ミノキシジルの効果を高める方法「プロペシア」との併用

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ミノキシジルの効果を高める方法として、「プロペシア」との併用があげられる。

 

同じ発毛効果の認められたミノキシジルとプロペシアだが、その効果は全く別物

 

この2つを併用する。これは、非常に理にかなったやり方であり、この記事の内容を読んでいただければ、プロペシア+ミノキシジル併用がどれだけ重要かということがおわかりいただけるだろう。

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

ミノキシジルとプロペシア併用で効果アップ!

ミノキシジルとプロペシアは、同じように発毛効果の認められている医薬品である。

 

ということは、内容も同じでどっちを使ってもいいのではないか・・・

 

そう思っている人も多いようだが、実はそれは全く違う。

 

 

プロペシアとミノキシジルの発毛効果の違い

 

プロペシア(フィナステリド製剤)は、AGAの原因となる男性ホルモンをブロックする作用がある。

 

薄毛の大きな原因はAGAであり、AGAは進行性なので、放置しておけばどんどん抜け毛が進んでしまうのである。

 

フィナステリドはその働きを抑制して、薄毛を止める、いわば「ディフェンス」の育毛剤と言われている。

 

 

AGAについての詳しい説明はこちらを参考にしていただきたい。

 

関連記事AGAとは。その全容解明 AGAの原因から病院・費用・効果まで

 

 

一方、ミノキシジルは、血行を良くして毛包の細胞分裂や毛髪の成長を促す効果がある。
こちらはフィナステリドに対して「オフェンス」の発毛剤と言われている。

 

 

つまり、いくらミノキシジルで血行を良くしても、AGAの影響が高い人であれば発毛の効果がAGAの進行スピードに勝てないということも起こりうるのである。

 

 

同じ発毛薬だから、どっちを使っても効果は同じとか、どちらを使おうかと悩んでいる人も多い。

 

もちろんどちらも医薬品なので、副作用の危険性もあるし、自分の体に合っているかどうかということも気にしないといけないが、もし自分の体に合っているのであれば、「両方を併用する」とさらに発毛効果がアップするということ。

 

2つの薬は全く別物であって、喜ばしいことに併用が可能なのである。

 

プロペシアとミノキシジルどちらから使うのが正解?

もし一方から使うのであれば、間違いなくプロペシアから使うことをおすすめする。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGAの影響にブレーキをかけることができるからだ。

 

 

薄毛の大きな原因はAGAの男性ホルモン。その働きで毛髪が細くなったり、抜け毛が速くなったりする。

 

プロペシアでAGAを抑制すると、本来の発毛の力が戻ってくるので、それだけでも髪の毛が生える人も多く存在する。

 

 

現に、内科や皮膚科のAGA診療を受けると、まず最初に処方されるのが「プロペシア」で、その後場合によってはミノキシジルが処方されるということになる。

 

 

先にも述べたが、いくらミノキシジルで発毛を促進させたとしても、AGAの影響が濃い人にはなかなか効果が見えてこないということがある。

 

また、ミノキシジルには頭皮の炎症やその他の副作用の確率が高いので、まずはプロペシアを使ってみて様子を見てみるのも一つの方法である。

 

 

プロペシアは市販されていない

 

プロペシアは医師の処方が必要であり市販はされていない

 

だから、薬局やドラッグストアで簡単に手に入るリアップから始める人が多いようだ。

 

しかし、順番で行くとやはりプロペシアの方が優先順位が高くなる。

 

 

日本国内では市販されていないプロペシアであるが、海外個人輸入という方法なら購入することも可能である。

 

また、ジェネリックのフィンペシア、フィナロイドを処方してくれる病院は限られていて、まだまだ少ない。

 

プロペシア(フィナステリド製剤)は長期間使用するものなので、費用的にも負担が大きくなる。

 

その点海外個人輸入なら、日本で買うよりも安く購入できるし、ジェネリックを使うこともできるのでだいぶ負担を減らすことができるのだ。

 

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

プロペシアとミノキシジル併用の副作用

プロペシアもミノキシジルも医薬品であるので副作用が存在している。

 

プロペシアの副作用

 

  • 性欲の減退
  • 勃起不全・ED
  • 抑うつ

 

など、男性ホルモンの作用を抑制する働きがある薬なので、性的な障害出るケースが多い。

 

また、女性には禁忌の医薬品で、飲むことはおろか、触ることもNGである。

 

 

ミノキシジルの副作用

 

  • 心臓への影響(心拍数増加、動悸)
  • むくみ(顔や目の周り、手足など)
  • 頭皮の炎症(かぶれ、ただれ、かゆみ)
  • 体毛の増加
  • めまい、頭痛

 

ミノキシジルの副作用は実に8%以上ある。

 

その中でも特に多いのは頭皮の炎症で、肌に合わない場合は頭皮の状態が即悪くなってしまう。

 

そうなると発毛どころではないので、すぐに使用を中止しなければならない。

 

 

ミノキシジルにもプロペシアにも初期脱毛がある

 

副作用とは違うが、ミノキシジルにもプロペシアにも「初期脱毛の症状」が多くみられる。

 

初期脱毛とは、AGAの影響をすでに受けてしまっている毛根が抜け落ちること。

 

早い人だと1週間くらい、多くは1ヶ月くらいで初期脱毛が起こる。

 

 

どっちにしろ今生えている髪の毛が太くなることはないので仕方がないことなのだが、人によってはごっそり抜け落ちるので、かなりダメージがある。

 

しかし、初期脱毛が起こるということは、ミノキシジルやプロペシアが効いている証拠であって、効果が出やすい体質だともいえる。

 

ほとんどの場合は、1ヶ月くらいすると治まってくるのでそれまで辛抱しないといけないのである。

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

ミノキシジルタブレットとプロペシア併用は可能か

答えは可能。

 

ミノタブとプロペシア、同じく内服タイプの飲み薬であるが、効果が全く違うのと、薬剤の成分が競合しないので、2種類同時に併用しても構わない。

 

 

効果的にはミノキシジル外用とプロペシアを併用したのと同様となる。

 

ちなみに、プロペシアと同じようにAGAの男性ホルモンを抑制する「デュタステリド(ザガーロ)」とプロペシアを併用するのは、用量オーバーとなってしまうのでこれはダメ。

 

 

フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

 

フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品。
同じくミノキシジルのジェネリックであるミノタブ

 

こちらの2種類併用でさらに発毛効果がアップするし、医師の処方で購入するよりもお値段的にグッとお得になる。

 

育毛上級者の間でリピートが一番多いのもこの最強タッグである。

 

 

日本ではミノタブは認可されていないし、プロペシアも医師の処方が必要なのと、まだまだジェネリックを処方してくれる病院も少ない。

 

普通に購入すると、プロペシアが月7000円くらい+ミノタブ10000円くらいとなるが、このセットだと1カ月当たり1600円くらい。

 

実に10分の1程度になるのだ。

 

プロペシア+ミノタブ フィナロイド+ミノタブ
購入方法 病院処方 海外個人輸入
1ヶ月概算 17000円 1600円(10分の1!

 

 

ただし、海外個人輸入においては、購入も使用も完全に自己責任
何かあっってからでは遅いので、最低限の知識を身に着けてから利用するようにしよう。

 

 

海外個人輸入の詳しい知識はこちらから勉強していただきたい。

 

関連記事毛生え薬の飲み薬「プロペシア・ミノタブ」を通販で購入するときの注意点

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ