHTを抑制している。

 

実験では、ザガーロ0.5mgとフィナステリド5mgを24週間服用した場合、ザガーロの方が約1.5倍効果が出ていることがわかる。

 

発毛量だけではなく、毛髪を太くする効果も認められている。

 

 

こうなると今まで「神薬」とあがめられてきたプロペシアに変わって神を超える新しいハゲ薬の登場ということになる。

 

育毛業界がザワついているわけである。

 

.

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

デュタステリド(ザガーロ)の副作用

デュタステリド(ザガーロ)の主な副作用ついては

 

  • 性欲の減退
  • ED(勃起障害・精液量減少)
  • 乳房の痛み、肥大

 

などがあげられている。そのほかフィナステリド(プロペシア)と同様の副作用もみられる。

 

その他デュタステリドの「希少」副作用

胸の痛みや不快感/拡張頸静脈/極度の疲労/不規則な呼吸/不規則な心拍/息切れ/顔、指、足、下肢の腫れ/体重の増加/喘鳴

 

 

 

デュタステリドの初期脱毛

フィナステリドと同様、初期脱毛の報告もある
投与を開始して2週間~1か月くらいから脱毛があらわれる。

 

その後通常1~2カ月程度で収まり産毛が生えてくる。

 

初期脱毛のメカニズムははっきり解明されてはいないが、おそらく乱れたヘアサイクルが正常になるようにするためといわれている。

 

 

デュタステリド服用の注意点

  • 男性のAGA「男性の男性型脱毛症」のみ効果が認められている
  •  

  • 円形脱毛症やびまん性脱毛、抗がん剤による脱毛には効果がない
  •  

  • 20歳未満の安全性・有効性については確立されていない
  •  

  • デュタステリド服用中は輸血をしてはならない
  •  

  • デュタステリドは女性は使用できない

 

デュタステリドは、フィナステリド(プロペシア)と同じく女性に対しては【禁忌】である。
また子供に対しても投与してはならない。

 

特に

 

”経皮吸収されることから、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないこと。漏れた薬剤に触れた場合には、直ちに石鹸と水で洗うこと”

 

というくらいで扱いは慎重に行わなければならない。

 

 

グラスコスミスクライン社の「ザガーロ」の取扱要項には、次の禁忌が記載されている。

 

【禁 忌】(次の患者には投与しないこと)

(1) 本剤の成分及び他の 5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者
(2) 女性
(3) 小児等
の項参照]
(4) 重度の肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるため、血中濃度が上昇するおそれがある

 

.

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

デュタステリドの低価格購入について

海外ザガーロ

 

日本では「ザガーロ」が厚生労働省より認可を受けているが、AGAクリニックや皮膚科の病院などで医師の診断により処方されるもので、市販はされてない。

 

 

一般に入手したい場合には、海外個人輸入という形をとればさまざまなデュタステリド製剤を購入することができる。

 

低価格で手に入るインド製ジェネリックなどもかなり流通しているので、上手に活用すればコスト的にもかなりのメリットがある。

 

しかし海外個人輸入はあくまでも完全自己責任で行う必要があるので、最低限の基礎知識を身に着けたうえで利用していただきたい。

 

海外個人輸入についてはこちらを参照:海外個人輸入でのミノキシジル入手

 

 

 

海外個人輸入をで入手できるデュタステリド製剤

先にも触れた通り、ザガーロはAGA専門クリニックや病院の処方箋がなければ入手できないが、海外個人輸入を使って日本でも入手できるデュタステリド製剤はさまざま存在する。

 

いずれもザガーロと同一の有効成分を含有しているものであり、有効に利用したい。

 

 

海外個人輸入にはトラブルもあり、安心して購入できる輸入代理店を利用すること、薬品の最低限の知識をい保有していることが求められる。

 

ここでは長年輸入代理店としての実績のある「オオサカ堂」の商品を紹介している。

 

 

 

 

アボダート(Avodart)0.5mg

 

ザガーロと同じ「グラクソ・スミスクライン社」が製造販売しているアボダート。

 

もともと前立腺肥大の治療であるが、DHT生成にかかわる5-αリダクターゼを抑制する。デュタステリドの先発正規医薬品
・シンガポール発送

 

 

 

 

デュタステリド0.5mg (Veltride)

 

アボダート(アボルブ)のジェネリック医薬品。有効成分は、日本で承認されているザガーロカプセルと同一である。
・シンガポール発送

 

 

 

 

[ザガーロ/アボルブジェネリック]デュタス(Dutas)0.5mg

 

同じくデュタステリドを含有するアボダート(アボルブ)のジェネリック医薬品。ザガーロカプセルと同一の有効成分である。
世界的にも大手のインドのジェネリック製薬会社「Dr.Reddy's Laboratories」製。

 

最も低コストといわれポピュラーなデュタステリド製剤であるが、箱のミシン目が破れているとか薬剤の包装が切れやすいなどの不備も指摘されていて、医薬品に関する最低限の知識を持ったうえで利用いた方がいいだろう。

 

・シンガポール発送

 

 

 

 

[ザガーロ/アボルブジェネリック]デュプロスト(Duprost)0.5mg

 

同様にアボダート(アボルブ)のジェネリック医薬品で、ザガーロカプセルとも同一の有効成分でるが、こちらはプロペシアジェネリックの「フィンペシア」の製造元であるシプラ社の製造である。
・シンガポール発送

 

.

まとめ(結論)

2015年より「ザガーロ」がAGA治療薬として日本で世界初の認可を受けた

 

主成分の「デュタステリド」は1型2型両方の5αリダクターゼに作用する。その点フィナステリド(プロペシア)と違い効果に優位性がある

 

臨床ではフィナステリドの1.5倍の発毛効果が確認されている

 

ザガーロは市販されていないが、同一有効成分の治療薬は海外個人輸入で入手することができる

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!関連ページ

はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解説
AGA(エージーエー)セルフチェック!プロペシアは早い方がいい
AGAクリニックの選び方6つのポイント|評判・口コミをチェック!
AGAクリニックで治療する【6つの理由】
発毛手術「HARG治療法」が誇る【99%の圧倒的発毛率】に迫る
AGA治療費用の相場はどのくらい?賢い選択【3パターン】
植毛の費用はどのくらい?【人気3大クリニック比較】
銀座総合美容クリニックを選ぶ【12の特徴】口コミ掲載
【2018最新情報】毛髪再生医療の実用化はいつ?資生堂と京セラの最新技術
フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い
ミノキシジル効果と副作用。リアップアメリカ版ジェネリック海外輸入通販購入方法
AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法
【2018】最新の発毛剤・育毛法【超まとめ!】認可医薬品・ジェネリック最新情報
「絶対生える」発毛剤ってどんなもの?本当に毛が生えるおすすめ5選
発毛剤の真実 【確定】生える育毛剤のウソホント
AGAに育毛剤が効かない理由【本当に知ってる?】
AGA発毛剤vs育毛剤【本当は効くの効かないの?】
フィナステリド(プロペシア)
デュタステド(ザガーロ)
ミノキシジル

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ