ミノキシジルの効果と副作用【超まとめ】ジェネリック通販購入方法

日本で発毛効果が正式に認められているのは、AGAを抑制するフィナステリドとデュタステリド。そしてミノキシジルである。

 

ミノキシジルは血行を促進して発毛を促す

 

ただし、効果のある医薬品であるがゆえに副作用の心配も付きまとうのだ。

 

ここでは、ミノキシジルの効果副作用から、海外個人輸入での購入方法まで、正しくミノキシジルを使い発毛するための必要な知識をまとめている。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは「発毛効果」があるということで認可されている医薬品の発毛剤成分である。

 

もともとは血圧の薬で、その服用者に「多毛症」の副作用があったことから、発毛薬として開発されてきた。

 

日本皮膚科学会のガイドラインでは、ミノキシジルは薄毛治療に「男女とも推奨度A」として最高の評価をされている。

 

参考男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

 

 

ミノキシジルの発毛効果

 

血管拡張作用があり、血圧が下がる。そのことで血行促進されて頭皮への血流がアップするようになる。

 

 

毛根の血流が多くなると、毛母細胞の分裂が活発になり成長のスピードがアップ。より強く太い髪の毛が作られる。

 

これが、ミノキシジルの発毛につながる仕組みである。

 

 

ミノキシジルの発毛効果

 

  • 毛包(毛根)に栄養を送り細胞分裂を活発にする
  • 細い髪の毛(産毛)を太くする

 

 

関連記事【90%以上が実感!】ミノキシジルの発毛効果

 

 

ミノキシジルの効果があらわれるまでの期間

 

外用薬のミノキシジルは、少なくとも3ヶ月以上の継続が必要
それ以下の期間では、なかなか効果を実感することはできない。

 

 

髪の毛には、発毛サイクルというものがある。
AGAはこの発毛サイクルを乱す症状。髪の毛が抜けて次の発毛までの期間が長くなってしまうのである。

 

ミノキシジルは、今ある髪の毛が抜けた後、次の髪の毛が生えた時に効果を発揮する
だから、頭皮や毛髪に塗ってすぐに髪の毛が太くなるかというとそうではないのだ。

 

 

発毛サイクルの期間は人によって違いがあるが、少なくとも3ヶ月くらいないと、見た目にわかるまでには次の髪の毛が生えそろってこない

 

3ヶ月で発毛を実感、6か月で見た目に髪の毛が増えたのがわかる、1年で復活、というのが一般的な流れである。

 

関連記事AGAとは。その全容解明 AGAの原因から病院・費用・効果まで

 

 

ミノキシジルの効果を高める「プロペシア」との併用

 

薄毛の原因はほぼほぼAGAである。

 

AGAは男性ホルモンが影響して、髪の毛が細くなったり、発毛サイクルが乱れてしまう症状がでる。

 

このAGAの働きを抑える効果があるのが、プロペシアをはじめとする「フィナステリド製剤」である。

 

ミノキシジルとプロペシアは併用が可能なので、フィナステリドでAGAの作用を抑制しながら、ミノキシジルで発毛を促すという治療方法が一番効果が出やすい方法。

 

多くのAGAクリニックでも使われている治療法である。

 

関連記事毛生え薬を最強にする!「塗り薬」と「錠剤」の併用がおすすめ

 

 

写真でみるミノキシジルの効果

 

実際にミノキシジルを使っている人は、どのくらい発毛効果を実感することができているのか。

 

それを知るには、育毛ブログを参考にするのがいい。

 

ここでは、長い期間にわたって自分の発毛効果を記録しているブログを紹介していきたい。

 

 

効果のほどには個人差が出ているが、それも発毛の真実である。

 

自分の薄毛はどのくらい進行しているのか、どのくらいの治療期間が必要なのかなど、これからの育毛対策に大いに参考になるはずだ。

 

関連記事リアップX5の効果はいつから実感できるのか?発毛した人の【写真&実話体験談】

 

ミノキシジルタブレット(内服薬)

日本で市販されているミノキシジル製剤は、大正製薬のリアップのみ。
リアップは、外用の塗り薬タイプのものである。

 

しかし、ミノキシジルにはもう一つ内服薬タイプのものがある

 

それが「ミノキシジルタブレット(ミノタブ)」というものである。

 

関連記事ミノキシジルタブレットは危険なのか?ミノタブ副作用と正しい飲み方

 

 

ミノキシジルタブレット効果の違い

 

外用のミノキシジルは、頭皮に塗るものなので、薄毛部分に直接作用するのだが、頭皮は浸透性が悪いため、成分の全部を取り入れることができない

 

また、後述する副作用のところでも解説するが、ミノキシジルは頭皮の炎症を起こすことがあるため、自分の肌に合わないという人が多くいる。

 

 

ところが、ミノキシジルタブレットなら飲み薬なので成分の全部を摂り込むことができる。
また、頭皮の炎症については全く心配がない

 

 

その点でも、ミノタブの方が薄毛に効果があるという人が多いのも事実で、一番発毛効果が発揮される治療薬といってもいいだろう。

 

しかし、認可されていない薬であり、さらには内服で取り込むため副作用ことについてもしっかり知っておかなければならない。

 

 

ミノキシジルの内服薬は日本で認可されていない

 

ミノキシジルの認可は外用薬のみであって、内服タイプのミノタブは認可されていない

 

ミノキシジルはもともと血圧の薬なので、その副作用で心臓への影響などが考えられるからである。

 

 

日本では販売されていないので、海外個人輸入で購入することができる。

 

しかし、発毛への効果という点では非常に魅力的ではあるが、通販感覚で安易に購入して服用するのは、副作用の危険があるためおすすめできない

 

本サイトでも、ミノキシジルの副作用について記載しているが、海外個人輸入する際には、しっかりと副作用の知識を持ってから購入するようにしたい。

 

 

おすすめのミノキシジルタブレット

 

ミノキシジルタブレットはロテニンのジェネリック医薬品の総称。ミノタブと一口に言っても種類はかなりある。

 

そのミノタブの中でも、アメリカなどの海外でポピュラーなのが、ボトルタイプのミノタブ。

 

 

Lloyd社製ミノキシジルタブレット

 

 

ミノキシジルタブレット2.5mg[Lloyd社製]

 

 

頭皮からは薬効成分が浸透しにくいのだが、ミノタブであれば成分をすべて取り込むことができるため、発毛効果も高いと言われている。

 

ただし、購入、服用の際には副作用についても注意が必要である。

 

 

関連記事海外育毛剤・毛生え薬【個人輸入】ランキングtop7 | アメリカ製発毛剤まとめ

 

 

ミノキシジルタブレットとフィンペシアの併用

 

先にミノキシジル(外用)とフィナステリド製剤のプロペシアは併用すると効果が高くなると述べたが、ミノキシジルタブレットについても同様である。

 

同じ飲み薬ではあるが併用は可能で、フィナステリドでAGAを抑制しつつ、ミノタブで発毛を促すという効果が期待できる。

 

 

フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品。
プロペシアと成分は同じで、ジェネリックなので価格は安くなる。

 

飲み薬のフィナロイド(プロペシアジェネリック)とミノタブ(ロテニンジェネリック)の育毛セット。

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

ミノキシジル副作用まとめ【意外と危険!】

ミノキシジルは発毛効果のある薬だが、医薬品であるがゆえに副作用の危険性も存在している。

 

リアップシリーズなどは、ドラッグストアで販売されているので、比較的気軽に購入しがちである。

 

しかし、医薬部外品の育毛剤やシャンプーなどとは明らかに違うので、副作用の知識はしっかりと認識していきたい。

 

 

ミノキシジルには副作用がある

 

ミノキシジルにはこのような副作用が報告されている。

 

ミノキシジルの副作用 1.心臓への影響

 

ミノキシジルはもともと血圧降下剤として使われていた薬である。

 

血圧を下げることで、血流を促進させるのだが、血圧が下がると心臓が血液を多く送り出そうとするので、負担がかかってしまう。

 

すると心拍数が上がって、動悸がおきたり心臓がバクバクなったりすることがある。

 

心臓病の持病がある人などは特に注意が必要である。

 

 

ミノキシジルの副作用 2.ED

 

正式な副作用の報告ではミノキシジルでED(勃起不全)になるという報告は入っていない

 

しかし、口コミ(2chや知恵袋など)を見ると、ミノキシジルを使用してからEDになったというような人もいるようである。

 

 

同じ発毛薬の「プロペシア」はEDの副作用があるので、プロペシアと併用したからEDになったのか、もしくはプラセボでEDになったのかもしれない。

 

 

ミノキシジルの副作用 3.むくみ

 

ミノキシジルは血管を拡張させ血液の循環量が増えるので、血液濃度が薄くなる。

 

すると、血液濃度を上げるために、血中の水分を血管の外に出そうとする。

 

そのことで、体の中に水分が余計にたまるようになってくるのである。

 

 

むくみの症状でで一番多いのが顔。目のまわりの腫れがでたり、顔がプクっと大きくむくんでしまったりする。

 

 

また、ミノキシジルに抗利尿作用があるのもむくみの原因の一つとなる。
ミノキシジル自体が、水分をため込むという副作用があるということである。

 

 

ミノキシジルの副作用 4.体毛の増加

 

ミノキシジルには、体毛増加の副作用がある。多毛症とも呼ばれていて、体中の毛が濃くなってくる。

 

毛が濃くなる部分は人それぞれ。

 

ひげが濃くなったりするくらいならいいけど、人によっては眉毛やまつ毛が濃くなったり、肩や背中の毛が濃くなるケースもある。

 

女性用のミノキシジルは1%とか2%のものが最大配合量なのだが、これは体毛が濃くなるからというのが理由の一つでもある。

 

 

ミノキシジルの副作用 5.頭皮の炎症、ただれ・かゆみ

 

ミノキシジルの副作用で一番多いのが、頭皮の炎症である。

 

頭皮につけるタイプのミノキシジルの場合、軽いものでは赤み、かゆみなど。
ひどいと頭皮がただれてしまったりする。

 

この副作用は、8%以上の確率で報告されているので、かなり多いと言わざるを得ない。

 

頭皮の状態が悪くなってしまっては育毛どころではない。すぐに使用を中止するべきである。

 

関連記事【意外と危険?】ミノキシジル副作用完全まとめ

 

 

ミノキシジルの初期脱毛

 

ミノキシジルには初期脱毛の症状がある。

 

使用しだしたら、髪の毛がどんどん抜けてくるので、非常に心配になる。

 

 

これは発毛サイクルの関係。発毛効果のあるプロペシアも同様の症状がみられる。

 

今ある髪の毛はAGAの影響を受けているので、ミノキシジルを使っても太くはならない。

 

問題はその次に生えてくる髪の毛が太くなっているかということ。

 

 

ミノキシジルの効果は、発毛サイクルを正常に戻す段階で、成長の終わった毛髪を抜けさせて、新たな毛髪の準備段階にするということ。

 

細くて成長できていない髪の毛が多く抜ける傾向になる。

 

初期脱毛があるということは、ミノキシジルが効いている証拠ともいえる。

 

 

初期脱毛はどのくらいで治まるのか

 

初期脱毛が治まるまでの期間にも個人差がある。

 

短い人なら1週間、長い人だと2ヶ月くらいこの症状に悩まされることとなる。

 

多くは1ヶ月程度と考えていい。

 

恐らくは、AGAの影響を色濃く受けている人、ミノキシジルの効果が出やすい人ほど、多くの髪が抜けてしまうということになるだろう。

 

 

外用ミノキシジルの濃度による副作用の違い

 

ミノキシジルは濃度によっても副作用の違いが出てくる。

 

現在ドラッグストアや薬局で市販されている「リアップ」は1%のタイプと5%のタイプがある。

 

日本ではミノキシジルの濃度は5%が最大値だが、アメリカなどの海外で個人輸入をすると、15%程度のものまで入手することができる。

 

 

ミノキシジルの濃度が濃ければ発毛効果も期待できるのであるが、その分副作用のリスクも高まるということは認識しておかなければならない。

 

 

ミノキシジルの副作用には、心臓や腎臓にリスクがあるものも含まれるのでその点は特に慎重に。

 

 

よくあるところでは頭皮の炎症である。

 

ミノキシジル濃度が少ないもので頭皮に炎症がでるような場合には、濃いものにすればさらに肌に影響が出るものと思っていい。

 

また、ミノキシジルは髪の毛がベトベトになったりするのだが、これも濃度が高い方が粘着度が高くなる傾向がある。

 

 

危険なのか?ミノキシジルタブレットの副作用

 

ミノキシジルタブレットは、基本的に副作用は外用のミノキシジルと同様である。

 

しかし、内服する薬であるため、さらに体への副作用に注意をしなければいけない。

 

とはいっても、外用であっても皮膚から吸収され、血液に乗って体中をめぐるため、ミノタブだと副作用が出て、外用なら大丈夫ということでもない

 

ただし、ミノタブは日本で認可されていない薬なので、より慎重に使用するというのがポイントとなる。

 

 

海外個人輸入をする場合は、副作用があった場合でも自己責任。
しっかりとした副作用の知識を持ち合わせておくことが必要なのである。

 

また、ミノタブには、ミノキシジル含有量の多いものもある。
医師の処方と違い、自分で選べてしまうので、そのあたりも危険を招くところとなる。

 

ミノキシジルは自分に合っているのかを確認したうえで、最初はミノキシジル含有量の少ないミノタブから使用するように。

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

ミノキシジル通販購入方法

ミノキシジルは第1類の医薬品なので、楽天やamazonなどのいわゆる通販サイトでも、薬の販売許可のある販売店でしか売っていない。

 

現在取り扱いがあるのは、

 

  • リアップシリーズ
  • メディカルミノキ5

 

の2種類のみである。

 

 

一方、ロゲインカークランドフォリックスといった、そのほかのミノキシジル製品を使いたい場合、海外個人輸入という方法で購入することも可能である。

 

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

 

ミノキシジル個人輸入通販での購入方法

 

海外個人輸入とは、薬事法特例で認められた正規の輸入方法

 

個人輸入というと、ちょっと難しい感じもするけど、輸入代行業者のサイトで欧入すれば、通常の通販と同じような感覚で簡単に購入することができるのである。

 

 

しかし、個人輸入の場合は、購入も使用も完全に自己責任となるので、最低限の知識を持って利用することが求められる。

 

特に、海外個人輸入だと「偽薬」があったり、カード払いしたのに商品が届かないというようなトラブルも発生するので、信頼できる業者を選ぶことが最重要になる。

 

 

ミノキシジルの通販ならオオサカ堂

 

オオサカ堂は、長年海外個人輸入をやっている実績のある業者で、育毛関係の取り扱いの多い通販サイトとなる。

 

リピーターも多く、それぞれの医薬品のページには成分鑑定書も記載されているので、安心して利用できる個人輸入業者である。

 

 

オオサカ堂のフォリックスFR

 

 

フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]

 

以前はポラリスNRというのが人気があったが、2017年ころから販売メーカーが製造を中止してきて、品薄に。現在では入手が非常に困難になっている。

 

それに代わるのがフォリックス。ミノキシジル濃度は1%からあるが、上は15%のものもあって、自分の薄毛の症状に合わせて選べるので、ミノキシジル塗り薬の中ではおそらく一番人気が高い

 

 

ミノキシジルタブレット通販個人輸入

 

ミノキシジルタブレットは日本では販売していないので、海外個人輸入で購入する方法しかない。

 

こちらもオオサカ堂での取り扱いがある。

 

 

ミノキシジルタブレット2.5mg[Lloyd社製]

 

ミノキシジル含有の高血圧症治療薬「ロテニン」ジェネリック。
リアップ育毛剤と同じ有効成分で、AGA治療薬の内服タイプとして知られている。
リピート者が多いのも特徴である。

 

ミノキシジル外用薬リアップ

日本で唯一ドラッグストアで市販されているのが、大正製薬のリアップシリーズだ。

 

ミノキシジル1%のリアップ、リアップPLUS、リアップジェット、ミノキシジル5%配合のリアップX5がある。

 

さらに女性用にリアップリジェンヌ(ミノキシジル1%)のシリーズとなっている。

 

 

リアップについて詳しくはこちらで最新の記事を用意しているので参考にしていただきたい。

 

関連記事リアップ【発毛剤・医薬品】の効果と副作用

 

 

リアップシリーズの内容と価格表

 

リアップの種類 ミノキシジル濃度 分類 容量 価格
リアップX5プラス 5% 第1類医薬品 60ml 7048円
リアップ 1% 第1類医薬品 60ml
120ml
"5500円
9500円
リアッププラス 1% 第1類医薬品 60ml 5239円
リアップジェット 1% 第1類医薬品 100ml 3800円
リアプリジェンヌ 1% 第1類医薬品 60ml 5239円

 

ミノキシジルのジェネリック(通販)

医薬品はある一定の年月が経つとその特許が切れて、ジェネリック医薬品が発売できるようになる。

 

ジェネリックは、基本的に成分内容が同じで値段が安いというのが大きなメリット。

 

同じものならジェネリックを有効活用したい。

 

 

ミノキシジルジェネリック「カークランド」

 

ミノキシジルを開発したのは、アメリカの現ファイザー社。商品名は「ロゲイン」である。

 

ロゲインは発毛薬として世界中に認知されている薬で、日本で有名なリアップも、ロゲインの日本での販売権利を得て発売されているものなので、おおもとはロゲインなのである。

 

アメリカでのミノキシジルの歴史は長く、ロゲインには数々のジェネリック医薬品がある。

 

その中でも最も有名なのがカークランドである。

 

 

カークランドはロゲインのジェネリック

 

カークランドは、ミノキシジル5%配合の発毛薬。ロゲインのジェネリックである。

 

リアップに比べるとロゲイン自体も半額以下の値段で買えるのだが、カークランドはさらに安くて、リアップの4分の1くらいの価格になる。

 

実は、カークランドはコストコのプライベートブランドなのだ。
だから、アメリカでは非常にポピュラーな医薬品になっている。

 

日本にも近年コストコが進出してきているが、カークランドはPBであるものの、医薬品であるため日本のコストコでは販売されていない

 

 

ミノキシジル最安は「カークランド」

 

カークランドは、ミノキシジル医薬品の中でも最安の部類になるといっていい。

 

リアップを普通に買うと7000円だが、カークランドを個人輸入すると1800円程度

 

日本でカークランドの愛用リピーターが多いのもうなずけるのである。

 

 

カークランド(Kirkland)5%

 

 

ロテニン(ミノキシジル)ジェネリック「ミノタブ」

 

ミノキシジルタブレットは、もともとは血圧降下剤の「ロテニン」が先発の医薬品。
ミノキシジルタブレットはロテニンジェネリックとなる。

 

ロテニン自体は、発毛薬としては販売されていないため、ミノキシジルタブレットしか存在しないので、いかにも先発医薬品のようであるが、実はジェネリックなのである。

 

 

したがって、発毛薬としては比較的値段が安く、多くの育毛上級者に利用されている。

 

 

フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

ロテニンジェネリックのミノタブ+プロペシアジェネリックのフィナロイドの育毛セット。

 

フィナステリドでAGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑制し、ミノタブで発毛を促す最強発毛薬コンビである。

 

 

リアップジェネリックが販売開始!

 

日本のミノキシジル市場を独占していた「リアップ」であるが、ついに特許切れの時が来た。

 

そして、2018年に待望のジェネリック「メディカルミノキ5」が発売されたのである。

 

メディカルミノキ

 

メディカルミノキ5公式ページ

 

メディカルミノキはスカルプDでおなじみの「アンファー」が発売した医薬品。
ところが、ジェネリックなのに、7,800円。お値段が安くない・・・・

 

これからロート製薬など、日本でも大手の医薬品メーカーがミノキシジル市場に参入してくるようなので、価格が安くなることも出てくるだろう。

 

値段については今後に期待したい。

 

関連記事リアップ 特許切れはいつ?ついにミノキシジルにジェネリック発売の【朗報】

 

 

 

【90%以上が実感!】ミノキシジルの発毛効果

発毛効果があると正式に認められている「ミノキシジル」。どんな効果があるのか。どのくらいの期間でその効果は発揮されるのか。薄毛を改善するには何が最短距離なのか・・・ここではミノキシジルの効果の仕組みから、正しい使い方まで解説していく。

≫続きを読む

 

ミノキシジル効果の期間「どのくらい」で効果がでるのか!?

ミノキシジルを使ったらどれくらいで発毛するの?どれくらいでフサフサになるの?そう思ってミノキシジルを使っている人、だいたい塗ったらすぐに髪の毛が増えると思っている。しかしそんなに甘くはない。ミノキシジルは塗ったらすぐに髪の毛が増える魔法の毛生え薬でないのである。ここでは、ミノキシジルを使って「発毛を...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの効果を高める方法「プロペシア」との併用

ミノキシジルの効果を高める方法として、「プロペシア」との併用があげられる。同じ発毛効果の認められたミノキシジルとプロペシアだが、その効果は全く別物。この2つを併用する。これは、非常に理にかなったやり方であり、この記事の内容を読んでいただければ、プロペシア+ミノキシジル併用がどれだけ重要かということが...

≫続きを読む

 

ミノキシジルタブレットは危険なのか?ミノタブ副作用と正しい飲み方

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルの内服薬である。ミノキシジルは発毛効果が認められていて、日本ではリアップ外用として市販されているが、ミノキシジルタブレットは医師の処方が必要であり、一部の病院でしか処方されないもの。海外個人輸入で購入することはできるけど副作用が心配そういった人に、ミノタブの副作...

≫続きを読む

 

【意外と危険?】ミノキシジル副作用完全まとめ

ミノキシジルは発毛効果のある薬であるがゆえに副作用の危険性もある。これは大正製薬の「リアップX5」の副作用注意書き。これらの副作用を症状別にまとめてみたい。

≫続きを読む

 

体毛が濃くなる!ミノキシジルの副作用「多毛症」

ミノキシジルに、体毛の増加、多毛症があることは、そもそもの開発段階で分かっていたこと。ミノキシジルはもともとはロテニンという血圧の薬で、投与していた患者に発毛の副作用が見られたことから育毛薬として開発されてきた経緯があるのだ。ミノキシジルでどの程度体毛が濃くなるのか、多毛症の確率はどのくらいなのか見...

≫続きを読む

 
育毛剤ランキング 育毛シャンプーランキング 育毛サプリランキング 発毛剤ランキング AGAクリニックランキング

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ