「絶対生える」発毛剤ってどんなもの?本当に毛が生えるおすすめ5選

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

発毛剤を使うなら、「絶対に生える」方がいいに決まっている。
いろいろ発毛剤・育毛剤はあるけど、本当のところどれが一番効果があるのか

 

 

私が培ってきた最大限の知識を持って答えれば、「絶対に生える発毛剤」は人によって違うということ。

 

これをつけてれば「絶対」というものはなくて、自分にあった発毛剤を見つけることが重要なのである。

 

ここでは、症状やタイプでかわる育毛剤・発毛剤の見つけ方をご教示する。

メディカルミノキ

発毛剤業界に激震!メディカルミノキ5新発売!!

元SMAPの草彅剛香取慎吾が「ミノキ兄弟」でCM起用!
いままでミノキシジル市場はリアップの牙城だったが、特許が切れたため、これからはジェネリックが解禁になる
その第1弾が「メディカルミノキ5」だ!

 

あなたにおすすめの育毛剤早わかり!

育毛剤はなんでも同じじゃない!

育毛剤にはそれぞれ独自開発の成分が配合されている。

つまり、効き目だってそれぞれ違うのだ。

 

育毛剤、何を使っていいかわからない人もわかりやすい、押さえておきたいポイントをお知らせする。

 

M字ハゲ、生え際が気になる人におすすめ

 

M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」

M字ハゲはAGAの影響を濃く受ける。プランテルはAGA抑制成分を配合した「M字専用育毛剤

 

今までの育毛剤に効果を感じられなかった人には

 

最新育毛成分配合「フィンジア」

キャピキシル、ピディオキシジルと、最新の育毛成分を配合。他の育毛剤とは違ったアプローチで発毛を誘う

 

育毛剤が初めての人にはコレがおすすめ

 

万能型育毛剤「チャップアップ」

天然成分なので副作用がない。AGA抑制、頭皮の改善、血行促進と万能型の育毛剤。全額返金保証もアリ

絶対に生える発毛剤とはどんなもの?

現在発毛剤と呼ばれているものは、フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドの3つの医薬品成分。

 

これは、発毛効果があるということで国に認可されているものである。

 

 

その中で、毛生え薬と言われているのは「ミノキシジル」。
血管を拡張して血流を増やすので、髪の毛に栄養がいきやすくなって発毛効果がアップするということになる。

 

  • フィナステリド・・・AGAの原因である5αリダクターゼを抑制する
  • デュタステリド・・・フィナステリドで抑制できない5αリダクターゼ1型に効果
  • ミノキシジル・・・血行を促進&毛乳頭の細胞分裂で発毛を促す

 

 

育毛剤は、天然成分を中心に、髪の毛や頭皮を健やかに保つもの。
頭皮の状態が良くなれば、おのずと自然治癒力がアップして発毛につながるということ。

 

発毛剤、育毛剤、毛生え薬という呼び方があって、どんなくくりになっているのか。
実はこのあたりが非常にわかりずらい。

 

要は、「絶対に生える発毛剤」ってなんなのか。

 

この問いには、「自分に合った発毛剤・育毛剤」を見つけること、そしてその発毛剤を正しく使うこと。これが答えになる。

 

どんなに発毛効果のある成分を使っても使い方が悪ければ発毛しない。

 

育毛に、「これさえ使っていれば絶対毛が生える」はない。
是非このコラムで、確実に発毛するためのテクニックと知識を身に着けていただきたい。

 

一番効果の出る毛生え薬と発毛剤

 

では一番効果のでる毛生え薬、発毛剤はなんなのかについて解説したい。

 

大きくくくって、一番効果が出るということになっているのが、

 

フィナステリドとミノキシジルの併用

 

ということになる。

 

 

 

フィナロイド+ミノタブ

 

 

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

 

フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品。
同じくミノキシジルのジェネリックであるミノタブ

 

こちらの2種類併用でさらに発毛効果がアップするし、医師の処方で購入するよりもお値段的にグッとお得になる。

 

育毛上級者の間でリピートが一番多いのもこの最強タッグである。

 

 

関連記事ミノキシジルの効果を高める方法「プロペシア」との併用

 

 

毛が生える発毛剤とAGAを抑制する発毛剤

 

フィナステリドは、AGAの原因である男性ホルモンを抑制する効果がある。
ミノキシジルには、血流を良くする、毛根の細胞分裂を促すする効果がある。

 

薄毛の原因のほとんどはAGAであり、それは進行性なので、まずはその原因をブロックする必要がある。

 

そしてブロックするだけでは進行が遅くなるものの、毛が生えるわけではない。そこで毛生え薬のミノキキシジルを使って発毛させる。

 

これが、現在のところ「一番効果のある発毛剤」ということになっている。

 

 

しかし、これでも使い方で毛が生えないということにもなるし、副作用で使わない方がよかったという結果にもなりかねない。

 

大事なのは、「自分にあった育毛・発毛」は何なのかを知ることである。

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

あなたにぴったりの発毛剤。タイプ別チェック

薄毛のタイプ、進行状況などにより、必要な育毛方法は変わってくる。
あなたにっぴったりの育毛はなんなのか、調べてみよう。

 

おすすめのタイプ 発毛剤・育毛剤 効果
頭頂部やM字の薄毛の進行が
かなり進んでいる
フィナステリド製剤内服
(プロペシア・フィナロイド・フィンペシアなど)
AGAの抑制。効果が実感できる
人が多いが、副作用のリスクが高い
頭頂部の薄毛、M字や生え際
がスカスカしてきている
ミノキシジル発毛剤
メディカルミノキ5・リアップ・ロゲインなど)
効果は高いが、頭皮に炎症が
でることが多い。その場合は使えない。
薄毛が気になるようになってきた 育毛剤
プランテルEXチャップアップなど)
発毛効果の研究されている成分
だが、天然成分なので効果はゆるやか。
薄毛の予防。これからのハゲが
気になる
スカルプトニック 発毛の効果はなし

 

まず最初に使いたいのは発毛剤ではなく「育毛剤」である。
発毛剤は、効果が高いが、その分副作用があるからだ。

 

逆に、薄毛がかなり進行していて産毛がないというようなところに育毛剤を使っても、あまり効果は見られない。

 

自分の進行状況と薄毛の度合いにあわせた育毛剤や発毛剤をとりいれていくところに、「絶対に生える発毛剤・育毛剤」が存在するのだ。

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

AGAの薄毛に効果を発揮する発毛剤

AGAの薄毛症の場合、男性ホルモンの働きで髪の毛が細くなったり、髪が抜けてから次の髪の毛が生えるまでの期間が長くなったりする。
これは進行性なので、放置しておくとどんどん治りにくくなる。

 

その場合は、AGAの原因である5αリダクターゼをブロックする「フィナステリド」や「デュタステリド」が有効。

 

  • フィナステリド・・・プロペシア、フィナロイド、フィンペシアなど
  • デュタステリド・・・ザガーロ、アボダート、デュタスなど

 

 

プロペシア(オーストラリア版)1mg

 

 

フィナロイド(プロペシアジェネリック)

 

 

フィナロイド1mg (FinaLloyd)

 

フィナロイドは、世界的に有名なプロペシアジェネリックで、発毛有効成分はプロペシアと同じ。
AGAの原因である男性ホルモンを抑制する、フィナステリドを配合している。

 

ジェネリック医薬品なので値段的には格安で、プロペシアの5分の1から10分の価格で購入することができる。

 

医療機関でのプロペシアの相場 7500円/1ヶ月 1錠あたり:250円
フィナロイド(100錠×3箱) 7200円 1錠あたり:24円(10分の1の値段)

 

 

アボダート(アボルブ)

 

 

アボダート(Avodart)0.5mg

 

デュタステリド製剤とし有名な「ザガーロ」と成分が同じで、こちらの方が先発医薬品。

 

 

プロペシアもザガーロも、日本では医師の処方せんが必要な薬で市販はしていない。

 

入手するには、海外個人輸入という方法がある。

 

関連記事海外育毛剤・毛生え薬【個人輸入】ランキングtop5 | アメリカ製発毛剤まとめ

 

 

ただし、医薬品なので副作用の危険性が伴う。プロペシアの副作用については、勃起不全が長く続いたり、抑うつの症状なdもあるので、使う前には十分に注意が必要である。

 

関連記事フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い

 

 

発毛に効果のある毛生え薬

 

ミノキシジルは血管を拡張して血流を促進。髪の毛や毛根に栄養がいきやすくなり発毛効果がある。
日本ではリアップ、メディカルミノキが市販されている。

 

こちらも副作用があるので十分注意したい。

 

関連記事【意外と危険?】ミノキシジル副作用完全まとめ

 

 

アメリカなどの海外では、ミノキシジルの育毛剤は多数あって、それぞれ含有量や配合成分が違っている。
さらに、ロゲインやカークランドなど、内容は同様であっても値段が安いミノキシジルも多くある。

 

 

 

ロゲイン(Rogaine)5%

 

 

 

カークランド(Kirkland)5%

 

 

リアップ・ロゲイン・カークランド比較

  • 内容 リアップ=ロゲイン=カークランド
  • 価格 リアップ>ロゲイン>カークランド
リアップ ロゲイン カークランド
7048円 2700円程度 1600円程度

 

関連記事発毛剤ランキング【トップ5】

 

発毛効果が研究されている育毛剤

育毛剤は、天然成分が中心なので、医薬品に比べるとその効果はゆるやかである。

 

頭皮の環境を整えるというのがその主目的であるが、最近の育毛剤には発毛効果の研究が進んでいる成分を配合していて、育毛剤で髪の毛が生えたという人も多くいる。

 

副作用の心配がほとんどないので、その点が非常に安心。最初に育毛を始めるときには育毛剤からにしたいものである。

 

育毛剤で発毛効果の進んでいる成分は、

 

  • ノコギリヤシ・・・AGAを抑制する効果があるという研究がされている
  • キャピキシル・・・ミノキシジルの3倍の効果があるという研究もある

 

そのほかにも育毛成分は多数。気になる人はこちらの記事に詳細が記載されているので参考に。

 

関連記事医薬部外品の育毛剤有効成分【5つの役割とその効果】

 

絶対に毛が生える!?最新発毛治療

発毛剤や毛生え薬を使っても毛が生えない!

 

そういう人はすでに毛根の部分が弱っていたり死滅している可能性もある。

 

発毛剤以外で発毛させる最新技術としては、

 

  • Harg治療
  • 育毛メソセラピー

 

これらは、頭皮に直接針で栄養や薬を注射する。
外用薬だと肌からの浸透は少ないが、患部に直接薬剤を注入することで、効果がかなり変わってくる。

 

  • 植毛治療

 

植毛は、自分の後頭部や側頭部など、AGAの影響を受けにくい部分から毛根を採取し移植する方法。
自毛植毛だと定着率も高く、成功すればその後はAGAの影響を受けにくいので、自然に発毛してくる。

 

 

これらの手術は、AGA専門クリニックで行うことができる。

 

関連記事AGAクリニックランキング

 

育毛の順番「おさらい」

 

まずは育毛剤から。理由は「副作用がない」こと。これは本当に重要。

 

おすすめの育毛剤『チャップアップ

 

 

次は医薬品の検討。

 

  • プロペシア、ザガーロ・・・病院の診察が必要
  • 海外個人輸入・・・簡単に購入できるが、副作用の知識が必要

 

 

薄毛の進行が進んでいる人はAGAクリニックに相談。

 

この中で、自分がどれに合っているかを見つけることが育毛の近道になる。

 

 

まとめ(結論)

発毛剤の効果を十分に発揮させるために、自分の症状・薄毛の状況などにあわせて選ぶことが大切である。

 

 

現在発毛の効果が認められている発毛剤は

発毛成分名 フィナステリド デュタステリド ミノキシジル
効果 AGAの原因5αリダクタ
ーゼ2型を抑制する
5αリダクターゼ1型・2
型ともに抑制する
血行を促進して発毛
を促す
発毛剤・発毛薬 プロペシア
フィナロイドなど
ザガーロ
アボダートなど
リアップ
メディカルミノキ5など

 

これらは臨床試験の結果でも、かなりの高確率で発毛に成功している。
しかし、医薬品であり、副作用の心配もある。

 

ミノキシジルが肌に合わないとか副作用が心配な場合は、まずは育毛剤を使っていきたい。

 

おすすめ育毛剤

プランテルEXチャップアップ

 

 

薄毛の進行がかなり進んでいる場合は、発毛剤では絶対とは言えない場合がある。
そのようなケースでは、AGAクリニックで取り扱う、最新の発毛技術がある。

 

 

 

 

育毛剤の真実。本当の効果 放っておいたらAGAは確実に進行する。それを、少しでも遅くする
育毛剤の大事なところはここなのだ。

 

  • 抜け毛を減らす
  • AGAの進行を遅らせる
  • これ以上薄くさせない

 

次のステップを踏むときにもこの育毛ケアが大きく活きてくる。
だからこそ早めに育毛剤を使うことが大事なのである。

 

現在一番おすすめしたい育毛剤は「プランテルEX」。
リデンシル、ペブプロミンαでAGAを抑制。成分数、コスパともにトップクラスの育毛剤だ。

 

そして、全額返金保証制度がある。だから損をすることがない。これも大きなポイントになる。

 

薄毛の進行を遅らせる、抜け毛を少しでも減らす

 

この作業は相当地味なものだし、目に見える違いはすぐに見えないかもしれない。

 

だが強くおすすめする。なぜならAGAの対策は早い方が圧倒的に有利だからだ

 

一度後退した髪の毛を復活させるのはそう簡単なことではないのである。

 

 

Q1.この状態よりも薄毛である

yesno
この状態よりも薄毛である まだこの状態にいたっていない
Yes No

 

「絶対生える」発毛剤ってどんなもの?本当に毛が生えるおすすめ5選関連ページ

はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解説
AGA(エージーエー)セルフチェック!プロペシアは早い方がいい
AGAクリニックの選び方6つのポイント|評判・口コミをチェック!
AGAクリニックで治療する【6つの理由】
発毛手術「HARG治療法」が誇る【99%の圧倒的発毛率】に迫る
AGA治療費用の相場はどのくらい?賢い選択【3パターン】
植毛の費用はどのくらい?【人気3大クリニック比較】
銀座総合美容クリニックを選ぶ【12の特徴】口コミ掲載
【2018最新情報】毛髪再生医療の実用化はいつ?資生堂と京セラの最新技術
フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い
ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!
ミノキシジル効果と副作用。リアップアメリカ版ジェネリック海外輸入通販購入方法
AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法
【2018】最新の発毛剤・育毛法【超まとめ!】認可医薬品・ジェネリック最新情報
発毛剤の真実 【確定】生える育毛剤のウソホント
AGAに育毛剤が効かない理由【本当に知ってる?】
AGA発毛剤vs育毛剤【本当は効くの効かないの?】
フィナステリド(プロペシア)
デュタステド(ザガーロ)
ミノキシジル

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ