【2018最新情報】毛髪再生医療の実用化はいつ?資生堂と京セラの最新技術

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2012年山中教授がノーベル賞を受賞したとき、もしや髪の毛も再生できるのでは?と世間がわいた。

 

ところがはや数年たち、いまだ髪の毛を毛髪再生医療で生やしたという話はつゆぞ聞かない。

 

「毛髪の再生なんて夢だったのか」。そう思った人も多いかもしれない。
しかし、われわれの知らないところで、毛髪再生医療の研究は着々と進んでいたのだ。

 

では毛髪再生医療の実用化はいつなのか。2018年?2020年?

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

毛髪再生医療とは

再生医療というのは、体の機能が失われてしまったところに自分の他の部分の細胞を培養したものを新たに移植するというもの。

 

これによって失われた機能が復活する可能性がある。

 

iPS細胞で世間がにぎやかだった時にも、マウスの実験で毛が生えたというニュースがあったが、この毛髪再生医療がうまくいけば、頭皮の毛根がない部分に髪の毛が生えてくるかもしれないといった可能性が広がるのである。

 

もちろん、本当に必要な部分、臓器であったりというのが最優先で研究されていると思うが、毛髪再生医療というのも受けたい人が世界中にたくさんいるだろうから、実現の可能性が高い。

 

 

今までは、頭皮の毛穴がない部分に髪の毛を生やすのは難しいことであった。
毛穴が死滅していた場合、そこには毛根はすでになく、したがって髪は生えないのである。

 

それを実現するのは「植毛」という方法のみであった。

 

関連記事植毛の費用はどのくらい?【人気3大クリニック比較】

 

 

植毛は費用も高いし、頭皮を切除するので体の負担も大きい。
また、AGAの影響を受けているところについては進行が進んでしまうので、

 

  • 生え際→植毛→AGA完治
  • 頭頂部→AGA→薄毛の進行がすすむ

 

こんなちぐはぐなことにもなりかねない状況。

 

毛髪再生医療が簡単にできるようになったら、自分の髪の毛ですべてAGAの影響を受けていない毛根をし移植するなんてことも考えられる。

 

 

もうちょっと頑張って育毛を続けていけば、いずれはAGA完治といったことになるかも。

 

期待は膨らむのである。

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

毛髪再生医療の実用化はいつなのか

では、毛髪再生医療の実用化はいつになるのか。

 

iPS細胞の時もかなり大きな期待を抱いたが、そこから数年変化ない。
あまりイメージを大きくしないでいたのだが、もうすでに研究は進んでいた。

 

こちらは2013年の資生堂の毛髪再生医療に関するリリースである。

 

資生堂は、2013年5月16日(木)、カナダのバイオベンチャー企業 RepliCel Life Sciences Inc.(以下、レプリセル社)の「毛髪再生医療技術(RCH-01)」導入に関し、人口 21 億人を擁する日本を含むアジア全域を対象とした技術提携契約について同社と基本合意しました。(中略)

今後、資生堂はレプリセル社の毛髪再生医療技術と当社の技術を組み合わせ、専門医とも連携することで、脱毛症や薄毛に悩む方々に美容と医療を融合した安全で有効な毛髪再生医療の事業化を 5 年をめどにめざします。

 

 

もうお気づきの人もいるだろうが、2013年に発表して、「5年後の毛髪再生医療の事業化をめざすとある。」

 

つまりは2018年がXデーなのだ。

 

ただし、2018年を迎えるにあたり、事実上実用化が2020年以降に見送られたということが明らかになった。
残念。でももう少しというところまでは来ている。

 

 

中高年の悩みの種である薄毛を根治させる再生医療の実用化が見えてきた。髪の毛を作る工場である「毛包」から細胞を取り出し、シャーレで培養して移植する。規制緩和で民間企業の参入が可能になったことで、研究に弾みがつく。

 

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

資生堂の毛髪再生医療技術

資生堂の研究のすごいところは、「毛球部毛根鞘細胞(DSCC)を培養する点」にあるという。

 

難しいことはさておき、簡単に言うと、自分の頭皮を数ミリ採取したもので毛髪再生ができるというのである。

 

 

現在のところ、植毛という方法があるものの、後頭部や側頭部の幅広くとれば傷口も大きくなって体に負担がかかるし、ちょっとづつやると時間がかかってお金もかかってと、いろいろ大変である。

 

それがより簡単にできるようになるかもしれない。

 

資生堂は先の引用にもあるように、世界最先端の技術をもつカナダのレプリセル社の毛髪再生技術を取り入れ研究を進めているところである。

 

京セラ理研の共同研究毛髪再生医療

もう一つ有名なのが、京セラの毛髪再生医療

 

こちらは理化学研究所(理研)と共同で研究を進めている。

 

こちらは、毛乳頭だったり、細胞分裂の指令を出す細胞を培養することで発毛を促すという方法のようだ。

 

 

どうやらマウスの段階では実験に成功しているようである。
こちらも早期の実用化を期待したいところである。

 

 

京セラ株式会社(社長:山口悟郎 以下、京セラ)、国立研究開発法人理化学研究所(理事長:松本紘 以下、理研)および株式会社オーガンテクノロジーズ(社長:杉村泰宏 以下、オーガンテクノロジーズ)は、再生医療分野である「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究契約を締結し、今後、毛包器官を再生して脱毛症を治療する技術や製品の開発を共同で実施することといたしましたのでお知らせいたします。

 

 

理研では、なんと2019年の実用化をめざしているということ。

 

昔は「薄毛を治せたらノーベル賞」とまで言われ、毛髪の再生は難しいものとされていた。ところがiPS細胞をはじめとする再生医療技術によって、その扉は開かれようとしている。2009年にマウスでの歯の再生に成功し、今は2019年の実用化を目指して毛髪の再生医療に取り組む。

 

 

もう、毛髪再生医療は夢という段階ではなくなってきているようである。

 

「もう少し待てば何とかなる」

 

これが現実の段階。

 

だからこそ、ここ数年頑張って育毛しておいた方が確実にいい結果に結びつくことになる。

 

 

毛髪再生医療の値段はどのくらいになるのか(予想)

現在、髪の毛のないところ、毛根のないところに髪の毛を生やすというのは「自毛植毛」しかない。

 

またはカツラの着用である。

 

どちらも費用の面が一番のネックになる。

 

 

毛髪再生医療の実用化が待たれるものの、実際の値段はどのくらいになるのか。

 

 

実は、今のところ、毛髪再生医療の値段は100万円~200万円程度で、自毛植毛よりも安く提供できることを視野に考えられているらしい。

 

まあ、確かにそうか。
自毛植毛と同じくらいかそれよりも安くて、体に負担がかからないとなれば利用する人は多いだろう。

 

 

納得ではあるが、簡単に手の届く値段になるまでにはもう少し時間がかかりそう。

 

それまで育毛を頑張るしかない。

 

関連記事最新発毛剤・毛生え薬ランキング【トップ5】

 

 

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

【2018最新情報】毛髪再生医療の実用化はいつ?資生堂と京セラの最新技術関連ページ

はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解説
AGA(エージーエー)セルフチェック!プロペシアは早い方がいい
AGAクリニックの選び方6つのポイント|評判・口コミをチェック!
AGAクリニックで治療する【6つの理由】
発毛手術「HARG治療法」が誇る【99%の圧倒的発毛率】に迫る
AGA治療費用の相場はどのくらい?賢い選択【3パターン】
植毛の費用はどのくらい?【人気3大クリニック比較】
銀座総合美容クリニックを選ぶ【12の特徴】口コミ掲載
フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い
ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!
ミノキシジル効果と副作用。リアップアメリカ版ジェネリック海外輸入通販購入方法
AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法
【2018】最新の発毛剤・育毛法【超まとめ!】認可医薬品・ジェネリック最新情報
「絶対生える」発毛剤ってどんなもの?本当に毛が生えるおすすめ5選
発毛剤の真実 【確定】生える育毛剤のウソホント
AGAに育毛剤が効かない理由【本当に知ってる?】
AGA発毛剤vs育毛剤【本当は効くの効かないの?】
フィナステリド(プロペシア)
デュタステド(ザガーロ)
ミノキシジル

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ