AGAとは。その全容解明 AGAの原因から病院・費用・効果まで

AGA(男性型脱毛症)は今では「治せるもの」として認識されるようになってきた。
治療薬はアメリカを始め各国で認可され、治療院の体制も徐々に整ってきている。
日本でも厚生労働省認可の成分が育毛剤などに使われるようになってきた。
AGAだからといって簡単にあきらめず”抗って”いこうではないか。

 

AGAの治療方法を正しく知ることで、闘う知恵を得るのだ。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

AGAの原因はなに?

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンが影響し薄毛が進行する症状。

 

男性の薄毛はほとんどAGAといってもいいくらいである。

 

このAGAの困るところは、「進行性」であるということだ。
つまり、放置しておけばどんどん進行がすすむし、根本治療の方法がないのであくまでも対処療法を続けていかなければならない。

 

しかし、だからといってあきらめるのはまだ早い
AGAは治療をすることによって、ずいぶん進行を遅くすることができるからだ。

 

正しいAGA対策をするために、まずは原因から見ていきたい。

 

 

AGAの原因1.DHT(ジヒドロテストステロン)

 

AGAは、男性ホルモンが影響しているといった。その根本原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる強力な脱毛ホルモンである。

 

もともとテストステロンという男性ホルモンを持っている。それが、5αリダクターゼという酵素によりDHTに変換されると、AGAの症状が出てくるのである。

 

 

男性ホルモンのテストステロンは、男性らしさを作ったり、元気、活力の源のホルモンである。
だから、これを抑制するわけにはいかない。

 

したがって、今の薄毛治療法では、DHTに変換する際に不可欠である「5αリダクターゼ」を抑制する方法をとっている。

 

5αリダクターゼの働きを抑えれば、それ以上AGAは進行しないというわけなのだ。
そのためには、後述するが、プロペシアなどの発毛薬が使われている。

 

関連記事男性の育毛方法。薄毛改善まずは自分で治す!ハゲ克服対策

 

 

AGAの原因2.遺伝

 

もうひとつAGAのシステムで忘れてはならないのが、遺伝と薄毛の関係である。

 

実はDHTが多い人でもハゲにならない人もいるのだ。

 

問題になるのは、DHTの感受性
もちろんDHTとの感受性が高ければ高いほど、AGAの影響をもろに食らうのであるが、その感受性が高いかどうかは遺伝によって確定する。

 

 

「薄毛は遺伝」という世間の認識は、かなり正しい見解なのである。
しかし、感受性の遺伝は母型から受け継ぐというのが定説。

 

つまり、オヤジがハゲかどうかは(一部逆説もあるが)全く関係ないということになっている。

 

母型のおじいちゃん、その上の世代にハゲ薄毛がいるかどうか、その遺伝を受けているかどうかが、自分が将来薄毛になるかのカギとなるのだ。

 

関連記事はげは遺伝が原因か?母方の祖父に注意。その確率に迫る!

 

 

ストレスはAGAの原因になるのか?

 

よくストレスでAGAになると思っている人がいるようである。
しかし、ストレスは直接的にAGAとは関係ない

 

一般的にストレスが関係している薄毛は、円形脱毛症と言われているが、はっきりとした原因はまだ解明されていない。

 

ただし、間接的にはかなり濃い関連が考えられる。
長期間ストレスを受け続けていると血行が悪くなったり、体調不良になったりする。
こういったものが積み重なると、AGAの進行を速める結果になりかねないのだ。

 

ストレスだけじゃなく、食事、睡眠、生活習慣など、AGAの進行を速めるであろう原因はほかにもいくつかあるので、AGA治療をする際にはそのあたりも十分頭に入れて対策をしていく必要がある。

 

 

関連記事薄毛改善は生活習慣から。自分で治す4つの方法

 

 

AGAが発症するのにきっかけはあるのか?

 

AGAは思春期を過ぎたころから発症が始まる。早い人なら高校生のころから薄毛が始まるということ。

 

それはAGAには男性ホルモンが関係しているからである。
男性ホルモンの分泌が多くなってくると、それに合わせてAGAも進行してくる。

 

しかし、進行度合いは人によって違いがある。それは、先に述べた「DHTの感受性」が違うからである。

 

つまり、AGAは他の病気のように何かのきっかけで発症するものではないということ。
ちょっと酷な話だが、AGAが発症するかどうかは遺伝によって決まっているのだ。

 

 

AGAは自然回復しない

 

特に高校生、20代などの若はげ世代に多いのが、AGAは自然回復するのかという淡い期待を持っていること。

 

多少M字ハゲが上がってきた。でもこのくらいなら自然回復するよね!
なんてことは一切ない。

 

 

そんなことで悩んでいるうちに、1日でも早く何らかの育毛を始めたほうがいい
なぜならばAGAは進行性の薄毛症状なので、迷っているうちにどんどん薄毛は進行してくる。

 

そして、AGAの治療は進行が進んでいないうちの方が圧倒的に有利にできるのである。

 

関連記事M字ハゲ治った!回復のための初期対策から育毛剤・予防方法【超まとめ】

 

AGA診断・チェック

AGAの治療、育毛対策をするのなら、まず初めにやっておきたいのがAGAチェック

 

自分がAGAなのかどうかを知るのは育毛の第一歩である。

 

AGA診断・チェックには病院で遺伝子検査をする方法、検査キットを使って自分でする方法などがあるが、遺伝子検査の前にまずは薄毛の可能性があるかどうかを自分で判断できる形でチェックしてみよう。

 

この記事の内容があてはまるようなら、将来薄毛になる可能性が十分に考えられる。

 

関連記事はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解説

 

 

AGA病院での無料診断カウンセリング

 

AGA病院、クリニックでは、遺伝子検査でAGAかどうかをチェックすることができる。
自分がDHTの感受性が強い遺伝子を引き継いでいるかどうかがわかるのである。

 

また、AGAの治療薬であるプロペシアが効くかどうかということも分かってくる。

 

 

AGAを扱ってくれる病院は、内科及び皮膚科である。ただし、AGA診療といってもほとんどは専門ではないので遺伝子検査やAGA治療薬の処方のみ。

 

本当にAGAに向き合うのであれば、AGA専門クリニックの診療をおすすめする。

 

大手のAGA専門クリニックであれば、ほとんどのところが「無料診断」「無料カウンセリング」を受けることができるから、これからの育毛、AGA治療法などを決めていくのに大いに役に立つはずである。

 

関連記事AGA(エージーエー)セルフチェック!プロペシアは早い方がいい

 

 

AGA検査チェックキットとその費用

 

一方自分でAGA検査をしたいという人には、自宅で簡単にできる「AGA検査キット」というものがある。

 

AGAドック

 

 

 

検査は簡単で両ほほの内側の粘膜を採取して送るだけ。もちろん検査機関に出向く必要もない

 

AGA検査キットの価格は12,960円(税込)。
AGA専門クリニックだと、初診料などを含めて20000円~30000円くらいが相場なのでかなり費用を抑えることができる。

 

 

管理人が一番効果を実感した育毛剤

チャップアップ

 

これから育毛を始める人、何を使うか迷っている人におすすめ

チャップアップを使ったときの感想は、実感できるのが早かったということ。

 

およそ1ヶ月で抜け毛が減り、産毛状の毛が太くなってきたのが分かるのに3ヶ月かからなかった

 

副作用がないので安心して使えるし、全額返金保証がついているので、損しない。

育毛対策は早い方がいい。私のように頭頂部の薄毛が目立つようになる前だったらもっと効果が出ていたと思う。

 

詳細をみる

AGA治療。どこの病院?費用はいくら?

AGAの治療をするのに、どこの病院に行けばいいのか。まずそこからだと思う。

 

今ではAGA治療の診療をしてくれる病院はたくさんあって、身近なところあったり、もしかするとかかりつけの内科の医院でもAGA治療薬の処方をしてくれるなんてこともあるのだ。

 

 

もちろんAGA専門クリニックもあって、そこでは薄毛治療の高度な施術も可能である。

 

ここでは、AGAの治療にはどんなものがあるのか、どこの病院で受けたらいいのか、またAGA治療にかかる費用はどのくらいなのかということに触れていきたい。

 

 

病院ではどんなAGA治療ができるのか

 

病院でのAGA治療は主にこの3つ

 

  • AGA治療薬の処方
  • 育毛メソセラピー
  • 植毛などの発毛・育毛手術

 

 

AGA治療薬の処方

 

AGA治療薬の処方は、内科や皮膚科などのAGA診療ができる病院であれば行っている。
基本的には1日1㎎分の「プロペシア」の処方となる。

 

 

育毛メソセラピー

 

頭皮に「カクテル」と呼ばれる、発毛薬薬や成長因子(グロースファクター)、栄養などを配合したものを、注射器などで直接注入する。

 

頭皮の中のAGAの影響を受けている部分に薬を直接取り入れるため、飲み薬よりも塗り薬よりもダイレクトに効果を実感できる施術である。

 

 

植毛などの発毛・育毛手術

 

AGAの専門クリニックでは、自毛植毛の手術ができるとことも多い。
後頭部や側頭部などのAGAの影響を受けにくい部分の毛根を、M字ハゲ、生え際部分などに移植する方法。
定着率も高く、成功すれば確実に髪の毛を増やせる方法である。

 

 

AGA病院(クリニック)の選び方

 

AGA治療薬の処方だけならコスト的にも安価で済むが、AGA治療や育毛手術となると、かなりの高額なものになる。

 

それでは、何を基準にAGAクリニックを選べばいいのか
そのポイントとおすすめのAGAクリニックをまとめてみた。

 

AGAクリニックの選び方「ポイント」

 

  • 無料カウンセリングが受けられるか
  • 医師の診療がしっかりと受けられるか
  • 費用に納得できる根拠があるか
  • 豊富な治療実績があるか
  • 医師やスタッフが真摯に対応してくれるか
  • アクセス・立地 通いやすいかどうか

 

それぞれの細かな内容についてはこちらの記事から確認していただきたい。

 

関連記事AGAクリニックの選び方6つのポイント|評判・口コミをチェック!

 

 

おすすめのAGAクリニック

 

AGAスキンクリニック

 

AGAスキンクリニック

 

  • 発毛実感率99.4%
  • 独自配合の高品質・高濃度発毛薬
  • 全国にネットワークがある
  • 完全予約制でプライバシーを確保

 


 

 

 

所在地(AGAスキンクリニックと同じ治療が受けられるクリニック)

 

東京 秋葉原・池袋・上野・品川・渋谷・新宿・西新宿・新橋・銀座
関東横浜・大宮・柏・船橋
北海道札幌
東北青森・仙台・秋田
中部名古屋栄・名古屋駅前・富山・
近畿梅田・難波・神戸
中国・四国岡山・広島・福山・下関・松山・高知
九州・沖縄福岡・小倉・佐賀・諫早・那覇

 

 

治療内容
治療内容 オリジナル内服薬+外用薬処方、AGAメソセラピー、AGA幹細胞再生治療、プロペシア・ザガーロ処方、オリジナルヘアケア商品、植毛

 

 

費用
カウンセリング 無料
初診費用 5,400円(税込)
血液検査費用 21,600円(税込)
プロペシア費用 初回 4,536円/2回目以降 7,560円(税込)

 

 

 

 

銀座総合美容クリニック

 

銀座総合美容クリニック

 

  • 全て個室対応で薄毛治療を行える
  • 針を使わない育毛メソセラピーなので痛みがない
  • AGA遺伝子検査を実施。効果を予測できる
  • 分かりやすい料金体系で低価格

 


 

 

クリニック詳細

 

所在地 東京(港区新橋)
治療内容 AGA治療、ノーニードル育毛メソセラピー、AGA遺伝子診断、

内服薬(プロペシア)・外用薬(ミノキシジル)処方等

 

 

費用

 

カウンセリング 無料
初診費用 3,240円(税込)無料
血液検査費用 5,400円(税込)
AGA治療内服薬費用 1ヶ月あたり7,020円~18,900円(税込)

 

 

関連記事AGAクリニックランキング

 

 

AGA診療のできる内科・皮膚科・クリニック検索

 

AGA診療のできる内科や皮膚科などのクリニックは、こちらで簡単に検索することができる。

 


AGA-news病院検索

 

 

ただし、内科や皮膚科、形成外科などのAGA診療では、ほとんどの医者がAGAの専門ではないので、薬の処方のみとなりそれ以上の育毛アドバイスなどは期待できない

 

しかし、日本ではプロペシアは医師の処方がないと入手できないものなので、プロペシアを使いたければ病院での診療が必要になるというわけ。

 

 

プロペシアなどのフィナステリド製剤を処方箋なしに購入する方法もある。それは「海外個人輸入」という方法
毎回診察に行く手間がかからないことに加え、ジェネリック医薬品など非常に安価で購入することも可能なので、継続するときにも経済的に負担がかるくなる。

 

 

海外個人輸入について詳しくは後述の記事を参考に。

 

AGA治療の費用相場

 

AGAの専門クリニックにいくと、プロペシア処方の他にも、医師のアドバイスを受けられたり、プロペシア以外のAGA治療薬の処方を受けられる

 

プロペシアの処方だけなら、内科や皮膚科に行くよりも安価なところもあるから、AGAクリニックのカウンセリングを受けに行って費用の詳細を聞いてくるだけでも価値がある。

 

 

プロペシア投薬治療の費用相場

1カ月当たりの概算で計算。

 

AGA専門病院 5000円~10000円
一般病院 7000円~10000円
海外個人輸入 1000円~5000円

 

 

また、AGA治療薬だけでは顕著な効果が見られない場合や、薄毛の進行を止めたとしても、ハゲの復活には至らない場合、その上の施術をすることが可能となる。

 

その費用は、もちろん施術の内容によって大きく変動してくる。

 

育毛メソセラピーなら、その回数によって変わるし、植毛であれば移植する本数によって全く違う。

 

施術方法も、AGAクリニックによって違いがあるので、しっかりとした知識を持ったうえで臨みたいところ。

 

こちらの記事では人気のAGAクリニックの費用相場を詳しく解説してあるのでご覧いただきたい。

 

関連記事AGA治療費用の相場はどのくらい?賢い選択【3パターン】

 

『最新育毛成分』で人気急上昇中

フィンジア

フィンジアには、ミノキシジルの3倍と言われている「キャピキシル」と、ミノキシジル誘導体つまりミノキシジルのパワーアップバージョンともいえる「ピディオキシジル」を配合している。

 

そして副作用がない。女性のまつ毛育毛剤にも使われているほどの安全なものである。

 

詳細をみる

AGAを薬で治す!効果と副作用

現在AGAの治療薬として日本で認可されているものはこの3つである。

フィナステリド プロペシア・フィナロイドなど 5αリダクターゼ2型を抑制
デュタステリド ザガーロ・アボダートなど 5αリダクターゼ1型・2型を抑制
ミノキシジル(塗り薬) リアップ・ロゲインなど 血行を促進し発毛を促す

 

ここではこの3種類の発毛薬の効果と副作用について解説する。

 

関連記事毛生え薬【絶対に生える】発毛剤のススメ

 

 

プロペシアの効果と副作用

 

プロペシアの効果

 

プロペシアは「フィナステリド製剤」の代表的な医薬品名。
AGAの原因となる5αリダクターゼを抑制し、薄毛の進行を防ぐ効果がある。

 

プロペシアの副作用

 

もともと前立腺肥大の医薬品であり、副作用には性欲の減退やED(勃起不全)などがある。
また、男性ホルモンを抑制することにともなう抑うつの症状、肝機能障害などの報告もある。

 

女性には禁忌の医薬品であり、妊娠中などは胎児に影響がある可能性があるので、女性は飲むどころか触ってもいけないとされている。

 

関連記事フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い

 

 

デュタステリド「ザガーロ」の効果と副作用

 

ザガーロで有名なデュタステリド製剤は、フィナステリドが5αリダクターゼ2型を抑制するのに対し、5αリダクターゼ1型、2型ともに抑制する効果がある。

 

基本的な効果、副作用についてはフィナステリドと同様。

 

発毛効果はフィナステリドに比べて1.6倍との研究結果もあるが、その分副作用についても確率が高く注意が必要である。

 

関連記事ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!

 

 

ミノキシジル効果と副作用

 

ミノキシジルの効果

 

血管拡張作用があり、そのため血圧を下げ血行を良くする。
発毛には血流がとても重要であり、血行促進により発毛を促す効果がある医薬品だ。

 

ミノキシジルには、塗り薬と飲み薬があるが、日本では外用薬(塗り薬)のみが認可されている。
頭皮の患部に塗布し、そこからの経皮吸収により効果が発揮される。

 

 

リアップ

 

リアップ

 

日本国内で市販されているミノキシジル外用薬である。
2017年に特許が切れて今後ジェネリックミノキシジルが販売されるようになるが、それまでは日本で唯一の発毛剤と言っていたほど、大正製薬が独占的に販売していた。

 

リアップにはシリーズがあるが、中でもリアップX5プラスはミノキシジル5%配合で、日本で発売されている市販ミノキシジルの中で最高濃度となる。

 

関連記事リアップ【発毛剤・医薬品】の効果と副作用

 

 

 

ミノキシジルの副作用

 

ミノキシジルは血管拡張し血圧を降下させる働きがある。そのことによる副作用が、動悸、心拍数の増大など。
頭痛やめまいなどの症状も確認されている。

 

また、頭皮の炎症、タダレ、かゆみの副作用も多く、全体で8%程度ある副作用の症状のうちの大半が頭皮の炎症となっている。

 

関連記事ミノキシジル効果と副作用。リアップアメリカ版ジェネリック海外輸入通販購入方法

 

 

ジェネリック医薬品でAGAの治療費用を抑える方法

 

プロペシアやミノキシジルには、ジェネリック医薬品がある。
日本の病院ではまだあまり処方されていないものであるが、海外個人輸入であれば購入することも可能

 

AGAの治療薬を継続するにはコストの問題も大きい。
その点ジェネリックを上手に活用すれば安い値段で購入でき、この問題を解決することができるのである。

 

関連記事AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販購入方法

 

 

代表的なプロペシアのジェネリック医薬品

 

  • フィナロイド
  • フィンペシア

 

プロペシアにはジェネリック医薬品がある

 

一般的な処方されるプロペシアの値段に比べて、5分の1~10分の1程度で購入することもできる。

 

 

フィナロイド(プロペシアジェネリック)

 

 

フィナロイド1mg (FinaLloyd)

 

医薬品の質がしっかりしている事でも有名な「Lloyd社製」で、世界的に有名なジェネリック医薬品である。

 

日本の医療機関ではプロペシアジェネリックを処方してくれるところはまだまだ少ないが、個人輸入だと安価で手に入れることもできる。

 

医療機関でのプロペシアの相場 7500円/1ヶ月 1錠あたり:250円
フィナロイド(100錠×3箱) 7200円 1錠あたり:24円(約10分の1の値段)

注)レートによって価格は多少変動がある。

 

 

代表的なミノキシジルのジェネリック

 

  • カークランド(ロゲインジェネリック)
  • ミノタブ(ロテニンジェネリック)

 

ミノキシジルは日本ではリアップが有名であるが、リアップはもともとアメリカのロゲインの販売権利を得て日本で発売されたものである。

 

したがって、有効成分、内容はほぼ同じ。しかし値段は半額以下で購入することができる。
また、ロゲインにはジェネリックがあって、さらに安く購入することも可能である。

 

 

「ミノキシジルタブレット」(ミノタブ)

 

 

ミノキシジルタブレット2.5mg[Lloyd社製]

 

日本では外用薬のミノキシジルであるが、海外では内服薬もある。
内服と外用それぞれにメリットがあり、内服の方が確実に患部に届くということで人気がある。

 

Lloyd社製ミノキシジルタブレットはミノタブの代名詞ともなっているボトルタイプの錠剤。
2.5㎎、5㎎と10㎎がある。最初は含有量の少ない方から始めることをおすすめする。

 

 

日本でもミノキシジルジェネリックが販売に!

 

日本でもリアップの特許が切れてジェネリックが販売されることになった。

 

一番初めに販売を開始したのが、スカルプDで有名なアンファーが販売開始した「メディカルミノキ5」。

 

リアップのジェネリックと言える商品である。
しかし、価格的にはあまり安くなっていない

 

今後日本でも複数の医薬品メーカーがミノキシジルの育毛剤を販売する予定なので、値段が安くなることにも期待したい。

 

 

海外個人輸入で購入できる発毛剤、毛生え薬のおすすめランキングはこちらから。

関連記事毛生え薬ランキング【男性版おすすめトップ5】発毛薬・発毛剤医薬品

 

自力で治すAGA。自分でできる薄毛対策

AGAは遺伝からくる薄毛の症状なので、今のところ根本治療がない。したがって自然回復は期待できないのである。

 

しかし、AGAの進行を速くすることはたくさんあって、それをセーブすることでだいぶカバーすることができるのだ。

 

自力でAGAを治す、遅くするには、これらの生活習慣の改善が必要になるのである。

 

 

病院に行かなくても自力でAGAを治す方法

 

AGAを治すためには、もちろんAGAの原因である男性ホルモンを抑制することが大事であるが、これらのことが複合して早くも遅くもなるんだということを覚えておきたい。

 

  • シャンプーのやり方を変えること
  • 食べ物から育毛する方法
  • 睡眠やストレスなど生活習慣を改善すること
  • 育毛剤を使って頭皮ケアをすること

 

 

育毛には、特に頭皮の状態を良くすることが重要である。
いくら髪の毛に必要な栄養をとっても、頭皮環境が悪ければそれが毛根まで届かない。

 

頭皮の環境を良くするためには、常に頭皮が水分で潤っている状態、つまり保湿が大事。
そのことにより血行が十分に保たれるのである。

 

ところが、頭皮に受けているダメージを補修しないと、思ったように保湿されない
その大きな原因となるのが、シャンプーである。

 

普段行っているシャンプーは、髪の毛はきれいにしているが、頭皮には逆にダメージを与え続けているのだ。

 

 

頭皮のダメージを補修するのは、やはり育毛剤が一番いい
育毛剤を使って常に頭皮を健康な状態に保つのが、育毛の第一歩なのである。

 

 

食べ物やシャンプーの仕方、育毛剤でのケア方法などを簡単に知るにはこちらから。

関連記事薄毛を自分で治す!自力で確実に発毛育毛する方法

 

育毛剤は何がいいのか!詳しい情報はこちらにまとめている。

関連記事育毛剤・シャンプー・サプリ。人気おすすめアイテム詳細

 

AGA治療の効果。ブログ・口コミ・体験談

発毛剤、育毛剤、AGA治療から自力でできる食べ物生活習慣まで、AGAの対策はお分かりいただけたともう。

 

しかし、肝心なことはこのAGA治療をして、実際にどれくらいの人がどのようにAGAを克服してきたか、その実例の効果であると思う。

 

 

育毛体験談は数々あるが、その中でも有用だと感じるのが、2chの口コミスレ
2chは、単純に使っていないのに文句だけ言う人もいるけど、実際に体験したことを書き込んでいる人も多い。本音を言えるので、素晴らしい情報に合うこともある。

 

なかなか2chスレを全部見るのはしんどいものだが、ここでは育毛に有用だと思える2chスレをわかりやすくまとめてあるので、参考にしていただきたい。

 

関連記事育毛剤2ch掲示板【成功例】口コミスレまとめ[若はげ・M字・生え際]

 

 

AGAの回復はもちろん人によって個人差があるが、成功していない人はだいたい間違った育毛方法をしているということがわかる。

 

正しく自分に合った育毛方法をしていくためには、実際に成功した人の体験談を参考に進めていきたいものである。

 

女性のAGA=FAGA薄毛対策

女性にもAGAと似た薄毛の症状があり、抜け毛で悩んでいる人も多くいる。
その数は意外と多く、最近では「女性の10人に1人」が薄毛で悩んでいるとも言われているのだ。

 

 

男性のAGAとは少し原因や症状の出方などが違っているので、女性の薄毛の症状のことをFAGAと呼んで区別している。

 

 

女性のFAGAでは、ヘアサイクルに乱れが生じ、髪の毛の成長がストップしたり、次の髪の毛が生えるまでの休止期が長くなるという症状は、AGA(男性型脱毛症)と同様である。

 

しかし、男性のAGAは頭頂部や生え際などの局所的に薄毛になってくるのに対し、女性のFAGAは頭部全体の髪の毛が細くなり、抜け毛が進行する

 

薄毛が進行すると、髪の毛にボリュームがでなくなったり、分け目の部分の薄毛が目立ったり。
年齢も相応ではなくかなり上に見られてしまうなどの悩みも多いところである。

 

 

女性の薄毛・抜け毛の対策は、男性と同じものもあるが、女性特有のものもある。
特に医薬遺品に関しては男性と女性で明確に区別されているものも多く、女性ならではの知識が必要になってくる。

 

育毛大百科では、女性専用の「女性の育毛大百科」も用意してあるので、詳しくはこちらからご覧いただきたい。

 

関連記事女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 

 

AGAとは。その全容解明 CONTENTS

はげ方のパターン【画像で若ハゲM字ハゲチェック】AGAのホルモンとヘアサイクル解...

DHT AGAとは『男性型脱毛症』のこと。男性特有の抜け毛による脱毛症を引き起こす病気である。最近では内科・皮膚科などでも治療ができ、治すことができるとされている。しかし、大事なのは「治る病気」と認識することではない。本当に怖いのは、「放っておいたら絶対になおらない病気」だということである。だから、まだ何も...

≫続きを読む

 

AGA(エージーエー)セルフチェック!プロペシアは早い方がいい

AGAセルフチェック AGA(エージーエー)は早期発見、治療がより有効である。プロペシアも早ければ早い方がより効果が発揮されるからだ。そのためには自分がAGAの可能性があるのかどうかを見極めておく必要がある。ここでは簡単な設問により、現在のAGA度合いをチェックすることができる。またAGA(エージーエー)セルフチェックの...

≫続きを読む

 

AGAクリニックの選び方6つのポイント|評判・口コミをチェック!

AGAクリニック AGA専門クリニックで治療を受けることが薄毛解消の近道。それはわかっているものの、踏み込むとなるとかなりのハードルの高さがある。治療費用はいくらくらいかかるのか、希望の効果が得られるのか。育毛大百科でもたびたびAGAクリニックのすすめを掲載してきたので、知識についてはそこでご覧になっていただきたい。...

≫続きを読む

 

AGAクリニックで治療する【6つの理由】

AGAクリニック治療 AGAクリニックというと、なんとなく敷居が高いと思っている人も多くないか?10年前くらいは「育毛サロン」が全盛期で、サロンにいくと「カツラ」をすすめられる。秘密主義で個人情報はもちろん、入り口でさえひっそりと目立たないようになっていたものだ。しかし、近年では「AGA」への理解も深まってきている。ハゲ...

≫続きを読む

 

発毛手術「HARG治療法」が誇る【99%の圧倒的発毛率】に迫る

HARG療法 発毛手術といって一般的に思いつくのは「植毛」だろう。自毛植毛は皮膚科学会も推奨度Bとして推奨しているし、確実に毛髪が生える方法として施術する治療院も増えてきている。しかし一般的な自毛植毛のFUT法(主に後頭部の皮膚を切開しグラフトを採取する方法)となると、皮膚を切開したりと手術に痛みや身体的な負担が...

≫続きを読む

 

AGA治療費用の相場はどのくらい?賢い選択【3パターン】

AGA費用 AGA治療には、専門クリニックでの治療、一般病院、個人輸入の3つの方法がある。どれをメインに行うのか、またもちろん治療方法などでも費用面でかなりの違いがでてくる。このコラムでは、3パターンの方法とそれぞれの比較を題材に解説している。自分に合った方法はどれなのか、治療方法の違いなどを考えるヒントとして...

≫続きを読む

 

植毛の費用はどのくらい?【人気3大クリニック比較】

植毛の費用 公益社団法人日本皮膚科学会によるところの「AGA治療推奨度」が、フィナステリドとミノキシジルの投薬治療Aランクに次ぐBランクに位置づけされているのが、「自毛植毛治療」である。>>参照:男性型脱毛症診療ガイドライン - 公益社団法人日本皮膚科学会自毛植毛は、学会が認めたAGA治療として認知されており、...

≫続きを読む

 

銀座総合美容クリニックを選ぶ【12の特徴】口コミ掲載

銀クリ 銀座総合美容クリニックはテレビCMでもおなじみのAGAクリニックである。患者さん目線の対応をしてくれるということで、口コミでも常に評判が高いところ。ここでは、AGAクリニックを選ぶポイントを踏まえ、銀クリの特徴をまとめてみた。

≫続きを読む

 

【2018最新情報】毛髪再生医療の実用化はいつ?資生堂と京セラの最新技術

2012年山中教授がノーベル賞を受賞したとき、もしや髪の毛も再生できるのでは?と世間がわいた。ところがはや数年たち、いまだ髪の毛を毛髪再生医療で生やしたという話はつゆぞ聞かない。「毛髪の再生なんて夢だったのか」。そう思った人も多いかもしれない。しかし、われわれの知らないところで、毛髪再生医療の研究は...

≫続きを読む

 

フィナステリド-プロペシアの【効果と副作用】フィンペシアとの違い

プロペシア 「プロペシア」は世界60カ国以上で認可されているAGA治療薬。その効果には高い信頼性があり副作用が極めて少ないことも注目点。発毛の特効薬として知られている。日本皮膚科学会「男性型脱毛症診療ガイドライン」の記述でもミノキシジルとともに推奨度Aとして推奨されている。一方フィンペシアはプロペシアのジェネリ...

≫続きを読む

 

ザガーロの効果と副作用。デュタステリド製剤がついに認可!

ザガーロ ザガーロはデュタステリドを有効成分とし脱毛の原因ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の生成にかかわる5αリダクターゼを阻害する働きの認められた新しいAGA治療薬である。有名なフィナステリド(プロペシア)は、2型の5αリダクターゼを阻害するが、デュタステリドは1型2型ともにブロックすることか...

≫続きを読む

 

ミノキシジル効果と副作用。リアップアメリカ版ジェネリック海外輸入通販購入方法

ミノキシジル ミノキシジルは、アメリカ食品医薬品局の認可を受けている薬で、フィナステリド製剤であるプロペシアと並んで、世界的に有名な薄毛治療薬。日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインにおいてフィナステリドと並び推奨度Aの評価を受けている。ここではミノキシジルの発毛効果や使用の際の副作用などをまとめてみた。日本で...

≫続きを読む

 

AGA薄毛育毛薬【プロペシア・ミノキシジル・ザガーロなど】ジェネリックと輸入通販...

AGA治療薬 このコラムでは、AGA治療薬として有名な「フィナステリド」、「ミノキシジル」、「ザガーロ」をはじめとする育毛薬の治療効果、副作用などについて詳しく解説する。日本で医薬品として承認されているのはフィナステリド製剤のプロペシアとミノキシジル、デュタステリド製剤のザガーロのみであるが、海外個人輸入を介した...

≫続きを読む

 

【2018】最新の発毛剤・育毛法【超まとめ!】認可医薬品・ジェネリック最新情報

最新の発毛剤・育毛剤、発毛方法は日々進化している。最新というと育毛先進国であるアメリカ発のものが多いが、2018年は日本でも大きな変化が訪れた。そう、リアップが特許切れになったのである。さらに日本皮膚科学会のガイドラインも2017年に更新されて変化の兆しが出ている。2018年版最新の発毛剤情報。新し...

≫続きを読む

 

「絶対生える」発毛剤ってどんなもの?本当に毛が生えるおすすめ5選

発毛剤を使うなら、「絶対に生える」方がいいに決まっている。いろいろ発毛剤・育毛剤はあるけど、本当のところどれが一番効果があるのか。私が培ってきた最大限の知識を持って答えれば、「絶対に生える発毛剤」は人によって違うということ。これをつけてれば「絶対」というものはなくて、自分にあった発毛剤を見つけること...

≫続きを読む

 

発毛剤の真実 【確定】生える育毛剤のウソホント

発毛剤は本当は生えないのに騙されているんじゃないか!「効果には個人差があります」「生える人もいるが生えない人もいます」「満足度90%以上!リピーター続出!」これじゃ本当かどうかわからない。自分で納得してから使いたいのだよ。世の中にはいろいろな発毛ブログや情報がある。でもこれで確定。発毛剤の真実をお伝...

≫続きを読む

 

AGAに育毛剤が効かない理由【本当に知ってる?】

AGAに育毛剤が効かないって決めつけてはいけない。育毛剤はステマだっていう巷での噂。もっと言えばハゲは遺伝だからなにやっても無駄たとか。ほとんどの場合は「使っていないのにただ効かない」って言っている人の話を信じるわけにはいかない。ただし、AGAの場合、やり方を間違えれば育毛剤は何の意味もなくなってし...

≫続きを読む

 

AGA発毛剤vs育毛剤【本当は効くの効かないの?】

AGAに発毛剤や育毛剤は本当に効くのか。育毛剤はAGAに効かないのか。その答えは育毛剤・発毛剤に入っている成分が決め手になる。AGAの仕組みと、何がAGAに効果があるのかを考えてみたい。

≫続きを読む

 

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリドは、AGAの原因である男性ホルモンに作用し、その働きを抑制する効果のある医薬品である。その代表的な薬が「プロペシア」。現在では、ハゲ治療薬の代名詞ともなっていて、プロペシアなしでは薄毛対策は語れない。ただし、国内ではプロペシアは医師の処方箋が必要な医薬品。それでは、一般的にはどうやって...

≫続きを読む

 

デュタステド(ザガーロ)

デュタステリドはAGAの作用を抑制する効果のある発毛治療薬である。以前からフィナステリド(プロペシア)は有名だが、2015年に新しく日本で認可され、多くの発毛治療で使われるようになっている。ここでは、デュタステリドの効果と副作用、発毛効果についてのフィナステリドとの違いなど解説している。

≫続きを読む

 

ミノキシジル

日本で発毛効果が正式に認められているのは、AGAを抑制するフィナステリドとデュタステリド。そしてミノキシジルである。ミノキシジルは血行を促進して発毛を促す。ただし、効果のある医薬品であるがゆえに副作用の心配も付きまとうのだ。ここでは、ミノキシジルの効果、副作用から、海外個人輸入での購入方法まで、正し...

≫続きを読む

 
育毛剤ランキング 育毛シャンプーランキング 育毛サプリランキング 発毛剤ランキング AGAクリニックランキング

 

 

↓育毛大百科女性版「女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方女性の育毛大百科-女性の抜け毛・薄毛と育毛剤の選び方

 


 
HOME 生えるランキング 薄毛・はげ対策 AGA治療・薬 M字ハゲ 2ch口コミ