【90%以上が実感!】ミノキシジルの発毛効果

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛効果があると正式に認められている「ミノキシジル」。

 

どんな効果があるのか。どのくらいの期間でその効果は発揮されるのか。

 

薄毛を改善するには何が最短距離なのか・・・

 

ここではミノキシジルの効果の仕組みから、正しい使い方まで解説していく。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルは発毛効果の認められた医薬品の育毛薬である。

 

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」でも男女ともに「推奨度A」(男性型脱毛症に有用である)と評価をされている。

 

ミノキシジルデータ

 

ミノキシジル外用の発毛効果に関して、高い水準の根拠があるので、男性型脱毛症に 5%ミノキシジル、また女性型脱毛症に1%ミノキシジルを外用するよう強く勧める。

 

 

推奨度のランクはAからDまであって、その中の最高ランクは"ミノキシジルのA"。

 

男性では、そのほかに「フィナステリド」と「デュタステリド」があるけど、男女とも使えるのはミノキシジルのみである。

 

 

1年で90%以上が薄毛の改善を実感

 

このグラフは、ミノキシジルを含有する「リアップX5」を対象に大正製薬が発表しているデータである。

 

4週間ごとに被験者自身が自分自身の毛髪の状態を「非常に良くなった」「良くなった」「少し良くなった」「変わらなかった」「悪くなった」の 5段階で評価している。

 

ミノキシジルデータ

 

これを見ると、1年間(52週)使用した結果、90%以上の人が発毛効果を実感しているということがわかる。

 

毛髪数の変化とともに、太さも太くなる。これがミノキシジルの発毛効果である。

 

 

ミノキシジルの効果の仕組み

 

ミノキシジルの発毛する仕組みはこのような感じ。

 

  1. ミノキシジルが血管を拡張する
  2. 血管が拡張すると血圧が下がる
  3. 血圧が下がると血流がアップする
  4. 毛包により多くの栄養が運ばれる
  5. 栄養が多くなるので発毛促進される

 

 

ミノキシジルはもともと血圧降下剤であり、血管を拡張する作用がある。
血管が広くなると、血圧が下がるのだが、その際に血圧を元に戻そうとして、心臓が血液をより多く送り出す。

 

したがって血流がアップするのである。

 

さて、髪の毛の発毛には毛根の成長が欠かせない。
そのためには、血液に乗って流れてくる栄養素が必要となる。

 

血行が良くなれば、栄養も多く届くようになるため、毛包から栄養素をとりこみ発毛を促進するということになる。

 

 

ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。ヘアサイクルに変化が起こり小さくなった毛包を大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。

 

毛髪の成長をつかさどる毛包を大きく、深くするミノキシジルの作用をディープグロース効果と呼んでいます。
ミノキシジルは、さまざまなタイプの壮年性脱毛症に対して発毛を促進させます。

 

 

毛包に栄養が十分に送られると、細胞分裂が活発になるので、より新しい髪の毛が生えやすくなってくる。
また、発毛した髪の毛にも栄養が送られるので、より強い、太い髪の毛に成長できるようになる。

 

 

つまり、毛根に栄養が送られること、血流が促進されることは、発毛にとって非常に重要な要素ということなのだ。

 

 

あわせて、頭皮の環境を良くしておくことが大事である。

 

いくら体の血行がアップしても、頭皮の状態が良くないと、上手に栄養をとりこめなくなってしまうから。

 

育毛剤も、そのほとんどが血流のアップ、頭皮の血行促進に注力して開発されているのである。

 

 

ミノキシジルの効果を写真で見たい!

 

ミノキシジルを使って発毛をした人の写真を見たいのなら、育毛ブログが一番。

 

もちろん人によって効果の違いが出てくるのだが、それも発毛の真実ならではのものだ。

 

育毛ブログもいろいろあるが、ここでは、写真の掲載が多いもの、できるだけ長い期間掲載しているものを取り上げているので、ぜひ参考に。

 

関連記事リアップの効果がわかるブログ・体験談【まとめ5選】

 

ミノキシジル効果は「どのくらいの期間」ででるのか

は、ミノキシジルを使用し始めてから、発毛を実感できるまでにはどのくらいの期間が必要なのか。

 

先ほどのデータを見ると、1ヶ月くらいでは発毛を実感できている人はほぼいない

 

それが2ヶ月になると10%強になり3ヶ月でおよそ半数くらいになる。

 

安定して発毛を実感できるようになるには、だいたい半年くらいといったところだろうか。

 

 

ミノキシジルの効果が出るまでの期間には、「発毛サイクル」が関係してくる。

 

ミノキシジルの効果が出るまでの期間の詳細とその理由について詳しくはこちらの記事を参照いただきたい。

 

関連記事ミノキシジル効果の期間「どのくらい」で効果がでるのか!?

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

ミノキシジル「効果ない」のパターン

ミノキシジルを使って「効果がない」という人もいる。

 

このケースでまずひとつ目のパターンは、使い始めてからまだ期間がたっていないこと。

 

 

1ヶ月や2ヶ月で「効果がない」といっているケースも口コミなどではよく見られる。

 

こういった口コミを参考にしたい人は、その人がどのくらいの期間使っているのかをしっかりチェックするようにしよう。

 

 

もうひとつは、生え際、M字ハゲのケース。

 

生え際に効かないと言っているのではないが、もともと生え際やM字部分は頭皮直下の毛細血管が少ない部分である。

 

だから血行が良くなってもあまり効き目がないという指摘もある。

 

 

また、生え際は、AGAの影響をとても強く受ける部分でもある。

 

ミノキシジルで発毛を頑張っていても、AGAの影響による生え際後退のスピードの方が速ければ、見た目にはやはり「効果がない」というふうになってしまうのである。

 

この場合は、AGAの作用を抑制する「プロペシア」との併用を考えたほうがいいだろう。

 

 

M字ハゲの対策についてはこちらに詳しく記載している。

 

関連記事M字ハゲ治った!回復のための初期対策から育毛剤・予防方法【超まとめ】

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

ミノキシジルとプロペシアの併用で効果がアップ!?

ミノキシジルもプロペシアも発毛効果の認められた医薬品である。

 

だから、どっちも効果は同じとか、どっちを使ったらいいのかとか思っている人が多い。

 

しかし、この2つの効果は全く違うもので、もし自分の体に合っているのであれば、「両方を併用する」のがベストな選択になるのだ。

 

 

ミノキシジルとプロペシア併用のメリットについてはこちらから。

 

関連記事ミノキシジルの効果を高める方法「プロペシア」との併用

 

 

フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

フィナロイドは、フィンペシアと同じで「プロペシア」のジェネリック
同じくロテニンのジェネリックのミノキシジルタブレット

 

この2つで発毛効果がアップする。

 

ジェネリックなので価格も非常に安く購入できるのである。

 

ミノキシジルタブレットの効果。外用との違い

ミノキシジルタブレットとは、塗り薬と成分は同じだが、錠剤になっている飲み薬のこと。
略して「ミノタブ」。

 

関連記事ミノキシジルタブレットは危険なのか?ミノタブ副作用と正しい飲み方

 

 

外用ミノキシジルは頭皮に塗るので、患部に直接成分が浸透するが、肌は浸透率が悪いためすべてをとりこむことができない。

 

一方で、ミノタブなら飲む薬なので成分を全部とりこめるが、逆に体全体への影響も考えなければならない。

 

つまりそれぞれにメリットデメリットがあるのだ。

 

 

ただし、ミノタブの方が発毛効果が高いということで、多くの育毛上級者に愛用されているのも事実である。

 

 

ミノキシジルタブレット2.5mg[Lloyd社製]

 

 

ミノキシジルタブレット2.5mg[Lloyd社製]

 

 

ミノキシジルの飲み薬は、市販されているものがないので、日本では医師の処方が必要となる。

 

また、内科や皮膚科の病院だと、プロペシアの処方が主で、ミノタブを処方してくれるところは非常に少ない。

 

 

だから、ミノキシジルタブレットを使っている人は、海外個人輸入で購入しているケースがほとんどである。

 

 

費用は、医師の処方を受けると、だいたい1ヶ月分で10000~15000円なのに対し、海外個人輸入だと3000円程度とかなり安く購入できる。

 

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ