デュタステリド(ザガーロ)とは。その効果と副作用、フィナステリドとの違い

デュタステリドはAGAの作用を抑制する効果のある発毛治療薬である。

 

以前からフィナステリド(プロペシア)は有名だが、2015年に新しく日本で認可され、多くの発毛治療で使われるようになっている。

 

ここでは、デュタステリドの効果と副作用、発毛効果についてのフィナステリドとの違いなど解説している。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

デュタステリドとは。AGAにどういった効果があるのか

デュタステリドは2015年に、日本で世界に先駆けて認可された新しい発毛治療薬である。

 

AGAの働きを抑制する効果があり、薄毛治療の病院やAGAクリニックでの治療に効果を発揮している。

 

 

デュタステリドとは

 

デュタステリドは、フィナステリドと同じくAGA薄毛の原因である5αリダクターゼを抑制する発毛治療薬である。

 

日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインでは、推奨度A(使うことを推奨する)との評価を受け、現在のAGA治療では一番効果があるとされている発毛剤である。

 

日本皮膚科学会ガイドライン

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

 

 

デュタステリドはもともとは前立腺の治療薬であった「アボダート」(日本ではアボルブと呼ばれている)に発毛効果があることから、発毛薬として開発された。

 

医薬品名としては、グラクソスミスクライン社が販売する「ザガーロ」が有名である。

 

 

AGAを抑制する効果

 

デュタステリドは、AGAの原因となる5αリダクターゼの抑制に効果がある発毛薬である。

 

AGAは男性ホルモン「テストステロン(TS)」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化することによって強力な脱毛効果を発生させる。

 

その変換にかかわるのが、5αリダクターゼであり、デュタステリドは5αリダクターゼを抑制し、AGAの脱毛を抑制する効果がある。

 

 

関連記事デュタステリド(ザガーロ)@2chスレ口コミまとめ。その効果と副作用

 

 

デュタステリドの「新薬」ザガーロ

 

デュタステリドは2015年に「発毛治療薬」として認可された。

 

同じデュタステリド製剤は世界でも使われているが、発毛効果があるとして認可されたのは、日本で発売されている「ザガーロ」が世界初である。

 

ザガーロ

 

関連記事デュタステリド「新薬」ザガーロ。AGAに効く発毛効果

 

 

世界的に大手の医薬品メーカー「グラクソ・スミスクライン(GSK)社」が販売している発毛薬「ザガーロ」

 

もともとは前立腺の治療薬として使われている、アボダートであり、こちらもGSK社が販売している医薬品である。

 

 

ザガーロと同じ「デュタステリド」ザガーロ

 

 

アボダート(Avodart)0.5mg

 

 

もともとはこちらが先発で医薬品発毛剤の認可を受けていて、その後AGAに効果があることがわかった。
AGA発毛剤として認可されているのはザガーロのみだが、大元はアボダート

 

 

アボダートを使えば、ザガーロと同じ成分を安く使うことができる。

 

ザガーロ アボダート
製造会社 グラクソ・スミスクライン社
(両方とも同じ会社の製造)
有効成分 デュタステリド
(両方とも同じ効果)
1ヶ月の価格 9,000円(病院の処方の相場) 3,500円程度

※為替レートにより多少変動あり。

 

デュタステリドとフィナステリドの違いは何なのか

デュタステリドもフィナステリドも同じく5αリダクターゼを抑制する効果がある。

 

以前は、DHT産生には2型のみが関与するとされてきたが、最近の研究で5αリダクターゼ1型も関係していることが分かってきた。

 

2つの医薬品の大きな違いは、フィナステリドが5αリダクターゼ2型を抑制するのに対して、デュタステリドは1型・2型ともに抑制するということだ。

 

 

関連記事デュタステリド「ザガーロ」・フィナステリド「プロペシア」の違い

 

 

フィナステリド(プロペシア)とは

 

フィナステリドは、以前から発毛の治療薬として世界中で使用されている。
AGA薄毛の原因である5αリダクターゼを防ぐ効果がある。

 

その中でも一番有名なのが、プロペシアという医薬品。
全国の内科や皮膚科などの薄毛治療病院では、多くの場合プロペシアが処方されている。

 

プロペシアにはジェネリックもあり、トーワ薬品やサワイ製薬などの有名ジェネリックメーカーからも発売されている。

 

日本では医師の処方箋が必要な薬であって、使用するには処方を受けるほか、海外個人輸入での購入ということができる。

 

 

関連記事フィナステリド(プロペシア)の効果と副作用。安全な購入方法

 

 

デュタステリドとフィナステリドの発毛効果の違い

 

デュタステリド(ザガーロ)はフィナステリドにはない、5α還元酵素1型を抑制する効果がある。

 

では、全体の発毛効果はどのくらい違うかということが気になる。

 

実は「ザガーロ0.5㎎」と「フィナステリド」の発毛効果の比較では、実に1.6倍の発毛効果があったという臨床データも残っている。

 

ザガーロデータ

 

また、髪の毛の数だけではなく、髪の太さに関してもフィナステリドより優位であるということが確認されている。

 

関連記事毛生え薬の新薬「ザガーロ」が【プロペシアの2倍効く】という噂?

 

 

では、プロペシアを使っているよりもザガーロの方がいいではないか、と思うが、効果が高い分副作用についての危険性も高まるというデータがある。

 

 

デュタステリドとフィナステリドの併用について

 

デュタステリドとフィナステリドを併用すれば、さらに発毛効果がアップすると考えるかもしれない。

 

しかし、フィンステリドとデュタステリドは同じように男性ホルモンに働きかける薬なので、用法用量の関係上併用することはできない

 

つまり、デュタステリド単体の量を増やすのと同じで、効果もアップするが、その分副作用のリスクが高まってしまうのである。

 

関連記事デュタステリドとフィナステリドは併用できない!どっちにする?

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

デュタステリド(ザガーロ)の副作用まとめ

発毛に効果のあるデュタステリドであるが、発毛効果が高い分副作用のリスクがあることも忘れてはならない。

 

 

デュタステリドの副作用

 

デュタステリド(ザガーロ)の副作用には、このようなものが報告されている。

 

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 乳房障害(女性化乳房等)
  • 肝機能異常
  • 抑うつ

 

これらの副作用は、おおむねフィナステリドと同様なものである。

 

 

デュタステリドの副作用「性欲の減退・ED」

 

デュタステリドには、性欲の減退(リビドー減退)、勃起不全(ED)、射精障害などの性機能不全が有名である。

 

男性ホルモンに働きかける薬であり、もともとは前立腺の治療薬。
性欲の減退は発表されている確率で言うと低いのだが、思い込みも含め使用者の多くにこの症状がみられているようである。

 

 

デュタステリドでEDを心配する人も少なくない。
確かに副作用の報告でも確率は少ないものの、EDになるというものもある。

 

また、これらの性機能不全の副作用に関しては、「投与中止後も継続したとの報告」もあり、EDっぽくなったのでザガーロを飲むのをやめても数年勃たなかったという人もいるようである。

 

 

デュタステリドの副作用「抑うつ」

 

抑うつ、倦怠感などの副作用の報告もある。

 

服用を続けていると元気がでなくなったり、やる気がなくなって来たりするようなことも口コミでは多くみられる症状だ。

 

 

関連記事デュタステリド(ザガーロ)の副作用とその確率。耐性はあるのか

 

 

デュタステリドの初期脱毛

 

副作用とは違うが、デュタステリドを使う際の注意点として「初期脱毛」のことにも触れておく必要があるだろう。

 

初期脱毛とは、副作用を開始してから2週間から1ヶ月くらい経つと、抜け毛が増えてしまう症状のことである。

 

これは発毛サイクルに関係していて、AGAの影響を受けた細い髪の毛が早めに抜け毛となって、新しい発毛の準備をする段階に入るのだ。

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

デュタステリドのジェネリックを購入する方法

ザガーロは、発毛効果のある医薬品として認可されているが、デュタステリド自体は以前から使われていた医薬品である。

 

つまり、ザガーロのジェネリックはないものの、デュタステリドにはすでにジェネリックが存在するのである。

 

 

デュタステリドジェネリック

 

ザガーロはもともと先発薬「アボダート」と同じデュタステリドを主成分とした発毛薬。

 

日本ではアボルブカプセルと呼ばれているアボダート。
厳密にいうとジェネリックではなくこちらの方が先発薬だが、薬効的には同じなのでザガーロの代りとして使うことができる

 

 

そのほかにもデュタステリドジェネリックとしては、

 

 

などがある。

 

 

デュタステリド(ザガーロ)ジェネリック通販購入方法と注意点

 

デュタステリド(ザガーロ)のジェネリックは海外個人輸入という方法で通販購入することができる。

 

海外個人輸入は、薬事法特例で認められた購入方法であるが、注意することもある。

 

  • 購入使用の際のトラブルについてはすべて自己責任であること
  • 医薬品の副作用や効能については最低限の知識を持って購入すること

 

 

海外個人輸入には、支払いを済ませたのに品物が届かないとか、偽薬が送られてきたなどのトラブルが多い。

 

したがって、信頼できる個人輸入業者を選ぶことが大事になる。

 

当サイトで掲載している発毛剤は、オオサカ堂が取り扱っている。

 

オオサカ堂は長年個人輸入業者として販売していて信頼できる業者であり、育毛上級者からのリピート率も高い。

 

 

関連記事デュタステリド(ザガーロ)ジェネリック通販購入方法

 

 

デュタステリド(ザガーロ)ジェネリック価格比較

 

デュタステリド、ザガーロの価格はクリニックによっても違いがある。

 

相場で言うと、1ヶ月分が9000円前後

 

これがジェネリックやアボダートなどを個人輸入で購入すると、半額以下の値段で購入することが可能になる。

 

アボダートも、同じデュタステリド製剤で、発毛の薬としては認可されていないが、前立腺治療の薬として認可されている医薬品であり、いわばザガーロの先発薬

 

日本国内で発売されている「ザガーロカプセル」、「アボルブカプセル」と同一の有効成分である。

 

同じ「グラクソスミスクライン社」なので、その点でも安心して利用することができる。

 

デュタステリドとミノキシジルで発毛効果をアップする方法

デュタステリドとフィナステリドは併用することができないが、ミノキシジルとなら併用が可能である。

 

 

デュタステリドはAGAの作用を抑制する、いわば「ディフェンス」の発毛剤であるのに対し、ミノキシジルは「オフェンス」の発毛剤ともいわれているのだ。

 

AGAの薄毛を改善するには、この2つの薬の併用が最も効果があると言われている。

 

 

関連記事デュタステリド(ザガーロ)とミノキシジルの併用で効果アップ

 

 

ミノキシジルとデュタステリドの違い

 

ミノキシジルには、血管拡張の作用があり、血行を促進させ発毛を促す効果がある。

 

また、毛乳頭に働きかけ細胞分裂を促し発毛につなげる。

 

デュタステリドとは同じ発毛薬でありながら、デュタステリドとは全く薬効が違う薬である。

 

日本では塗り薬(外用薬)のみが認可されていて、リアップやメディカルミノキ5などが有名。

 

海外個人輸入だと、飲み薬のミノキシジルタブレットも購入することができるが、副作用についてはしっかりとした知識を持たなければならない。

 

 

関連記事ミノキシジルの効果と副作用【超まとめ】ジェネリック通販購入方法

 

デュタステリド「新薬」ザガーロ。AGAに効く発毛効果

ザガーロは有効成分デュタステリドを含有した発毛薬である。AGAの原因となるジヒドロテストステロンの働きを抑え、薄毛を抑制する。今までは薄毛の治療薬といえば、フィナステリドとミノキシジルであったが、2015年に新たにザガーロが厚生労働省より認可され注目を集めている。

≫続きを読む

 

デュタステリド(ザガーロ)@2chスレ口コミまとめ。その効果と副作用

ザガーロやそのほかのデュタステリド製剤の効果や副作用を知るには、実際に飲んでいる人に聞くのが一番。でも、効果には個人差があるので、いろんな人の意見を聞いてみたいもの。それには2chが最適なのだ。2ch(5ch)は本音の書き込みが多いので、こんなときには非常に有用である。そのなかでも、効果があった、な...

≫続きを読む

 

デュタステリド「ザガーロ」・フィナステリド「プロペシア」の違い

デュタステリドの代表的に治療薬は「ザガーロ」同じくフィナステリドは「プロペシア」どちらともAGAの原因となる5αリダクターゼを阻害する医薬品。では、どっちの方がいいのか。デュタステリド・フィナステリドの効果と副作用、どのくらい違いがあるのか見ていきたい。

≫続きを読む

 

デュタステリド(ザガーロ)の副作用とその確率。耐性はあるのか

デュタステリドはAGAを抑制して薄毛を防ぐ発毛剤。2015年に日本でザガーロが認可され、育毛業界の注目を集めている。フィナステリドに比べても効果が高いと言われているデュタステリドだが、その副作用はどのようなものがあるのか。使う前にデュタステリドの副作用確率を見ていきたい。

≫続きを読む

 

デュタステリド(ザガーロ)初期脱毛が辛い!プロペシア切り替えの時の注意点

デュタステリドには初期脱毛がある!髪の毛生やそうと思って飲んでいるのに、2週間から1ヶ月くらいすると、どんどん髪の毛が抜け毛になってスカスカに!これは初期脱毛の症状。初期脱毛があったほうがその後の発毛に効果があるともいわれるが、本当のところはどうなのだろうか・・・

≫続きを読む

 

デュタステリド(ザガーロ)ジェネリック通販購入方法

デュタステリド製剤のザガーロは、2015年に発毛効果が認められたAGA治療薬である。新薬なのでもちろんジェネリックはないはずなのだが、実はジェネリック的存在の医薬品があるのだ。だったらジェネリックのほうが価格が安くていい。どんな薬がジェネリックなのか。購入するにはどうすればいいのか。その方法を解説す...

≫続きを読む

 

ザガーロジェネリックのおすすめランキング 安さか信頼性か?

ザガーロはAGAの治療薬として、現時点で最強と言える育毛医薬品だろう。しかしネックなのがその値段。病院で処方してもらうと1錠300円程度になるので、ちょっと高すぎる。何年も使うものなので、もう少し安くならないものか・・・・そこで「ジェネリック」。成分は同じで安く購入できるザガーロ(デュタステリド)ジ...

≫続きを読む

 

ザガーロの価格を比較。最安値で購入するためのおすすめ技

ザガーロは現在あるAGA治療薬で最強と言われている薬。しかし、クリニックでの処方だと、ちょっと高い。フィナステリド(プロペシア)よりも高めなので、少しでもお安い価格で利用したい。処方してくれるのは内科・皮膚科の病院とAGAクリニック。どこがどのくらいの価格で購入できるのか、そのあたりちゃんと見極めて...

≫続きを読む

 

ザガーロジェネリックをオオサカ堂で購入!【偽物注意!】上手な個人輸入の方法とは

ザガーロは日本では医師の処方せんがないと購入できないもの。さらに、ジェネリックは販売していない。しかし、海外個人輸入なら、ザガーロのジェネリックを購入することができる。個人輸入なら、信頼のできる業者であるオオサカ堂が便利。ここでは上手なザガーロジェネリックの購入方法をお伝えする。

≫続きを読む

 

デュタステリド(ザガーロ)とミノキシジルの併用で効果アップ

デュタステリドとミノキシジルを併用することで、発毛効果がアップする。その仕組み、どうして発毛効果があがるのか。ザガーロとミノキシジルの医薬品としての効果の違いと、一番発毛する併用方法について解説。

≫続きを読む

 
育毛剤ランキング 育毛シャンプーランキング 育毛サプリランキング 発毛剤ランキング AGAクリニックランキング

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ