発毛剤の真実 【確定】生える育毛剤のウソホント

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛剤は本当は生えないのに騙されているんじゃないか!

 

  • 「効果には個人差があります」
  • 「生える人もいるが生えない人もいます」
  • 「満足度90%以上!リピーター続出!」

 

これじゃ本当かどうかわからない
自分で納得してから使いたいのだよ。

 

世の中にはいろいろな発毛ブログや情報がある。でもこれで確定。発毛剤の真実をお伝えする。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

発毛剤のウソホント。真実の毛生え薬とは

発毛剤・育毛剤・毛生え薬。
みなさん勘違いしていることがある。いやそれもそのはず。間違った情報がありすぎる

 

発毛材の真実とは何なのか。また真実の発毛剤とはなんなのか。

 

 

発毛剤は生える育毛剤は生えないは嘘

 

まず最初にお伝えしたいのが、発毛剤は生える、育毛剤は生えないというのは嘘だということである。

 

 

「育毛剤は発毛効果が認められていないから生えない

 

 

何も知らずに当たり前のようにこう言っている輩がいる。

 

 

だとしたら、アンチエイジングの化粧品にはアンチエイジングの効果はない
美白化粧品には美白の力がない

 

こういっているのとまったく同じ。

 

 

では、なぜ発毛効果と言えないのか。
医薬品でなければ「発毛効果がある」と言ってはいけない決まりがあるのだ。

 

 

それに、医薬品として認可されるには、長い時間と莫大な研究成果、そしてお金がかかる。

 

また、化粧品や医薬部外品のメリットも大きい
成分数を多数配合できるという点や、薬剤師や医師の処方を必要とせずに販売て着るという点、通販ができるという点。

 

これらのメリットを活かして化粧品や医薬部外品として販売しているものは多数あるのだ。

 

 

だから単純に、「発毛剤は生える、育毛剤は生えない」は嘘。

 

真実は、発毛剤よりも育毛剤の方が効果がゆるやか。その分副作用の心配がない

 

これが正解なのである。

 

 

事実、育毛剤で毛が生えたという症例は多数ある
ステマに騙されてもいけないが、何も研究していないブログに騙されてもいけない。

 

 

育毛剤は発毛の確率なんて言えない

 

「育毛剤が本当に効果があるのなら自信があるのなら、発毛の確率を言えばいい

 

こういったブラフをのたわまっているブログもある。本当に低レベルだと思う。

 

なにを言っているのか。医薬品でなければ、「発毛の確率」は言ってはいけないのだよ。

 

 

だから、育毛剤のコンテンツには「ビフォーアフター」も「発毛確立」も掲載できない。
こんなこと言ったら「薬事法違反」。それは国が発毛効果を認めたことになってしまうからである。

 

 

医薬部外品は、効果とか絶対に生えるとか言ってはいけないのだ。
だから、「満足度」とか「リピート確率」とかいう。これがステマのように感じている人もいるかもしれないが、それは違うのである。

 

 

 

発毛剤の真実それは「副作用」

 

では、発毛剤と言われる「ミノキシジル」の真実について。

 

発毛剤だから毛が生える。それは100%真実とは言えないが、発毛する人が多いのは事実。

 

しかし、実はミノキシジルは発毛薬として開発されている薬ではない

 

もともとは「ロテニン」という高血圧の薬があった。主成分はミノキシジル。
ロテニンを服用した患者の多くに「多毛症の副作用」がみられた。

 

 

それが発毛に効果があるのでは?ということで、使われ始めたのである。

 

ちなみにロテニン自体は日本では認可されていない。それは血圧低下の効果はあるものの、それよりも心臓への影響やむくみ、肝機能障害などの副作用が危険だからである。

 

だから、発毛剤の真実は「多毛症」の副作用なのである。

 

体中の毛が濃くなる。その中で毛髪も生える効果がある。これが真実。

 

 

リアップの真実。日本で唯一の発毛剤ではなくなる

 

日本で唯一の発毛剤として認可されている大正製薬の「リアップ」。

 

日本の医薬品なので安全だし、信頼性があると思っている人もいるかもしれない。

 

実はリアップはアメリカの現ファイザー社の商標「ロゲイン」の日本での販売権利を得て発売しているもの。

 

だから大元はロゲインで、中身の成分もほぼ同じ。リアップは本家ではないのである。

 

 

そして、そのリアップの特許が2017年に切れた。
つまりここからは、ジェネリック医薬品として各医薬品メーカーが「発毛剤」に参入できることになる。

 

日本での最新のミノキシジル製剤は、スカルプDのアンファーが発売した「メディカルミノキ5」。
このほかにもロート製薬他、各医薬品メーカーが参入していく予定。

 

これからはリアップは日本で唯一の発毛剤ではなくなるのである。

 

 

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

絶対に生える発毛剤は本当にあるのか

もう一つ発毛剤には大事な真実がある。

 

それはAGA(男性型脱毛症)の治療に関係がある。

 

AGAは髪の毛の発毛サイクルを乱し、次の毛が生えるまでの休止期が長くなる症状。
そして、髪の毛が成長しきらないようになるので、細く柔らかくなってしまう。

 

AGAは遺伝による男性ホルモンの感受性が原因になっていて、現在のところこれを治す薬や治療はないといっていい。

 

つまり対処療法であって、根本治療ではない。完治はできないということ。

 

 

AGAは完全には治らない。だから発毛剤は使っているときは生えるが、やめたら生えないという真実を知っておいていただきたい。

 

 

発毛剤だけでは生えないが「真実」

 

さらに、AGAは進行性なので、その進行を止めるか遅くすることが重要になる。

 

ミノキシジルは「発毛効果」があるが、AGAを抑制する効果はない

 

だから、発毛効果よりもAGAの進行の速度が早い場合、事実上発毛しないということになるのだ。

 

 

リアップ使ったけど生えない、効果ない

 

という人も多いが、ここにも勘違いがあって、ミノキシジル使う前に、AGAは抑制しているのか、そもそもAGAで確定しているのか。

 

これを検査しないと発毛剤のミノキシジルだけでは生えないのである。

 

関連記事ミノキシジルの効果と副作用【超まとめ】ジェネリック通販購入方法

 

 

絶対に生える発毛剤といわれているのは

 

なんにしてもそうだが、発毛効果が高い発毛剤はあるが、「絶対に生える発毛剤」というものは存在しない。

 

しかし、一番発毛効果がある発毛剤というものはある。

 

それは、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルのコンビである。

 

 

プロペシアはAGAの原因である男性ホルモンを抑制する。
ミノキシジルは血流を良くして発毛を促す。

 

事実、この2つの発毛剤で髪の毛が生えたとか復活したという人は非常に多いし、これが今一番効果があると言われている治療方法。

 

しかし、AGAは進行性であって、抑えることはできるが完治はできない
そして薬の使用をやめればあたAGAが進行を始める。

 

自然治癒という意味では、頭皮の状態を良くするということが最善のポイントになるので、その点では育毛剤の方が有効かもしれない。

 

 

毛穴がなければ絶対に生えない

 

そして、ツルツルになってしまった頭皮からの発毛は非常に難しい。

 

毛穴が閉じてしまっている可能性があるからだ。
毛穴がないのならそこからは毛根ができないし発毛できない。

 

絶対に生える発毛剤であってもそれは不可能であるといっていいだろう。
だからこそ、AGAの薄毛は早めに育毛していくことが重要になる。

 

どうせ進行性でいつかはハゲるんだから。とあきらめてはいけない。

 

育毛のやり方によっては、薄毛の症状を5年、10年と遅らせることも可能だし、そうなれば、年齢と比べて薄くなりすぎないで年を重ねることが可能になるのだ。

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

発毛剤の裏側。医薬品の真実

発毛剤の医薬品で気を付けていただきたいことがある。

 

日本で発毛効果があるということで認可されているのは

 

  • フィナステリド製剤(プロペシアなど)
  • デュタステリド製剤(ザガーロなど)
  • ミノキシジル塗り薬(リアップなど)

 

この3種類だけである。
いずれも、世界的な医薬品大手の会社が認可にこぎつけている。

 

  • プロペシア・・・MSD
  • ザガーロ・・・グラクソスミスクライン
  • ロゲイン・・・ファイザー

 

これからも、医薬品がそう簡単に認可されることはないだろう。
医薬品だから安全性の問題もあって仕方のないことだが、これが真実なのだ。

 

 

つまり、いくらいい成分を配合した育毛剤がその後研究開発を重ねて医薬品としての認可を受けようとしても、そうそう簡単なことじゃない。

 

 

そして、発毛剤にはおしなべて「副作用」がある
公表されているのはいずれも数%で非常に低い数字になっているが、育毛ブログや口コミを見ているとかなりの人が副作用に苦しんでいるのも事実。

 

これはどの医薬品にも言えることだと思うが、医薬品には裏側があるということも認識しておいていただきたい。

 

 

アメリカで支持を得ている発毛剤

 

アメリカで支持を得ている発毛剤は、日本とはちょっと違いがある。

 

日本では、医薬品はその成分だけしか基本配合できない。
発毛効果のある医薬品なら、ミノキシジルだけといった具合。

 

ところがアメリカでは、発毛剤の中に「医薬品にしても医薬品以外の成分にしても」さまざま配合している。

 

 

例えば、アメリカ製のミノキシジル発毛剤で有名な「フォリックスFR」は、ミノキシジルが主成分であるが、そのほか医薬品のフィナステリドを配合していたり、同じく医薬品のアゼライン酸を配合している。

 

日本の規定ではこれはあり得ない。
アメリカでは「育毛に効果がある」と見るや否や、それを配合した新製品が発売されるのだから、そのスピードには目を見張るものがある。

 

アメリカの最新育毛剤・発毛剤は、個人輸入という方法で入手することができる。
しかし、日本では認可されていない医薬品も含まれているということを忘れずに、副作用の知識などをしっかり得たうえで使用していきたい。

 

関連記事発毛剤医薬品ランキング【トップ5】男性版

 

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

発毛剤の真実 【確定】生える育毛剤のウソホント関連ページ

はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解説
AGA(エージーエー)セルフチェック!プロペシアは早い方がいい
AGAクリニックの選び方6つのポイント|評判・口コミをチェック!
AGAクリニックで治療する【6つの理由】
発毛手術「HARG治療法」が誇る【99%の圧倒的発毛率】に迫る
AGA治療費用の相場はどのくらい?賢い選択【3パターン】
植毛の費用はどのくらい?【人気3大クリニック比較】
銀座総合美容クリニックを選ぶ【12の特徴】口コミ掲載
【2018最新情報】毛髪再生医療の実用化はいつ?資生堂と京セラの最新技術
フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い
ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!
ミノキシジル効果と副作用。リアップアメリカ版ジェネリック海外輸入通販購入方法
AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法
【2018】最新の発毛剤・育毛法【超まとめ!】認可医薬品・ジェネリック最新情報
「絶対生える」発毛剤ってどんなもの?本当に毛が生えるおすすめ5選
AGAに育毛剤が効かない理由【本当に知ってる?】
AGA発毛剤vs育毛剤【本当は効くの効かないの?】
フィナステリド(プロペシア)
デュタステド(ザガーロ)
ミノキシジル

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ